日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ 「Cisco Aironet 1200」シリーズ新型製品投入を発表






シスコシステムズ

「Cisco Aironet 1200」シリーズ新型製品投入を発表

~多様な技術に対応可能な無線LANソリューション~

May 22, 2002
No. 2002025

 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、本社:東京都港区赤坂2-14-27、以下シスコ)は、無線LANアクセスポイント新製品の「Cisco Aironet 1200」シリーズを発表しました。「Cisco Aironet 1200」シリーズは、今後普及が予想される将来的な無線LANテクノロジーを考慮した多様な技術に対応可能な無線LANソリューションとなります。モジュラー型の設計を採用しており、顧客要件の変化にあわせての構成変更も容易で、今後普及が予想されるIEEE802.11aをはじめ、将来的な無線LANテクノロジーへの移行もスムーズに行えます。また重要視される安全性の確保としては既存のCisco Aironetシリーズで提供してまいりました高いセキュリティ機能を継承しております。

 昨今ホットスポットの拡大を含む、IPモビリティ化がますます進んできています。"どこでもインターネット"の要求から一歩進み、企業ネットワークを場所、時間を選ばず活用したいというニーズがさらに高まってきており、シスコではそのニーズを具現すべく無線技術、LRE(ロングリーチ・イーサネット)などのイーサーネット技術、VPN(仮想私設網)を中心としたセキュリティ技術を組み合わせた「Cisco Mobile Office」(CMO)を提唱しています。その中核となる無線技術を提供するのが「Cisco Aironet」製品です。

「Cisco Aironet 1200」シリーズの特徴
■エンタープライズクラスのセキュリティ
 「Cisco Aironet 1200」シリーズでは高いセキュリティ無線LANを実現するために、IEEE802.1X規格とEAPをベースとするソフトウェアCisco Wireless Security Suiteを用意し、エンタープライズクラスのソリューションを提供します。
 EAP Cisco Wire-less (LEAP)やEAP-TLS、EAP-TLSを利用した認証形式など、802.1Xの認証をすべてサポートしています。 また、Cisco Secure Access Control Serverなど、同一の認証形式をサポートするRADIUSと組み合わせることで、スケーラブルで集中管理が可能なセキュリティソリューションを実現できます。

■モジュラー設計による優れたアップグレード能力と投資保護
 「Cisco Aironet 1200」シリーズは IEEE802.11bに準拠し、現時点で最大11Mbpsのデータ転送速度をサポートします。今後普及が予想されるIEEE802.11aや将来的なWLANテクノロジーにも確実に移行できるよう、モジュラー設計を採用しております。シングルバンド構成とデュアルバンド構成に加えてフィールドでのアップグレードにも対応できるため、ユーザ要件の変化やテクノロジーの進歩に合わせて構成を変更できます。1つのアクセスポイントで802.11b対応の無線と高速802.11a クライアント対応の無線を同時にサポートできる柔軟性も備えています。

■統合された管理ツールによる迅速な設定統合
 「Cisco Aironet 1200」シリーズではWired(有線)ネットワークで使用されているものと同じ管理ツールと技術が無線LANネットワークで使用されているため、無線LAN管理が非常に簡単に行えます。SNMP (Simple Network Management Protocol)、Telnet、及びWeb ブラウザによる管理がサポートされており、トラブルシューティング、モニタリング、ソフトウェアのダウンロード、イベントロギング等に利用できます。

価格について
 価格は、参考価格16万2,000円(Aironet 1200アクセスポイント、802.11b用モジュール、電源のセット、但しアンテナを除く)からとなります。

「Cisco Mobile Office」(CMO)について
 「Cisco Mobile Office」(CMO)とは、一般に普及しているブロードバンドインフラを活用して、広帯域かつ安全なネットワーキング環境を実現するソリューションです。「Cisco Mobile Office」を利用すれば、自宅や駅、ホテル等のホットスポットがオフィス代わりになり、デスクにいるときと同じ環境で、どこでも仕事を進めることができます。これにより社員は、働く場所を自由に選択できる新しいワーキングスタイルを手にすることができます。さらに、企業側としては、リモートアクセスの手段として安価なブロードバンドメディアを利用できるため、通信コストを大幅に削減でき、さらに業務効率や生産性の飛躍的な向上といった数々のメリットを享受することができます。
「Cisco Mobile Office」に関する詳細情報は、以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/event/offer/cmo/index.html

シスコシステムズ株式会社について
 インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/