日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ IP テレフォニー向けのユニファイド コミュニケーションソフトウェア「Cisco Unity[TM] 3.1」を出荷開始






シスコシステムズ IPテレフォニー向けの
ユニファイドコミュニケーション ソフトウェア「Cisco UnityTM 3.1」を出荷開始

~ビジネス コミュニケーションを変えていく、IPネットワークで実現する
電話、FAX、電子メールの統合ソリューション~

April 15, 2002
No. 2002017


 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、Cisco IPテレフォニー向けのユニファイドコミュニケーション製品、「Cisco UnityTM 3.1」を4月16日付けで出荷開始します。「Cisco UnityTM 3.1」はMicrosoft Windows 2000、Exchange 2000、Exchange2000に搭載されたActive Directoryを前提とした企業向けソフトウェア製品です。電話、FAX、電子メールといったビジネスコミュニケーション・メディアに対して、様々なデバイスから、いつでも、どこからでも簡単に必要な情報へのアクセスを可能にします。

 今日、企業のコミュニケーションを支える、電話、ボイスメール、FAX 、電子メールは、これまで、音声、紙、データというように独立したメディアによって送受信され、それぞれ個別のシステムで管理されてきました。しかし、もしこれらすべてのメッセージが同一のメディアに統合され自由に、シームレスに処理できるようになると大変便利なことです。あらゆるシーンでのコミュニケーション効率が飛躍的に向上することになります。これを実現するのが今回出荷開始したCiscoユニファイドコミュニケーション製品である「Cisco UnityTM 3.1」です。「Cisco UnityTM 3.1」はCisco AVVID(Architecture for Voice Video and Integrated Data)に基づくユニファイドコミュニケーション・ソリューションであり、「Cisco CallManager」により構築されたIPテレフォニー環境とシームレスに連携します。

 Cisco UnityTM の導入により、一人あたり約平均25分~40分の電話の取次ぎや的確な情報へのアクセス時間などを短縮することが可能になり、短縮された時間によるコストの削減およびあらゆるビジネスシーンにおいて効果的なコミュニケーションを実現することによる、日々の業務の生産性向上や組織全体のコミュニケーション能力の向上、さらには顧客への迅速な対応を可能にし、顧客満足度の向上に大きく貢献します。

 導入からサービス開始までの期間においてもCisco IP インフラストラクチャ、Cisco IP Telephony環境上で構築することにより、既存のPBXおよび異なるインフラストラクチャ上でユニファイドメッセージを構築するよりも飛躍的に短縮することが可能です。

 また、「Cisco UnityTM 3.1」の出荷日に伴い、ジャパンクロス証券株式会社、ソフトバンク・テクノロジー株式会社、パシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパン株式会社、コンパックコンピュータ株式会社等各社にて既に採用を決定して頂いています。
「Cisco UnityTM」の主な機能および特徴は以下の通りです。

■ユニファイドコミュニケーション
 Cisco UnityTM のViewMail for Microsoft Outlook モジュールを使用することにより、電子メール、音声、およびFAX の全メッセージを社内や社外からPC 、電話、またはインターネットを通して、すべてのメッセージに関する情報を一度に活用することができます。

■インテリジェントなボイスメール
 Cisco UnityTM は、新しいメッセージが到着すると、受信したメッセージの数、タイプ、優先度やメッセージの送信日時を通知することができます。さらにVMI (Visual Message Interface )を使用するとInternet Explorerを通じてボイスメールをWeb 上で確認できます。

■フェールオーバー機能
 予めUnity サーバを冗長構成とすることで、万が一サーバがダウンした場合でも自動的に切り替わります。Unity Messaging Repository (UMR )機能を利用することにより、Exchange Server がダウンしていてもボイスメール機能を利用することが可能です。

■使いやすいブラウザ形式のインターフェイス
 Cisco UnityTM は優れたグラフィカルインターフェイスを装備し、Internet Explorer から各自設定をカスタマイズできます。

■複数言語のサポート
 Cisco UnityTM は、日本語、英語以外に多数の言語に対応しています。またCisco UnityTM は、ひとつのシステムで複数言語のサポートも可能です。

■一貫した保守体制を実現
 Cisco及びCisco IP Telephony Specialization パートナーにより高い技術で一貫した保守体制を実現 します。

AVVIDアーキテクチャについて
 シスコのAVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data)は、世界標準となっているIP(Internet Protocol)ベースのネットワーク上で、音声、映像、データの統合によるマルチサービスを実現するアーキテクチャです。電話回線網や専用線に分離していた従来のいわば旧世代(Old World)のネットワークに対して、新世代(New World)のネットワークと言えます。IP Phoneによるコスト削減やWANバックボーンのIP化といった初期の目的から徐々に5段階の発展を遂げ、ポリシーベースの管理や、情報の形式にとらわれないマルチサービスを可能にするオープンな環境の実現へ、AVVIDは、あらゆる企業にIPネットワークの真の恩恵をもたらします。
AVVIDに関する詳細情報は、以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/solution/ent/tech/avvid/prodlit/soltb_ds.html

シスコシステムズ株式会社について
インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウェアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/