日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコシステムズ

eコマース・Webホスティング・ASPに最適な
Webスイッチ「Cisco CSS 11000」シリーズを国内販売開始

~次世代コンテンツネットワーキングを実現する新ソフトウェア「Cisco Web NS 4.0」を発表~

Sep. 12, 2000
No. 200057


 ネットワーク機器の大手ベンダー、シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3-2-3)はeコマース・Webホスティング・ASPに最適なWebスイッチ、「Cisco CSS 11000」コンテントサービススイッチシリーズの国内販売を開始しました。

コンテンツ・デリバリー・ネットワーキング(CDN):
 インターネットにおける効率的なコンテンツ配信は、単にユーザへのレスポンスタイムを短縮させるばかりでなく、新たなコンテンツビジネスを創出する機会を生み出します。シスコシステムズでは、これらに対する包括的なソリューションとして、コンテンツ・デリバリー・ネットワーキング(CDN)を8月末に発表しました。
 CDNソリューションを構成する要素の第一弾として、コンテントスイッチである「Cisco CSS 11000」シリーズと、そのソフトウェア機能の強化を発表しました。

コンテントサービススイッチ(CSS):
 本製品群により、コンテントベースのスイッチングが可能になり、これからのインターネット関連ビジネスには欠かせないコンテンツ/アプリケーションを意識した最適なネットワーク設計が可能になりました。国内でもデータセンター事業者を中心に導入が始まっており、さらに、10月から提供予定の新ソフトウェア「Cisco Web NS 4.0」の大幅な機能拡張により、価値の高いコンテンツの効率的な配信や次世代eサービスを実現できるようなトラフィック制御機能も追加提供致します。
 本製品を活用しネットワークの最適化を行った場合、レスポンスタイムを大幅に減少させることが可能になり、eビジネスを展開している企業にとっては、ビジネス機会を失わないだけでなく、顧客満足度を向上させることが可能になります。
 「Cisco CSS 11000」コンテントサービススイッチと「Cisco Web NS 4.0」は、今日のWebビジネスが直面している様々な問題を解決し、業界でもっとも包括的で、もっとも高いパフォーマンスを提供するコンテントスイッチであり、Webホスティング事業者やサービスプロバイダが、価値の高いサービスを提供しながら、運用コストや複雑さを低く抑えることを可能にします。最上位モデルである「CSS 11800」は、シャーシ型モデルとしては今すぐに使用可能な業界唯一の製品であり、大規模サイト構築のソリューションとして活用できます。

「Cisco Web NS 4.0」:
 「Cisco Web NS 4.0」では、単純にURLのフィルタリングのみを実現する現行のWebスイッチとは違い、コンテンツベースのスイッチング及びルーティング、動的なコンテンツ配信及び複製、急速に成長するグローバルなコンテンツ・ネットワーキング・インフラストラクチャへの対応も可能など、コンテンツを重視したインターネット環境を構築することが可能になります。
 「Cisco Web NS 4.0」は、ArrowPoint Communications社の買収(本年6月)により得られた技術を基にしております。

「Cisco Web NS 4.0」の主な新機能:

  • サービスプロバイダが、全世界規模のコンテンツ・デリバリ・ネットワーキング(CDN)を提供できるような、分散型かつ精度の高いスケーラブルな近接性サービスの提供・コンテンツ配信において、新しいデバイスのタイプやブラウザ、言語、等に対して最適化されたサーバを使用するようなeビジネスを可能にする、ユーザ・テイラードWebサービス。
  • シスコ独自のコンテンツ・リクエスト・リマッピングは、ユーザ・リクエストを動的にリマップしユーザ・リクエストを最適サーバに結びつけることで、コンテント・スイッチングやシングルTCPコネクション内の複数GETリクエストを取り扱うことができ、HTTP1.1のパフォーマンス上の利点を顧客にもたらします。
  • M&Aなどにより新しく統合されたドメイン名に依存するリクエストに対しては、ユーザが意識することなく透過的にURLリダイレクトが行われます。これにより、パフォーマンス向上と顧客保持、ブランドが持つ付加価値の維持、複雑なホスティングの抑制、重要なトラフィック情報の収集が可能となります。


オーダー情報:
 「Cisco CSS 11000」コンテントサービススイッチは、\2,989,000(CSS 11050基本構成、標準小売価格)から。本体は8月からすでに受注を開始しております。新OSである「Cisco Web NS 4.0」は、10月1日より販売開始予定で、既存のOSからのアップグレードも可能です。
なお、本製品は、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売いたします。

「Cisco CSS 11000」コンテントサービススイッチシリーズの製品情報は、
http://www.cisco.com/jp/product/product/switch/css11k/index.html でご覧いただけます。

シスコシステムズ株式会社について
インターネット⁄イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダである米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人。1992年に設立され、ネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレームリレー等のハードウェアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しています。
シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp/