日本版 ニュースリリース

シスコ、「World PC EXPO 2001」の構内ネットワーク「WPC-net」を構築






シスコ「World PC EXPO 2001」の構内ネットワーク「WPC-net」を構築

~NTTコミュニケーションズ、NTT東日本と共同で~

September 18, 2001
No. 2001060


 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、9月19日~22日、幕張メッセにて開催されます、「World PC EXPO 2001」(主催:日経BP社)におきまして、NTTコミュニケーションズ、NTT東日本と協力、会場全体を結ぶ高速ネットワークインフラを構築いたします。「WPC-net」の名称で、展示会場と国際会議場のすべてが、Fast EthernetとGigabit Ethernetの高速回線で結ばれます。

 「WPC-net」は、中核となるNOC(Network Operation Center)を経由して、NTTコミュニケーションズの「OCN 」を介し、インターネットへブロードバンド接続します。ネットワークを構成する機器はすべてシスコ製品で統一し、システムの構築はNTT 東日本が担当しました。実験環境ではなく実際の商用利用のバックボーン ネットワークとなるため、安定性と信頼性を最重要課題としています。さらに、出展企業が求めるネットワーク環境は多岐にわたり、そのレベルの維持も高度に要求されています。NTT コミュニケーションズ、NTT 東日本とシスコは、3 社の技術を組み合わせることによって、幅広い要求に応えると同時に、安定したネットワークをきわめて短期間に構築することを可能にしました。

 また、カンファレンスホールにおいては「Cisco Aironet」によるワイヤレス環境を構築し、会場内各所にも「Cisco IP Telephone」を設置します。さらに、展示会場内のシスコブースでは、CDNによる映画(動画)配信、E-Learningの体験スペース等、最新のシスコ環境のデモンストレーションを開催します。シスコのテクノロジーを、「World PC EXPO 2001」来場者の方々に身近に体験していただくスペースを提供します。

「World PC EXPO 2001」開催概要

会期 2001年9月19日(水)~22日(土)10:00~18:00
会場 日本コンベンションセンター(幕張メッセ) 国際会議場 4ホール
(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1 TEL:043-296-0001(代表))
交通 JR京葉線「海浜幕張」駅 徒歩5分
http://www.m-messe.co.jp/bytrain-j.html(交通案内)
テーマ ブロードバンド社会を拓くBig"E"への挑戦
主催 日経BP社
開催規模 800社
来場者数 350,000名(予定)
http://www.wpc-bp.com/ja/index.html(WPC EXPO 2001 公式サイト)


シスコシステムズ株式会社について
インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/