日本版 ニュースリリース

Japan News






アイティフォー、シスコと販売提携

~幅広い顧客ニーズに的確に対応、統合ネットワーク・システムの販売を強化~

Sep. 20, 2000
No. 200058

2000年9月20日、株式会社アイティフォー(以下アイティフォー、本社:東京都千代田区麹町5-3、英文表記:ITFOR Inc.、代表取締役社長:須賀井 孝夫、資本金:9億5,500万円、旧社名:千代田情報機器株式会社)とシスコシステムズ株式会社(以下 シスコ、本社:東京都千代田区丸の内3-2-3、英文表記:Cisco Systems K.K.、代表取締役:黒澤 保樹、資本金:22億2,000万円)は、アイティフォーがシスコ社の製品を本日より販売するSI(システム・インテグレータ)契約を締結したことを発表しました。

シスコは、ネットワーク構築で豊富な経験とシステム・インテグレーション能力の高いアイティフォーと組むことで、シスコ製品の付加価値を高め、ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)や、エンタープライズ(企業)・ユーザを中心にビジネスの一層の拡大を狙ったものです。

また、アイティフォーは、従来取扱いの製品ラインアップに、IP(インターネット・プロトコル)ネットワークのディファクト・スタンダードであるシスコ製品を統合し、付加価値の高い統合ネットワーク・ソリューションを提供することで差別化を明確にすると共に、幅広い顧客ニーズへの的確な対応によりネットワーク・システム事業の拡大を狙ったものです。
販売対象はISPやキャリア(通信事業者)、エンタープライズ・ユーザなどです。なお、顧客サポート力の一層の強化を図るため積極的な設備投資に併せ、ネットワーク技術者養成の教育をすでに実施しています。

エンドユーザには、シスコからパートナー認定を受けているSI能力の高いアイティフォーを選択することにより、シスコのネットワーク機器を中心にした付加価値の高い統合ネットワーク・システムのデザイン、サポートなどが最適なソリューションとして提供されます。

株式会社アイティフォーについて:
2000年8月1日に旧社名の「千代田情報機器株式会社」より現社名に変更。1972年12月の設立以来、情報通信システムの有力ベンダーと提携し、最新の情報技術力とSIとしての豊富な経験で、最適なソリューションと最高のサービスを提供。事業としてネットワーク・システム、情報システムを核に、それらを取り巻くソフトウエアとハードウエアの設計・開発・サポートを展開。具体的にはアウトソーシングを含むネットワーク・ソリューション・サービス、問題解決型商品として圧倒的な強みを持つ金融機関向けのリテール・バンキング・システムやEC(電子商取引)システム、CTI(コンピュータ・テレフォニー・インテグレーション)システム、流通・物流システムなど広範にわたるソリューション・サービスの提案・提供をしています。
株式会社アイティフォーの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.itfor.co.jp

シスコシステムズ株式会社について:
インターネット⁄イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダである米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人。1992年に設立され、ネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレームリレー等のハードウェアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しています。
シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/