日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ、IPv6対応の正式リリース提供開始を発表






シスコシステムズ IPv6対応の正式リリース提供開始を発表

~ブロードバンド時代に対応したIPv6ソリューション~

Apr. 11, 2001
No. 2001029


 インターネット向けネットワーキング機器の最大手である、シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3-2-3、以下シスコ)は、次世代インターネット・プロトコル「IPv6」に対応したIOSソフトウエアの正式リリース版の提供を、世界に先駆けて日本国内向けに開始したことを発表しました。
 併せて、ブロードバンドネットワーク対応を強化したIPv6ネットワーキングソリューションの提供を同時に発表しました。
 シスコシステムズは、以下の3つの分野でのIPv6対応を同時に展開していき、導入をリードするサービスプロバイダー、ブロードバンドユーザー、およびエンタープライズ市場までの全てに対応した業界で最も包括的なIPv6ソリューションを提供し、既存のIPv4ベースのネットワークとの共存利用とIPv6ベースの新たな通信サービスの展開と本格的な普及を促進していきます。

  • IOSルータによるフルラインアップ対応
  • ブロードバンドアクセス対応
  • コア・バックボーン対応


  1. IOSルータによるフルラインアップ対応
     今回提供IOS 12.2Tにより、Cisco 800シリーズから7500シリーズまでの全ルータプラットフォームにおいてIPv6対応し、業界一のIPv6対応製品ラインアップを提供することとなりました。
     シスコのIPv6機能は、既存のルータに対するIOSのバージョンアップにより提供されるため、企業ユーザーおよびサービスプロバイダーにおけるIPv6導入に際しての投資の保護が図られ、導入に際しては、IPv4・IPv6共存型のネットワーク構築など複数の形態に柔軟な対応を可能とする機能とともに提供されています。
     尚、ダイヤルアップ利用向けのAS5300、AS5400アクセスサーバーについてもIPv6機能が今回の正式リリースに含まれ提供されます。


  2. ブロードバンドアクセス対応
     更に, シスコシステムズは、IPv6による拡張性と応用性が期待されるブロードバンドサービスの利用環境整備へ向けたインフラソリューションとして、サービスプロバイダー側設備としてのブロードバンドアクセス向けの各種プラットフォーム、および利用者側設備としてのブロードバンドルーターの提供を同時に開始します。
     サービスプロバイダー向けには、ケーブル向けユニバーサルブロードバンドルータ(uBRシリーズ)、ADSLサービス、FTTHサービス向けのブロードバンドアグリゲーションシステム、Cisco 7200、6400においてIPv6機能対応し、併せて、企業向けのモジュラ型マルチサービスルータ、Cisco 1700、2600および3600シリーズにおいて、IPv6対応と同時にPPPoE対応を図りブロードバンドルータとしての新機能を追加し、ユーザー側での利用環境を提供します。
     また、データセンター、メトロ向けのソリューション展開に対応するCatalyst 6500シリーズについてもIOSのアップグレードによりIPv6サポートを2001年内にリリース予定していています。


  3. コア・バックボーン対応
     国内向けに評価版IPv6機能が提供されているCisco 12000 GSRシリーズにおいては、商用ネットワークの拡大が見込まれる2001年第三四半期に向けて、大規模ネットワーク構築へ対応したハイパフォーマンス機能と拡張性機能を追加して正式リリースを提供します。
     Cisco 12000シリーズを用いたIPv6バックボーン向けのエンハンスメント機能として、ハイパフォーマンスなフォワーディング性能を提供する分散型レイヤ3スイッチング・ソリューション(dCEF)機能のIPv6対応、またIPv6ベースのネットワークにおいても従来と同等の運用レベルを可能とするためにセキュリティ機能としてACL(アクセスリスト)をサポート、大規模なネットワーク構築には必須となるIS-ISv6が初期リリースから提供されます。
     また、バックボーンにおいてMPLSを利用したIPv6トランスポートを実現する6PE機能やOSPFv3などのルーティングプロトコルの拡張も今後順次提供を予定されており、初期のIPv6対応リリースからCisco12000シリーズでは、ATM、GigabitEthernet、OC3-OC192までの幅広いPOSインターフェースなど豊富な既存のラインカードのサポートと共にIOSのバージョンアップによりこれらIPv6機能が提供されます。




 なお今回発表されたシスコIPv6エンドエンドネットワークソリューションにつきましては、2001年4月11日~13日に幕張メッセで開催されますCisco Waveにおきまして展示およびデモを開催いたします。

シスコシステムズ株式会社について
インターネット⁄イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダである米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人。1992年に設立され、ネットワークの「エンドトゥーエンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレームリレー等のハードウェアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しています。日本では沖電気工業株式会社、伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社などの販売店を通じて販売いたします。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/