日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコシステムズ株式会社

リセラー向けマイレージ式販売支援プログラム
CiscoRewards(シスコリワーズ)プログラムを発表

Aug. 30, 2000
No. 200053

シスコシステムズ株式会社(以下シスコ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒澤保樹)は、日本でシスコ製品を取扱うリセラー(2次再販店)とのコミュニケーション、情報提供を強化し、販売実績に応じた"Rewards"(報奨)を提供するプログラムとしてCiscoRewardsプログラムを2000年9月1日より開始し、日本におけるシスコのリセラーへの販売支援体制を一層強化していくことを発表しました。

本プログラムは、会員登録から営業・技術情報提供、オンライントレーニングの提供、ポイント申請・交換といったすべての運営をインターネット上で行う、インターネットエコノミー時代のシスコならではの革新的なリセラー向け販売支援プログラムです。

CiscoRewardsプログラムは、シスコリセラーに対する会員制マイレージ式販売支援プログラム
CiscoRewardsプログラムは、シスコ製品を取扱うリセラーの各営業担当及びシステムエンジニアが「シスコ製品を売れば売るほど」、「シスコについて学べば学ぶほど」、そして「シスコの情報にアクセスすればするほど」ポイントが貯まり、そのポイントを販売支援金として受け取ることができるマイレージ式販売支援プログラムです。参加登録した会員は、シスコ製品の販売、オンライン学習、シスコ認定資格取得、シスコのリセラー向けホームページへのアクセス等を行うたびにポイントを獲得できます。個々の営業担当者のシスコ製品販売実績、及びトレーニング実績等に応じて貯まったポイントを交換申請すると、会員個人の実績が会社ごとにまとめられ、会社名義で開設頂いたCiscoRewards用銀行口座に販売支援金として一括して振込まれます。販売支援金獲得は、シスコシステムズの1次販売店からシスコ製品を購入される2次再販店に限ります。

会員登録すれば、CiscoRewardsプログラム会員だけのセールスサポート情報にアクセス
会員登録することにより、会員のみが利用できるオンライン学習コンテンツでスキルアップをはかりながらポイントが獲得できます。また、実際の営業活動に役に立つ情報や商談を助けるセールスツールを自由に閲覧・利用することが可能になり、50種以上の豊富なコンテンツがリセラーの営業活動を強力にサポートします。

今回のプログラムの主旨について取締役 パートナー営業統括本部長の岡本吉光は「CiscoRewardsプログラムにより、これまで以上に日本におけるシスコリセラーの販売活動、特に今後急成長が見込まれる中小企業市場向けセールスを強力に支援して行きたい。今年12月末までに、約1000社の会員獲得を目指す。」と語っています。今後、CiscoRewardsプログラムを通して、リセラーの声をよく聞きながら、セールスツールやトレーニングコンテンツなどを充実させ、リセラーの営業活動を支援していきます。

CiscoRewardsプログラムについての詳しい情報は、
CiscoRewardsプログラム本サイト: http://cisco.rewards.ne.jp
プレス関係者専用サイト: http://cisco.rewards.ne.jp/press/(左記サイトで本プログラムサイトをご体験していただくことができます。)

シスコシステムズ株式会社について
インターネット⁄イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダである米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人。1992年に設立され、ネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレームリレー等のハードウェアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しています。