日本版 ニュースリリース

シスコシステムズと日本IBM 企業向け「eラーニング配信」のインフラを共同提供






シスコシステムズ株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

シスコシステムズと日本IBM

企業向け「eラーニング配信」のインフラを共同提供

~ハード⁄ソフトからコンサルティング・サービスまでをパッケージ化~

July 17, 2002
No. 2002041

 シスコシステムズ株式会社(本社・東京都港区、社長・黒澤保樹、以下シスコ)と日本IBM(本社・東京都港区、社長・大歳卓麻)は、社員向け研修などに「eラーニング」を導入する企業を支援するために、ハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ開発支援とコンサルティング・サービスをパッケージ化した業界初のコンテンツ配信ソリューションを、本日から共同で提供します。

 DSL加入者数が330万を超える(総務省7月9日発表「6月度のDSL普及状況(速報値)」より)など、ブロードバンドが急速に普及するに伴い、研修にかかる費用を大幅に軽減し、しかも社員が空いている時間に自宅などで柔軟に受講できるeラーニングを導入する企業が急増しています。また、eラーニングの活用は、従来全国各地への支店・店舗に向けての情報伝達を劇的に速め、新商品の市場投入までの期間を短縮するといった「企業の競争力を高める経営戦略ツール」としても注目されています。野村総合研究所の2001年12月の調査結果によると、2000年度のeラーニング市場規模は50億円であり、2003年度に400億円に達すると予測されています。

 eラーニング用コンテンツも、ブロードバンドの普及によって、動画やチャートなど大容量のデータを利用することが多くなっており、配信用ネットワークを最適化することで、より円滑なeラーニング・システムを構築することが求められています。今回のコンテンツ配信ソリューションの共同提供は、そのような需要に応えるもので、企業のイントラネットを経由した利用を前提としています。

 共同ソリューションにおける両社の役割は以下のとおりです。

  • シスコは、ルータ、LANスイッチなどのネットワーク製品に加え、コンテンツ配信の制御や管理を行う『Cisco Content Distribution Manager (CDM)』や、キャッシング・エンジン『Cisco Content Engine』などのコンテンツ配信デバイスを提供します。
  • 日本IBMは、Webサーバーに加え、国内トップシェア(国内200社以上に導入)のeラーニング・ソフトウェア『Lotus® LearningSpace®』など、アプリケーション・ソフトウェアおよびコンサルティング・サービスを提供します。
 共同ソリューションのネットワーク・インフラは、シスコのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)をベースとしているため、以下の特徴を持つ効果的なeラーニング・システムを構築できます。
  • 教材の事前配信機能
    ・・・一般的なキャッシュ・サーバーを利用した配信システムと異なり、CDMが事前配信を制御するため、高速配信を行えます。

  • ダウンロード待ち時間の大幅短縮
    ・・・コンテンツのダウンロードが完了するまで待つことなく、一部がダウンロードされた時点でストリーミング再生を行えます。


 また両社共同で、企業が導入する際の「eラーニング簡易診断セッション」サービスを提供するほか、ネットワーク・コンサルティング、エデュケーション・コンサルティング、コンテンツ開発支援など実際の研修用サイトの稼動までを支援するとともに、販売面でも協業します。

 今回の共同ソリューションは、シスコとIBMが1999年8月に世界規模で締結した戦略的提携に基づくもので、ネットワークレイヤーからアプリケーションまで検証済みの統合ソリューションです。両社は、コンサルテーションから最適なネットワーク設計、導入までを一貫してサポートし、End to Endでの統合ソリューションを提供します。また、両社ともに、すでにeLearningを実践しており、そのノウハウを本ソリューションに集約しております。共同ソリューションは、ネットワーク関連機器と関連ソフトウェアを含めたパッケージで、約2,000万円からとなります。

 本ソリューションは、7月24日より東京ビックサイトにて開催される「e-Learning WORLD 2002」のシスコシステムズブースにて展示いたします。是非ご来場ください。

*IBMは、IBM Corporationの商標です。Lotus、LearningSpaceは、IBM-Lotusの商標です。Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。