日本版 ニュースリリース

ピハナ・パシフィック・ジャパン株式会社のCisco Powered Network認定サービス「パーフェクト・ニュートラルデータセンター」のサービス開始について






ピハナ・パシフィック・ジャパン株式会社のCisco Powered Network認定サービス
「パーフェクト・ニュートラルデータセンター」のサービス開始について

May. 23, 2001
No. 2001034


 インターネット向けネットワーキング機器の最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3-2-3、以下「シスコ」)は、ピハナ・パシフィック・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:リチャード・カールブレナー(Richard Kalbrener)、以下「ピハナ」)が提供するパーフェクト・ニュートラルデータセンター(※1)がCisco Powered Network(※2)の認定を取得し、2001年5月23日よりサービスを開始したことを発表します。

 シスコの先進的なテクノロジーを用いてネットワークサービスを提供することを証明するプログラムであるCisco Powered Networkの認定により、シスコは「パーフェクト・ニュートラルデータセンター」における共同プロモーションを展開していきます。

 今回、ピハナが東京・平和島にオープンしたデータセンターは、3,000平方メートルの規模を誇るワールド・クラスの施設で、ハワイ、ロサンゼルス、シンガポールに続いてアジア・太平洋地域における同社4番目のセンターとなります。ピハナは今回の東京データセンターに続き、シドニー、ソウル、香港においてデータセンターを開設予定です。これら最先端の設備を持つセンターでは、キャリア、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)、コンテンツ・プロバイダ、多国籍企業などの企業ユーザが自由に交信することができる、安全かつ中立な通信環境を提供しており、eビジネス・コミュニケーションに対応した新しいインターネット・コミュニティの創設を推進していきます。

※1 ピハナが提唱する新しいコンセプトに基づくデータセンター。キャリアあるいは大手プロバイダとは一切資本関係を持つことのないピハナは、帯域のリセール事業なども行っておらず、完全中立を保った施設内で、IXサービス、コロケーション・サービスや、ストレージ・サービスのような付加価値の高いサービスなど、さまざまな統合サービスを提供しています。

※2 シスコのテクノロジーを用いて、インターネット、ATM、VoIP、さらに最新テクノロジーのIP-VPN(MPLS)、オプティカルIPをエンド・ツー・エンドで効率よく実現し提供している各々のネットワークサービスに対するシスコの認定プログラム。シスコは認定サービスの共同プロモーションなど、サービスプロバイダーと協調して様々なマーケティングプログラムを推進しています。

Pihana Pacific Inc.について
 2000年1月に設立され、アジア・太平洋地域で中立系IX(インターネット・エクスチェンジ)データ・センター・サービスを提供する初の企業です。本社はホノルルにあり、日本のほかに、アジア・太平洋地域では、シンガポールに地域本社およびネットワーク・オペレーション・センターを、また香港に地域エクゼクティブ・センターを開設、さらにソウル、台北、シドニー、サンフランシスコ、ロサンゼルスにセールス・オフィスを展開しています。Pihana Pacific Inc.について、より詳しい情報は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.pihana.com/splash.html

シスコシステムズ株式会社について
 インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/