日本版 ニュースリリース

シスコ VoIP機器と顧客システムを融合する高付加価値のパートナー向け統合システム開発支援プログラムを本格稼動


シスコ VoIP機器と顧客システムを融合する高付加価値のパートナー向け統合システム開発支援プログラムを本格稼動

~AVVIDアーキテクチャが提供する各種インターフェイスを公開~

Mar 18, 2003
No.2003013



 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、シスコのVoIP機器と顧客のコンピュータシステムを融合して、高付加価値の統合システムを開発するパートナー企業向けのサポートプログラムを3月20日(木)から本格稼動を開始することを発表しました。

 プログラムには、開発者向けの「デベロッパサポートプログラム」と、開発した製品を認証し、シスコとパートナー企業で共同マーケティングや顧客サポートをする「AVVIDパートナープログラム」の二種類で構成されます。

 「デベロッパサポートプログラム」では、シスコのソフトウェアベースのコール処理コンポーネントである「CallManager」のインターフェイス情報をパートナー企業に公開します。また、開発中の疑問点などについては、シスコのエンジニアがメール、電話でパートナー企業の開発者を支援します。パートナー企業は本プログラムを利用することで、シスコ製品と相互接続性のある製品を短期間で開発して市場へ提供することが可能になります。

 「AVVIDパートナープログラム」では、開発後の製品とシスコ製品との接続性の認証テストを実施し、合格した製品にシスコ製品との相互接続性が検証されたことを証明する「シスコ コンパチブル ロゴ」の使用を認めます。また合格製品については、パートナー企業とシスコが共同でマーケティングを行い、販売後の顧客サポートはシスコとパートナー企業が共同で実施することで、トラブルなどの迅速な解決を図ります。

 欧米ではこのプログラムが3年ほど前から実施されており、パートナー企業により、金融、サービス業、大学、病院などで高付加価値なシステムが開発されています。日本でも単に既存の電話システムをVoIPに置き換えるだけではなく、各企業内のコンピュータシステムと連携して従業員の生産性の向上や、顧客の満足度を上げたいという先進的な顧客のご要望に応えるために、今回このプログラムを日本で開始することとなったものです。

 日本のパートナーとしては、三洋マルチメディア鳥取株式会社が、日本語表示が可能な大型ディスプレイをもつIP電話機で、米国シスコ本社との契約でAVVIDパートナープログラムに参加しているのを始め、今回の日本でのプログラム開始を契機に、株式会社ジェイアール東日本情報システム、新生インフォメーションテクノロジー株式会社、日本証券テクノロジー株式会社、日本電気株式会社、ネクストコム株式会社、株式会社ネットマークス、ユニアデックス株式会社、株式会社リコー、リコーテクノシステムズ株式会社等各社から本プログラムへの参加又は参加の予定です。(社名50音順)

 また、マイクロソフト株式会社とシスコは、本プログラムを利用してアプリケーションソフトウェアを開発するパートナーを共同で支援をすることで合意をしております。

 日本でのプログラムは、シスコのVoIP機器とパートナーの製品を組み合わせた「IPコミュニケーションソリューション」を第一弾としてスタートしたしましたが、ワールドワイドの「AVVID パートナープログラム」には、IPコミュニケーションソリューション以外にも以下のソリューションカテゴリーがあります。

  • カスタマーコンタクトソリューション
  • IPビデオ会議ソリューション
  • セキュリティ&VPNソリューション
  • コンテンツネットワーキングソリューション
  • ネットワークマネージメントサービスソリューション
  • ストレージネットワーキングソリューション

 シスコでは、これらのソリューションの開始も視野に入れて「AVVIDソリューションセンター」を開設致します。本センターでは、シスコ製品とパートナーの製品の相互接続性を検証する施設や、パートナーと共同でのビジネス開発を担当する専任者を配置し、パートナーの製品開発とビジネス開発の両面をサポートしていく計画です。

参加および参加予定パートナーについて(会社概要は以下のWebサイトでご参照ください)

三洋マルチメディア鳥取株式会社 <http://www.sanyo-mmt.com/>
株式会社ジェイアール東日本情報システム <http://www.jeis.co.jp/jehome_.htm>
新生インフォメーションテクノロジー株式会社 <http://www.shinseibank.co.jp/docsdir/info/profile03.htm>
日本証券テクノロジー株式会社 <http://www.nstec.jp/>
日本電気株式会社 <http://www.nec.co.jp/>
ネクストコム株式会社 <http://www.nextcom.co.jp/>
株式会社ネットマークス <http://www.netmarks.co.jp/>
ユニアデックス株式会社 <http://www.uniadex.co.jp/>
株式会社リコー <http://www.ricoh.co.jp/>
リコーテクノシステムズ株式会社 <http://www.r-ts.co.jp/>

シスコシステムズ社について
 Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。1984年米国カリフォルニア州サンノゼに設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/

以上

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。