日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ、新しい無線LAN製品「シスコ エアロネット350」シリーズを発表






シスコシステムズ

新しい無線LAN製品「シスコ エアロネット350」シリーズを発表

Feb. 19, 2001
No. 2001009



 インターネット向けネットワーキング機器の最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、2月19日付けで新しい無線LAN製品「シスコ エアロネット350」シリーズを発表します。

 この製品は企業の基幹ユーザー向けのセキュリティー、性能、管理の容易さを兼ね備えており高速アクセスポイント、マルチファンクションブリッジ、クライアントアダプターなどの製品群が含まれます。

 この新製品の特徴としては、中央集権的なセキュリティーを無線ネットワークにおいて業界で初めて実現したことにあります。セキュリティーおよび認証規格は米マイクロソフト社などと共同提案中のIEEE802.1xおよびEAP(Extensible Authentication Protocol)に基づいており、何千、何万人ものユーザーをRadiusサーバーに基づいた中央集権的な方法で管理することができるという特徴を持っています。
 また、現行のWEP(Wired Equivalent Privacy)が共通の暗号キーを使用しているのに対し、ユーザーあるいはセッションごとにダイナミックにキーを生成します。これにより有線並みの強固なセキュリティーを無線LAN環境にも提供することが可能になります。
 H/Wの特徴としては現在標準化中のIEEE802.3afに準拠したインライン・パワー対応のシスコ スイッチなどと接続することによりカテゴリー5のイーサネット・ケーブルで給電可能となります。
 「シスコ エアロネット350」シリーズの発売時期はアクセス・ポイントおよびPCMCIAカードが2月19日より、PCIカードおよびマルチファンクションブリッジの発売時期は4月を予定しております。

<希望小売価格>

シスコ エアロネット350シリーズ

  • アクセス・ポイント 20万5,000円
  • PCMCIAカード 3万1,000円

シスコシステムズ株式会社について
 インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人として1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。
シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/