日本版 ニュースリリース

遠隔地におけるストレージ・ネットワーク4社共同実証実験の開始について


平成15年6月10日
【報道発表資料】
NTTコミュニケーションズ株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
シスコシステムズ株式会社
プロストレージ株式会社

遠隔地におけるストレージ・ネットワーク4社共同実証実験の
開始について

~iSCSI環境下における世界初の広域ストレージ・ネットワーク検証実験~

June 10, 2003
No. 2003034



NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木正誠、略称:NTT Com)、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員: 大歳卓麻、以下:日本IBM)、シスコシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒澤保樹、以下:シスコ)ならびにプロストレージ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:澤田 脩、以下:プロストレージ)の4社は、長距離・超広帯域IPネットワーク(*1)とiSCSIストレージ(*2)を組み合せた、遠隔地間におけるストレージ・ネットワークの検証実験を、6月中旬より東京・名古屋間で開始します。IPネットワークと融合性の高いiSCSIストレージを実環境レベルの遠隔地で検証実験を行うのは、世界で初めての取り組みとなります。

長距離・超広帯域IPネットワークとiSCSIストレージの組み合わせは、今まで同一ビル内や同一敷地内といった限定したエリア内でしか利用できなかったストレージ装置を、遠隔地からデータ共有やバックアップなどの目的で利用することを可能にします。特に災害対策やバックアップに代表されるようなソリューションへの適用には、その効果が大きく期待されています。同時に、コストダウンを目指した企業レベルでのストレージ統合を行う場合などでも、事業所の所在場所にかかわらず既存のIPネットワーク設備や保有技術を活用できるメリットが得られ、容易かつ早期にIT効率化を実現できる可能性を提示します。

具体的には、NTT Comの長距離・超広帯域IPネットワーク上で、シスコのiSCSI対応ストレージ・ネットワーク・スイッチ(データ交換機)と、日本IBMのオープン・ストレージ装置(ディスク/テープ)を組み合わせて検証実験を行い、プロストレージは本実験の技術的なサポートを行います。

実証実験を行う4社は、各社の技術と今回の実験により得たノウハウを活用し、それぞれの事業分野で、基幹業務における情報システムの耐災害性向上と、ストレージを含んだ広範囲なITリソース管理ノウハウを提供していく予定です。

今回の検証実験で行うのは、以下の3点です。

  • 接続性試験
    ハードウェアやソフトウェア、ネットワークの接続検証。サーバー側の処理負荷軽減のために、オフロード・エンジンと呼ばれるTCP/IPやiSCSIの機能を組み込んだアダプターカードを利用した試験も行う予定です。
  • 広域ストレージ・ネットワークの基本性能試験
    遠隔拠点にあるiSCSI環境を広帯域ネットワークで接続する環境において、帯域や一元距離遅延がストレージ性能(転送速度、読書き処理数)に与える影響試験を行います。 (最大800Km/1Gbps以上の広域ネットワークを利用予定)
  • ユーティリティ・ストレージ・ネットワークと仮想化技術を組み合わせた実証実験 ストレージ資源をネットワーク上に配置し、電気やガスと同じように、必要なときにストレージ資源を容易に、かつ実用的に提供し、管理することを目指す実証実験を行います。また、IPネットワークを経由した場合に懸念される応答性能についても、性能検証を含めた試験を行います。同時に、この仕組みにストレージ仮想化技術を応用させ、よりダイナミックな形でストレージ資源がユーティリティとして利用できる形態を模索いたします。

(*1) IPネットワーク:
 伝送プロトコルとして、IP(Internet Protocol)を使用したネットワーク
(*2) iSCSI(アイスカジー)ストレージ:
 iSCSI(Internet Small Computer System Interface)プロトコル(*3)を利用し、IPを経由して接続可能なストレージ装置
(*3) iSCSIプロトコル:
 ストレージとコンピュータの通信に使うSCSIコマンドを、IPネットワーク経由で送受信するためのプロトコル。インターネット技術の標準化を行う業界団体「IETF(Internet Engineering Task Force)」が仕様を策定

iSCSI 広域ストレージ・ネットワーク 共同実証実験環境