日本版 ニュースリリース

シスコシステムズとマイクロソフト、ネットワークのアクセス認証を容易にする「Alliance for Managed Network Security (MNS)」を発表


シスコシステムズとマイクロソフト、
ネットワークのアクセス認証を容易にする
「Alliance for Managed Network Security (MNS)」を発表

~業界標準技術をベースにしたセキュアなネットワーク システムの販売事業における協業~

June 19, 2003
No. 2003036



 シスコシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒澤 保樹)と、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市)は、ネットワークのアクセス認証を実現するセキュリティレベルの高いネットワークの構築および販売事業を推進するための日本国内市場向けの協業プログラム「Cisco & Microsoft Alliance for Managed Network Security (MNS)」を発表しました。

 両社は本協業プログラムを通じて、セキュアなネットワークの必要性に関する啓蒙活動の実施、両社のパートナー企業に対する技術情報およびトレーニングの提供、両社のエンジニアによる共同技術検証作業の実施を積極的に行います。

 ブロードバンド、無線 LAN、ユビキタス ネットワークの普及により、企業ユーザーがより簡単にネットワークに接続できる環境が整備される一方で、企業システム内の資産の保護への関心が高まっています。企業システム内の資産の保護のためには、ネットワーク ポートへの物理的接続の制限や、個別システム単位のセキュリティ強化だけでなく、ネットワークのアクセス認証レベルからセキュリティを高める必要があります。セキュリティレベルの高いネットワーク環境を実現するためには、規定された業界標準である IEEE 802.1X テクノロジーによる、アクセス許可の制限などが一般的ですが、これらのネットワークの構築には、PKI (公開鍵インフラストラクチャ)関連製品、LDAP ディレクトリ、RADIUS サーバー製品などの導入⁄展開、管理業務、高度な技術が必要とされていました。

 今回発表する「Cisco amp; Microsoft Alliance for Managed Network Security (MNS)」は、業界標準技術をベースにしたセキュアなネットワーク システムを実現するものです。

 マイクロソフトの最新のサーバー オペレーティング システム「Microsoft® Windows Server TM 2003(以下、Windows Server 2003)」およびクライアント オペレーティング システム「Microsoft Windows® XP Professional(以下、Windows XP Professional)」と、シスコのインテリジェントスイッチ「Catalyst® シリーズ」およびエンタープライズ無線 LAN アクセスポイント「Aironet®シリーズ」は、それぞれの製品の標準機能として IEEE 802.1X に完全準拠しており、これら製品を組み合わせて導入するだけで、これまで両立が困難であったセキュリティの強化、従業員と IT 管理者の生産性の向上、TCO の削減という企業システムにおけるジレンマを解決し、最大の投資対効果を企業にもたらします。シスコは有線・無線LAN環境におけるシームレスなアクセスセキュリティを提供するソリューション「Identity Based Networking Services」の技術をベースに今回のプログラムを推進いたします。

 両社は本プログラムを通じて両社の製品を組み合わせたソリューションの共同プロモーションおよび、企業がセキュアなネットワークを迅速かつ確実に導入できるよう、以下の取り組みを行います。

  • 技術情報およびトレーニングの提供
     MNS のコンセプトに基づくセキュアなネットワークを迅速かつ確実に構築できるよう、包括的な技術情報およびトレーニング カリキュラムを共同開発し両社のパートナー企業に提供します。これにより、これまで両社別々に存在していた技術トレーニングを統合し、一貫したスキルの習得が容易になります。

  • 共同技術検証作業の実施とその成果の公開
     両社のエンジニアの共同作業を通じて、両社の製品およびテクノロジー間の相互運用性の確認をするとともに、有線・無線LANをIEEE 802.1X を前提としたシームレスなセキュリティ環境における検証に加えて、WPA (Wi-Fi Protected Access) および将来の IEEE 802.11i Standard を含む検証作業を継続し、得られた成果を検証済み構成情報としてユーザーおよびパートナーに公開します。その結果、企業による MNS ベースのネットワークへの投資は将来にもわたって保護されることになります。

  • MNS ソリューションの共同プロモーションの実施
     両社は共同してセキュアなネットワークの重要性を市場に訴求すると伴に、両社の製品を組み合わせることで実現できる MNS ベースのソリューションを、セミナーや展示会等を通じて日本市場に積極的にプロモーションします。

 ネットワーク構築に高い実績を持つ両社が MNS プログラムを通じて積極的に協力することで、両社のパートナー企業は、検証済みのシステム構成情報を用いて、迅速かつ確実にセキュアなネットワークの導入を行うことが可能となります。その結果、企業ユーザーは、業界標準技術を採用したセキュアなネットワークの導入を容易に行うことができるようになります。

シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域で、Cisco Systems Inc.の登録商標です。

マイクロソフト株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.microsoft.com/japan/

[添付資料]

*Microsoft、Windows、Windows Server、は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。