日本版 ニュースリリース

シスコ、メトロ IPソリューションを発表






シスコ メトロ IPソリューションを発表

~次世代インターネットを実現するIPポートフォーリオを拡張~

October 3, 2001
No. 2001064



 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、ブロードバンドインフラの展開に最適化された次世代インターネットを実現するIPポートフォリオをメトロ向けに拡張し、キャリアクラスのメトロ IP Routingプラットフォーム新製品とメトロイーサネットサービスソリューションの国内向けリリースを発表しました。

 今日、ETTX(イーサネット To The Building/Home)、ADSL、Cable、ワイヤレスLAN等のブロードバンドサービスの拡大とともにサービスプロバイダーのメトロ領域においてイーサネットの導入が急速に広がっています。今回リリースされたソリューションは、イーサネットベースのユーザアクセスへの最適化を図り、インフラにおける高い信頼性性能と拡張性、ネットワーク運用の簡素化というメリットを兼ね備えた先進的な次世代メトロインフラを実現します。

キャリアクラスメトロ IP Routingプラットフォーム
 業界で初めてIPベースのメトロイーサネットアクセスソリューションを展開するメトロ向けIPプラットフォームの追加を発表しました。これらメトロ向けIPプラットフォームは、最先端のテクノロジーのRPR(Resilient Packet Ring)のアクセス領域への適用、MPLSをベースに拡張性やキャリアクラスの信頼性、そしてネットワーク運用の大幅な効率化というメリットを共通機能として提供します。新たに追加されたプラットフォームとしては、

  • Cisco 10720 Series Internet Routers
  • Cisco 7606 Series Internet Router
  • Cisco 7603 Series Internet Router
  • Cisco 12404 Internet Routers
が含まれます。

Cisco 10720インターネットルータ
 Cisco 10720インターネットルータは、170顧客以上での豊富な実績を有するRPR対応のシスコの先進的なDPT(Dynamic Packet Transport)ソリューションを、メトロアクセスならびにエッジに展開した 業界で唯一のメトロIPアクセスプラットフォームです。Cisco 10720は、エンド・ツー・エンドでの拡張性、サービス保証機能、運用性を総合的に備えたシンプルでスケーラブル、かつ信頼性の高いネットワークを実現します。サービスプロバイダーは、Cisco 10720を使って、高密度Ethernetアクセスをベースに、ユーザ毎の細かい品質保証機能を設定可能な高速インターネットサービス、広域LANサービスあるいはIP VPN、マネージドサービスといった高収益サービスを提供することができます。

Cisco 7603,7606インターネットルータ
 Cisco 7603インターネットルータは、Cisco7600シリーズに追加された新モデルで、3スロット、4ラックユニット高の小型かつハイパフォーマンスなルータです。Cisco 7603は転送レート15Mpps、32Gbpsのバックプレーン帯域幅を有し、OSM(Optical Services Module)を搭載することにより、ハードウェアベースで高速化された豊富な IPサービスの提供が可能になります。Cisco 7606は、Cisco 7603と同じくCisco7600シリーズに追加された新モデルで、6スロット、7Rラックユニット高のハイパフォーマンスなルータです。Cisco 7606は最大30Mppsの転送レート、160-Gbpsのスループットを有し、ルート・プロセッサ、電源の冗長化も提供します。Cisco 7603は、限られた設置スペースで高速なアクセス・アグリゲーションが求められるメトロEthernetアグリゲーションに最適のソリューションです。

Cisco 12404インターネットルータ
 Cisco 12404インターネットルータは、Cisco 12400シリーズの最新モデルであり、4スロット、5ラックユニット高で80Gbpsの総スイッチング容量を有する、業界で最も小型の10G対応ルータです。これにより、シスコは、業界で唯一4つの10Gbpsプラットフォーム製品を有することになり、サービスプロバイダーは、自らのネットワークを、小規模なPOP(point of presence)から大規模なPOPまで、バックボーンあるいはエッジにおいて、広い範囲で10Gへ拡張することができます。

Metro Ethernetサービスソリューション
 業界で最も充実したMPLS機能ラインアップと実績を誇るシスコは、このたび新たな機能拡張としてメトロイーサーネットサービスへ向けた新サービスソリューションをリリースしました。

メトロイーサーネットL3サービス
 MPLSベースのIP VPNサービスを利用における既存のの専用線、FR、ATMなどのアクセスオプションに加え、新たにブロードバンド化に対応するメトロイーサーネットアクセスを実現するIEEE 802.1qVLANを直接MPLS PEの持つVRF(VPN routing and forwarding)へマッピング機能を追加リリースしました。この機能の追加により、多様なアクセス回線の選択肢にメトロイーサーネットサービス利用が加わり、既存のIP-VPNの持つ拡張性、柔軟性が更に広がります。
 今回この機能は、Cisco 12000インターネットルーターエッジラインアップ、Cisco 10000インターネットルーターにおいてリリースされ、年末に向けてCisco 10720シリーズにおいても提供されます。

L2VPNサービスとしてEoMPLS(Ethernet over MPLS)対応
 レイヤ2プロトコルとしてのイーサネットをMPLS技術を基盤とするネットワークバックボーン上でトランスポートさせるEoMPLS機能が、新たに発表された7606、7603、Cisco 12000インターネットルーターエッジラインアップ、Cisco 10720シリーズの幅広いラインアップで提供されます。
 MPLSをベースとしたスケーラブルで堅牢なネットワークバックボーン上でのサービス展開が実現でき、また既存のMPLSベースのIP-VPNサービスバックボーンと共有することや、既に実装済みのトラヒックエンジニアリング(トラヒックフローコントや経路をコントロールする技術)と併用することで、新たな魅力的なサービスの展開が可能となります。

 シスコのNext Generation Internet Routerソリューションは、今回発表されたメトロ/エッジ向けのポートフォーリオの拡張により、Cisco 7400, 7600, 10000, 10700ならびに12000が含まれます。この結果、ブロードバンドアクセス、メトロIP、インターネットデータセンター、エッジ、バックボーンといった幅広いアプリケーションとネットワーク要件へ対応した、サービスプロバイダーの収益性を高めるための、世界最高水準の製品及びソリューションを提供していきます。

シスコシステムズ株式会社について
インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/