日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコシステムズ社、2000年度第3四半期の業績を発表

May. 15, 2000
No. 200038

2000年5月9日米カリフォルニア州サンノゼ発
 世界最大手のネットワーク関連機器のプロバイダであるシスコシステムズ社 (以下 シスコ、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長:ジョン・チェンバース)は、2000年4月29日を末日とする第3四半期(2000年2月~2000年4月)の業績を公表しました。

 会計年度2000年第3四半期の総売上高は49億2,000万ドル(邦貨換算5,298億8,400万円=1US$107.7円換算)で、対前年同期比55%増(31億7,000万ドル)となりました。買収負担金やストック・オプションに伴うペイロール・タックス(給与税)、何件かの少額投資によって生じた利得による影響を除いた、当期利益(見込み)は10億3,000万ドル(一株当たり0.14ドル)で、前年度同期の6億4,900万ドル(一株当たり0.09ドル)に比して、それぞれ58%と56%増となりました。

 会計年度2000年の第3四半期中にシスコは、エアロネット・ワイヤレス・コミュニケーションズ社(Aironet Wireless Communications)と ピレリ・オプティカル・システムズ社(Pirelli Optical Systems)の買収を、継承負債を含む合併購入価格として約28億5,000万ドルで完了し、購入途中の研究開発(R&D)の損金処理分にあたる一時負担金として4億8,800百万ドル(一株当たり税引後0.06ドル相当)を計上しています。さらにアルティガ・ネットワークス社(Altiga Networks)やコンパティブル・システムズ社(Compatible Systems)、グロウス・ネットワークス社(Growth Networks Inc.)の買収を完了しており、これらは共同利権として処理しております。

 会計年度2000年の第3四半期の純益は6億6,200万ドル(一株当たり0.09ドル)で、昨年度同期は6億3,600万ドル(一株当たり0.09ドル)でした。 会計年度2000年の1~3四半期通期における総売上高は131億8,000万ドルで、86億1,000万ドルだった前年度同期に比して53%の増となりました。1~3四半期通期利益(見込み)は27億5,000万ドル(一株当たり0.37ドル)で、前年度同期の18億2,000万ドル(一株当たり0.26ドル)に比べ、それぞれ51%、42%の増となります。
 会計年度2000年の1~3四半期通期における純益は、19億1,000万ドル(一株当たり0.26ドル)で、前年度同期においては14億3,000万ドル(一株当たり0.21ドル)でした。  提示された全ての期間における一株当たりの計算において用いられた、一株当たりの利益や株数は、2000年3月22日に発効した株式の二分割を反映しております。

 「世界的にみて、企業や政府のトップは、従来のビジネス・モデルを、インターネット経済(Internet Economy)型ビジネス・モデルへと劇的に変えつつあります。インターネットを基盤とした、これらの新しい経済モデルは、新しいやり方でコストを削減し、利益を生み出し、従業員や市民に力をつけ、インターネット経済の迅速な進展に必要とされる機敏さを提供するものです。この変貌を遂げるビジネスモデルに支援となるシスコの専門知識を、続々と顧客たちが求めるようになってきています」と、シスコシステムズ社のジョン・チェンバース(John Chambers)社長兼CEOは語っています。

 シスコは今後も主要市場それぞれにおいて、エンド・ツゥー・エンド・インターネット・ソリューションを継続・発展させています。

 サービス・プロバイダー市場(ISP)において、データと音声、映像を統合したNew World戦略を引き続き展開し、あらゆる主要分野で発展を遂げました。このNew Worldソリューションは、世界中で現在活動中の通信業者から高い評価を獲得し続け、あらゆる未来型通信のプラットフォームとしてインターネット(Internet)を捉える潮流を強調してきました。この潮流が、インターネット・サービス・プロバイダーから始まって、国際通信事業者を巻き込み、今や国内通信事業者にまで波及してきている中で、あらゆるデータや音声、映像の通信にシスコのインターネット・ソリューションが急速に採用されてきています。米国のデータ通信とネットワーク統合におけるトップ・プロバイダーの一つであるSBC社は顧客に対し、オープンで標準に則ったNew World広帯域サービスの提供を加速するため、シスコとの提携を発表しました。この提携を通じてシスコとSBC社は、New Worldソリューションを提供するための、製品及びネットワーク・サービスの完璧な製品群を市場へ投入することになります。

