日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ、IPテレフォニー向けのユニファイドコミュニケーション・ソリューション「Cisco Unity」を発表






シスコシステムズ IPテレフォニー向けの
ユニファイドコミュニケーション・ソリューション「Cisco Unity」を発表

~電話、FAX、電子メールといったビジネスコミュニケーションをIP上で統合~

December 6, 2001
No. 2001079



 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、Cisco IPテレフォニー向けのユニファイドコミュニケーション・ソリューション、「Cisco Unity」を発表します。「Cisco Unity」はMicrosoft Windows 2000とExchange 2000をベースにした企業向けソフトウェア製品で、電話、FAX、電子メールといったビジネスコミュニケーション・メディアに対して、様々なデバイスからアクセスすることを可能にします。

 従来、これらのコミュニケーションのメディアはそれぞれ別々のシステムで管理されており、また各メディア間での互換性も確保されていないため、管理者にとってもユーザーにとってもこれらの情報の一元管理は大きな課題でした。この課題に対するソリューションとして、ユニファイドコミュニケーションという考え方に注目が集まっています。「Cisco Unity」はCisco AVVID(Architecture for Voice Video and Integrated Data)に基づくユニファイドコミュニケーション・ソリューションであり、「Cisco CallManager」により構築されたIPテレフォニー環境とシームレスに連携します。

 「Cisco Unity」の導入により電話の音声情報(ボイスメール)、電子メールによる文字情報、そしてFAXによるイメージ情報のいずれも、Microsoft Outlook上の一メッセージとして統一されたインターフェースで取り扱うことが可能になります。オプションのText-to-Speech機能を利用することで、電子メールの内容を、電話を通じて音声として聞くこともできます。また、ボイスメールやFAXを複数の第三者へ転送する処理はこれまでは煩わしいものでしたが、「Cisco Unity」ではOutlook上で電子メールと同様に転送相手のメールアドレスを指定するだけで、これらのメッセージにコメント等を追加した上で転送するといったことが実現できます。管理面においても、管理情報は全て「Microsoft Active Directory」に一元化されている為、管理者の作業負荷が大幅に軽減されます。

 このように「Cisco Unity」をIPテレフォニー環境に導入することで、ビジネスコミュニケーションの生産性向上と運用コストの削減、更には顧客満足度の向上をも実現することができます。

「Cisco Unity」の主な機能とメリットは以下の通りです。

  • OutlookのインターフェースでボイスメールやFAXを送受信
  • ボイスメールとFAXは電話経由でのプッシュ信号によるナビゲート
  • オプションのText-to-Speechを利用することで電子メールを音声として内容確認
  • 音声メッセージやFAXイメージを一般的なInternetのメールユーザーへ転送
  • プッシュ信号による操作で、Unityで受信したFAXイメージを任意のFAX機へ転送
  • 複合メッセージ機能により、ボイスメールとテキストや他の添付データ等を一つのメッセージとして送信
  • Cisco Media Convergence Serverをプラットフォームとすることで、Cisco及びCisco認定パートナーによる一貫した保守体制を実現
  • ブラウザーインターフェースを持つ管理用ツールを提供、遠隔管理やエンドユーザーによるセルフサービス化によって管理コストの削減が可能
  • 最大10万人のユーザーをサポートするスケーラビリティを実現
  • 日本語、英語以外にもドイツ語やフランス語等のヨーロッパ系言語や中国語をサポートするマルチランゲージ環境を提供


 「Cisco Unity」の日本での出荷は2002年の第1四半期(1~3月)を予定しており、Cisco IPテレフォニーを取り扱うシスコ認定パートナーを通じて販売されます。

AVVIDアーキテクチャについて
 シスコのAVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data)は、世界標準となっているIP(Internet Protocol)ベースのネットワーク上で、音声、映像、データの統合によるマルチサービスを実現するアーキテクチャです。電話回線網や専用線に分離していた従来のいわば旧世代(Old World)のネットワークに対して、新世代(New World)のネットワークと言えます。IP Phoneによるコスト削減やWANバックボーンのIP化といった初期の目的から徐々に5段階の発展を遂げ、ポリシーベースの管理や、情報の形式にとらわれないマルチサービスを可能にするオープンな環境の実現へ、AVVIDは、あらゆる企業にIPネットワークの真の恩恵をもたらします。

シスコシステムズ株式会社について
 インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/