日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ、パーツデポのオペレーション強化を発表、エンドユーザへのサービスレベルを向上






シスコシステムズ、パーツデポのオペレーション強化を発表
エンドユーザへのサービスレベルを向上

~4時間配送のパーツデポを新規に開設~

August 2, 2001
No. 2001053


 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、本社:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、日本国内で4時間配送パーツデポを増設することを発表しました。エンドユーザへの保守サービス提供にはスペアパーツの最適運用が重要で、パーツデポの増設によりサービス対象地域を拡大し、エンドユーザへのサービスレベルを向上させます。ロジスティックスはTNT エクスプレス株式会社に委託します。

 シスコでは現在、東京、大阪、名古屋、福岡の4拠点にて4時間配送デポを運用していますが、この度、新たに札幌、郡山、岡山に4時間配送デポを開設し運用を開始しました。今後、盛岡、金沢、南九州、那覇にて4時間配送デポを予定しており、これら拠点の開設により、計11拠点から日本の主要地域への4時間配送体制が整います。また、今後顧客要求にあわせて2時間配送サービスも実施していきます。

 シスコでは、シスコハードウエア製品の保守・運用サービス「SMARTnet」をサポートしていますが、デポの増設により日本の主要地域がSMARTnet 4時間配送サービスの対象地域となります。
 また、「SMARTnet Onsite」では、パーツ配送だけでなくフィールドエンジニアの派遣も含めて、お客様のネットワーク運用を強力に支援します。

 デポ開設によりシスコの一次販売パートナー向けサービスプログラム「SMARTspares」もサービス対象地域が拡大し、強化されます。「SMARTspares」ではシスコが販売パートナーに代わりパーツ在庫を保有し、ロジスティックスを提供することにより、パートナーはコスト削減が可能となります。

 シスコシステムズは日本市場でのビジネス拡大に伴い、今後も日本におけるローカルオペレーションを強化し、日本のお客様に対するサポート・サービス体制を拡充していく計画です。

TNT エクスプレス株式会社について
 TNT エクスプレス株式会社は、国際エクスプレス企業 TNT ポストグループ(TPG:本社・オランダ・アムステルダム、会長 兼 CEO:アド・スケープバウアー)の日本法人(設立:1984年、資本金:4億9,500万円、本社:東京都港区芝浦4-3-4、代表取締役社長 渡辺泰徳)です。業務内容は、利用航空運送事業・ロジスティックス事業・国際宅配便事業・倉庫業務・通関業などが挙げられます。
詳細については、http://www.tnt.com/をご参照下さい。

TNTポストグループ(TPG)について
 TNTポストグループは、PTT PostおよびTNTの2つのブランドを有し、オランダに本拠地を置く国際総合エクスプレス・サービス企業で、約64カ国に130,000人のスタッフを擁し、世界200カ国以上にサービスを提供しています。1999年度の売上高は100億ユーロ(約1兆1千億円:1ユーロ=110円換算)で、アムステルダム、ニューヨーク、ロンドンおよびフランクフルトの各証券取引所に上場しております。

シスコシステムズ株式会社について
 インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/