 シスコはまた、IP+光学市場における勢いを維持し、インターネットのスケールで通信業者向けの光学ネットワーク構築へさらに尽力していきます。製品ラインナップを強化するため、シスコは、高密度・専用アクセスIPサービスを展開しているインターネット・サービス・プロバイダー向け製品である、「シスコ10000エッジ・サービス・ルータ(Cisco 10000 Edge Services Router、ESR)」を投入しました。シスコ(Cisco)10000ESRは、画期的技術であるパラレル・エクスプレス・フォワーディング(Parallel eXpress Forwarding)構造に基づき、ネットワークが一定したハイ・パフォーマンスを内部的に維持できるよう開発されており、そこに先端のNew Worldサービスを加味しています。シスコはまた、インターネット・インフラストラクチャーへの投資も引き続き行っており、ペンタコム社(Pentacom, LTD.)やグロウス・ネットワークス社(Growth Networks)(本四半期で終了)、アトランテック・テクノロジーズ社(Atlantech Technologies)、シーガル・セミコンダクター社(Seagull Semiconductor, LTD.)の子会社等を買収する意向を明らかにしています。コンテンツ・ネットワーキング分野における製品幅を広げるため、2000年5月5日に、アローポイント・コミュニケーションズ社(ArrowPoint Communications, Inc.)を買収する意図を明らかにし、アプリケーション・サービス・プロバイダー(ASP)や大規模企業のWebホスティング・センター向けに、より高速で信頼性の高いネット体験の創造を期しています。

 中小企業向け事業市場においては、New World戦略を強化し、エアロネット・ワイヤレス・コミュニケーションズ社(Aironet Wireless Communications)から買い上げた技術に基づくワイヤレス構内情報通信網(WLAN)製品シリーズを導入することで、オープンで標準に則ったワイヤレス・ソリューションをモバイル・ビジネス環境へ提供しました。またインフォギア・テクノロジー社(InfoGear Technology Corporation)を買収する意図を明らかにし、多様な情報機器の型にデータや音声、映像のサービスを伝達・管理する網羅的なソフトウェア・ソリューションを提供しようと考えています。同社はまた、シスコ統合通信システム(Cisco Integrated Communications System、CICS)7750とIPテレフォニーシステムを始動させて、各種企業が統合されたe-ビジネス・アプリケーションを展開できるよう、AVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data=音声・映像・統合データのためのアーキテクチャ)ソリューションを、企業の支店や中規模企業向けに拡大しました。

 大企業向け市場でのシスコは、「AVVIDソリューション」に基づく10の新製品を導入することで、「New World」展望を拡大しました。これらの新製品は、IP電話や、レイヤー3スイッチやギガビット技術によるスイッチ「Catalyst(R) 6000」、同6500製品シリーズなどのラインナップを広げるものです。さらにAVVIDソリューションをワイヤレス・ドメインにも拡張するため、シスコは、ジェットセル社(JetCell, Inc.)の買収を発表し、IPテレフォニーソリューションと、従来のPBXシステムを統合しようとしています。コンテンツ伝送分野ではアローポイント社(ArrowPoint)買収を補足するため、サイトパス社(SightPath, Inc.)の買収を発表し、顧客がネット学習やライブ・ストリーミング・データといったコンテンツやサービスを提供出来るようにすべく活動します。
 「これからの10年間をリードする企業とは、単に社内で製品を開発するとか効果的な買収を行うといった能力だけでなく、水平なビジネス・モデル上でパートナー企業との経済システムを築く能力を持たねばなりません。そう考えると、シスコは、社内開発と買収とパートナーシップの結合を通じて、インターネット革命(Internet Revolution)をリードする、今までで最善の位置にあるといえます」とジョン・チェンバース社長兼CEOは締めくくっています。

シスコ社について
Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)はインターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。1984年米国カリフォルニア州サンノゼに設立されました。シスコはネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルータ「CISCO」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているルーター制御用ソフトウエア「IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコ社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/