日本版 ニュースリリース

シスコ、新しいチャネル・プログラムを発表






シスコ、新しいチャネル・プログラムを発表

~パートナーのインターネット経済への対応を促進するビジネスモデルの枠組みを提供~

Mar. 27, 2001
No. 2001018


 インターネット向けネットワーキング機器の最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3-2-3 以下「シスコ」)は、この度、シスコパートナー向けに、新たな「チャネル・パートナー・プログラム(Channel Partner Program)」を発表しました。新しいプログラムは、付加価値販売が不可欠となりつつあるマーケットに向けて、チャネル・パートナー各社が成功裏にビジネスモデルを変革するための枠組みを提供するもので、米国シスコシステムズ社 が全世界レベルでパートナーのビジネスモデル変革支援のため実施するものです。

 新たな「チャネル・パートナー・プログラム(Channel Partner Program)」は2001年9月4日から施行されますが、あらたなプログラムでの認定取得への応募は2001年7月2日から受付を開始します。このプログラムはシスコのチャネル・パートナーがハードウェアの売上比率の高いビジネスモデルから、収益性の高いサービス・ビジネスモデルへの移行を促進すると同時に、専門知識を強化することにより、パートナーの競争力と顧客満足度の向上を目指すものです。

確固たるビジネスモデルの創造
 シスコは、パートナー各社が確固たるビジネスモデルを創造出来るよう支援するために、今後志向すべき、キーとなるいくつかの市場要因を特定しました。すなわちパートナー各社が付加価値サービスに重点を置けるようにするための支援、特定技術分野におけるに専門知識の強化、技術スタッフ構成についてのバランスの取れたアプローチ、顧客の満足度向上などです。

付加価値サービスへのフォーカス
 付加価値サービスへの移行を加速させるために、シスコは専門化プログラムを新たな「チャネル・パートナー・プログラム(Channel Partner Program)」に組み込みました。専門化プログラムによって技術に特化した専門知識を伸ばすための定評ある枠組みを提供し、チャネル・パートナー各社は付加価値サービスに重点を移行できるようになります。

特定技術分野における専門知識の強化
 今日、ネットワーキング機器の複雑さが益々増大し、チャネル・パートナー各社は特定の技術に関する専門知識に重点を置いて伸ばしていく必要に迫られています。シスコの専門化プログラムは、チャネル・パートナー各社が特定のネットワーキング技術の計画、設計、展開、サポートが出来る世界水準の専門知識を確実に取得できるよう支援するものです。特定技術分野には、IPテレフォニー、WANスイッチング、VPN/セキュリティ、ネットワーク・マネージメント、ワイヤレスLAN等があります。

技術者構成へのバランスの取れたアプローチ
 従来の「シスコ・チャネルパートナー・プログラム(Cisco Channel Partner Program)」は、「シスコ認定インターネットワーキング・エキスパート(Cisco Certified Internetworking Expert、略称CCIE)」資格を取得した技術者を育成するよう強調してきました。この度、CCIEをチャネル認定における重要な基準として残したまま、より柔軟な新しいプログラムとして、シスコがここ3年間にわたり開発してきた個人技術認定の範囲をより広く認めることになります。新しいプログラムは、シスコ認定の「アソシエート」、「プロフェッショナル」、「エキスパート」の各技術認定資格を有する技術者を特定技術要件に合わせてバランス良く配置できるようになっています。

顧客満足度の向上
 新しいプログラムの一環としてシスコは、同社が顧客の満足度を見極め、向上させるために利用しているツール、ならびに「模範的事例」に認定パートナー各社がアクセスできるようにしました。この定評あるプログラムを通じて、チャネル・パートナー各社は顧客満足度を高め、競争に勝ち抜くことが可能になります。

プログラム概要
 新しい「シスコ・チャネルパートナー・プログラム(Cisco Channel Partner Program)」指針の下での「プレミアム(Premier)」、「シルバー(Silver)」、「ゴールド(Gold)」認定は、チャネル・パートナー企業各社が以下の各分野での一連の最低必要条件を満たす能力があるかどうかに基づいて決定されます。

  • 基本要件・・・専門の営業・技術者、サポート体制、顧客満足度で構成
  • 専門化要件・・・特定技術分野における技術の取得
  • 追加履修要件・・・専門技術者最低要件を満たしていること
新しいチャネルパートナー・プログラム指針に基づく認定へのチャネル・パートナー各社の応募開始は、施行となる2001年7月2日以降です。「シスコ・チャネルパートナー・プログラム(Cisco Channel Partner Program)」の詳細については、以下のWebサイトをご参照ください。
http://www.cisco.com/warp/public/765/partner_programs/

シスコシステムズ株式会社について
インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の子会社として1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。日本では沖電気工業株式会社、伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社などの販売店を通じて販売いたします。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
URL:http://www.cisco.com/jp/