日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ Japan TAC Web で顧客満足度向上を目指す






シスコシステムズ Japan TAC Web で顧客満足度向上を目指す

Jun 19, 2002
No. 2002031

 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、6月17日に Japan TAC Web (http://www.cisco.com/jp/go/tac) を立ち上げました。
 このサイトは、シスコ製品を導入、運用、保守する上で役立つ技術情報を日本語で提供しますので、日本のお客様がいつでもどこからでも必要な技術情報にアクセスし、直面する可能性がある諸問題を回避、解決できるよう、これまで以上にお客様サイドにおけるトラブルシューティングの質の向上とスピードアップを目指します。

 英語版の TAC Web (http://www.cisco.com/tac) は、TAC に寄せられる問い合わせ頻度の高い内容を分析し、ドキュメントを作成しています。これらのドキュメントは、「Subject Matter Expert」と呼ばれるシニア TAC エンジニアが監修し、実際のサポート業務でシスコの TAC エンジニアも利用しています。
 2002年1月の統計データでは、毎日460,875 Web セッションを記録し、そのうち86% が「解決した」または、「ほぼ解決した」と回答しています。シスコシステムズ社の会計年度 2001年に実施された Walker による顧客満足度調査では、米国における Web-based Service が 4.31 という高い評価を得ています。
 一方、日本は、3.85 でした。Japan TAC Web は、英語版サイトのドキュメントの中から、ヒット数と評価の高いドキュメントを厳選して、その日本語版を提供することで日本のお客様の更なる満足度を向上させることを目指します。

 今後は、更なるドキュメントの充実とサポートツールのユーザインターフェースを日本語化していく計画です。

Bug Navigator:ソフトウェアの不具合を検索するツールで、関心のあるバグ に関する定期更新情報をメールで受信することもできます。

Software Advisor:機能がどのソフトウェアリリースで提供されているのか、または、ソフトウェアに必要な機能が提供されているかを調べるツールで、異なるリリースで提供される機能の差異や共通点を比較することもできます。また、ハードウェアの組み合わせが全てサポートできるソフトウェアリリースを調べる機能もあります。

IOS Upgrade Planner:機種とフィーチャセットを選択して、適切なIOSイメージを選択できるツールで、必要なメモリー容量を確認してからソフトウェアをダウンロードするサイトまでナビゲートします。

Japan TAC Web にアクセスするには、CCO Registration (http://www.cisco.com/jp/register/)での登録が必要です。ユーザカテゴリー別の利用統計データを収集し、顧客満足度とともに目標達成の尺度として活用します。

シスコシステムズ株式会社について
インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/