日本版 ニュースリリース

三洋マルチメディア鳥取のIP Phone「IPP-3200」導入促進キャンペーンを実施






三洋マルチメディア鳥取のIP Phone「IPP-3200」
導入促進キャンペーンを実施

~シスコシステムズ・ベリファイド取得の大型カラー液晶搭載、日本語 IP Phone~



December 18, 2002
No. 2002071

 三洋マルチメディア鳥取株式会社(鳥取市、代表取締役社長:和田好生)は、次世代オフィスネットワークの中心的役割を担うIP テレフォニーの導入を促進するため、「IPP-3200」導入促進キャンペーンを開始いたします。2002年12月24日(火)から2003年4月25日(金)までの期間限定キャンペーンとしてシスコシステムズ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:黒澤保樹、以下 シスコ)の認定パートナー各社を通じて販売致します。

 三洋マルチメディア鳥取株式会社は、2001年に大型モノクロ液晶搭載 IP Phone「IPP-3000」を発売し、日本のオフィスに適したIP Phoneを提供して参りました。
 この度、日本語の見やすさ、使いやすさ、拡張性をさらに向上させたカラー液晶搭載モデル「IPP-3200」が、シスコの認定を取得しシスコの音声・映像・データの統合アーキテクチャ (AVVID)に基づいてリリースされた製品群である「Cisco IP Telephony」の一員として顧客へ提供することが可能になりました。(Cisco Systems Verified)

 「IPP-3200」は、大型カラー液晶搭載した日本語 IP Phoneであり、企業活動に欠かせない電話業務効率向上の為の様々な機能を有しています。中でも、カラー液晶を用いたアプリケーション・ソフトの活用については、開発中のインスタント・メッセージやリモート発信など電話業務を補完する IP Phoneならではのツールの充実を図っております。
 また、三洋電機ソフトウエア株式会社(守口市 代表取締役社長:徳永雅弘)が開発中の会議室予約・行き先案内システムをはじめ、Microsoft® Word, Microsoft® Excel, Microsoft® PowerPoint® 等の文書閲覧システムなど様々なアプリケーションとの連動が可能です。

AVVIDパートナープログラムについて
 AVVIDパートナープログラムは、Cisco Systems Inc.が世界レベルでパートナー企業に提供しているプログラムです。IP Phone製品が本プログラムの認定を取得するためには、第3者機関による「Cisco Call Manager」との連動試験に合格することや、Ciscoとパートナー企業で製品の詳細情報を共有して、共同で顧客にサポートすることなどが必須となっています。

 「IPP-3200」は、このAVVIDパートナープログラムでの認定を受けている唯一の日本語表示が可能なIP Phoneです。Call Managerベースで構築されたIP テレフォニー環境の端末としてお客様に安心してご導入頂けますし、稼動後のサポートもシスコと三洋マルチメディア鳥取株式会社が共同で対応致し、迅速なトラブルシューティング等サポートを図ります。

キャンペーンついて

  1. 対象商品
    「IPP-3200」(大型カラー液晶搭載日本語対応 IP Phone)
  2. キャンペーン期間・台数
    期間 2002年12月24日(火)~2003年4月25日(金)
    台数 6,000台 (期間中であっても6,000台に達した時点で終了)
  3. 価格
    「IPP-3200」メーカー希望小売価格85,000円を、期間中は「IPP-3000」(モノクロ液晶搭載)と同価格の65,000円で提供します。
  4. キャンペーン価格適応条件
    期間中に1案件あたり50台以上の新規案件で発注頂くことが条件です。
  5. 納期
    納期は発注後3ヶ月を基本とします。


アプリケーション・ソフトの拡充について
 「IPP-3200」は大型カラー液晶とCompactHTMLブラウザを搭載しており、グループウェアを始めとする様々なアプリケーションとの連動が容易に図れます。パソコンと IP Phoneを組合せることで今までに無いソリューションを提供し、単なる電話端末としてではなく、次世代オフィスにおける複合コミュニケーション・ツールとして活用頂くことを目指し、その為のアプリケーションを拡充させます。

  1. 三洋マルチメディア鳥取株式会社で開発中のアプリケーションは以下の通り。
    1. インスタント・メッセージ
      PCより IP Phoneにテキストメッセージを送信しIP Phoneの画面上に表示する。
    2. リモート発信
      発呼すべき電話番号をPCからIP Phoneへ送信する。
      PHONETO:機能を組込んだアドレス張や座席表と組合せることが可能です。
    3. ユーザー電話帳編集
      IP Phone内蔵のユーザー電話帳の編集及びバックアップをPCで行う事が可能です。
    4. 昼夜モード切替
      音声自動応答システム等への切替を端末毎あるいはグループ毎で自動設定する機能。
    アプリケーションの詳細については、各シスコ認定パートナーにお問合せ下さい。

  2. 三洋電機ソフトウエア株式会社が開発中のアプリケーションは以下の通り。
    1. 文書閲覧システム
      Microsoft® Word, Microsoft® Excel, Microsoft® PowerPoint® 等の文書をブラウザより閲覧する。
    2. 会議室予約・行き先案内システム
      会議室、施設の予約、会議などの離席情報の登録及び検索をする。
      会議室予約機能:当該地区以外についてもアクセス可能です。
      行き先案内機能:特定グループに対し情報の共有化を図ります。
                   PHONETO機能利用で直接電話をすることができます。
    3. 遠隔地画像閲覧システム
      ADSL等常時接続されたネットワークカメラより撮影された画像を定期的にサーバーへ転送し、Compact HTMLブラウザ表示形式に画像変換し、公開します。


* Microsoft® Word、Microsoft® ExcelおよびMicrosoft® PowerPoint®は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

三洋マルチメディア鳥取のIP Phone「IPP-3200」
IPP-3200

シスコシステムズ株式会社について
インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/