日本版 ニュースリリース

Japan News






東洋情報システム、シスコシステムズ

E-ビジネス向けリアルタイム情報発信システムで戦略的提携に合意

May. 9, 2000
No. 200036

 株式会社東洋情報システム(本社:大阪府吹田市、取締役社長:船木隆夫、以下:TIS)、シスコシステムズ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:黒澤保樹、以下:シスコシステムズ)は、インターネットや企業内ユーザーに対してリアルタイムな情報配信を可能にするソフトウェア(TIBCO社製品の利用)で戦略的提携関係に合意したことを発表します。

 本件は、本年2月7日に米国で発表されたシスコシステムズとTIBCO Software Inc.のアライアンス『注(1)ご参照』、及び本年1月24日にTIBCOソフトウェアに関して、国内SI大手3社が発表した『注(2)ご参照』内容を受けて合意提携しました。

<発表概要>

 シスコシステムズは昨年E-ビジネス向けリアルタイム情報発信システムを手掛けるこの業界ナンバーワンのTIBCO Software社との関係を強化し、今回TIBCO社が提供するプッシュテクノロジーをシスコのネットワーク機器上で効率良く動作させることが出来るようになりました。
また、日本国内においてはTISなど大手システム・インテグレーターがTIBCOのソリューションを国内に展開していくことを表明しています。 今回の提携により、リアルタイムな情報発信サービスの提供とネットワーク上のトラフィックの混雑を軽減するソリューションの提供、及びこれらの機能によりサービスプロバイダーがより高速に低価格で顧客が必要とする情報のリアルタイム配信とインターネットユーザーに対して、データや音声、ビデオ情報をより速く(Time saver)、効果的に、コストを安く(Big cost saving)、個々のユーザへ配信するシステム構築が国内で可能となります。

今後提携各社は以下の分野に当面フォーカスして事業展開を図ります。

  • インターネット上でリアルタイムに情報発信するためのシステム構築の支援
  • リアルタイム情報発信システムのソリューションの開発
  • 共同啓蒙活動・営業活動の推進(事例紹介、セミナー、共同マーケティング活動など)
  • エンジニア間の技術交流、共同検証など >

<ターゲット市場>

  • 金融業界(銀行、証券、保険など)
  • サービス・プロバイダー
  • ASP
  • インターネットを利用した各種情報配信会社 など、広くインターネット/イントラネット上でマルチキャスト・データをプッシュ型で配信サービスする市場をターゲットとしております。

<提携の意義>

 国内で現在急激な伸びを示しているインターネット・ユーザー数に比例して、インターネットやイントラネットをベースにした情報発信サービスの需要はますます増えています。そのような新しいサービス形態の普及の中で、今回の提携により、情報サービス提供者は最適なシステムをユーザーに提供できるとともに、ユーザもより高速で、かつ安価なサービスを享受できることになります。
 全世界の主要な顧客で大きなシェアを持つシスコシステムズと国内市場で豊富なコンサルティング実績をもつ東洋情報システム、新日本製鐵がこの分野で協業することによる意義は非常に大きいと考えております。

注(1)
本年2月2日に米国で発表されたシスコシステムズとTIBCO Software Inc.で発表された内容;
米国発表内容記事 http://www.tibco.com/about/press/releases/press167.html

 シスコシステムズはTIBCOソフトウェア社のライセンスの提供を受け、TIBCOのプッシュテクノロジーを実現するマルチキャストプロトコルをシスコとTIBCOで共同開発しました。
 本プロトコルは、CISCO IOS (インターネット オペレーティング システム;ルータやスイッチに搭載されているOS)に実装されております。このマルチキャストプロトコルにより、TIBCOのプッシュテクノロジーをCiscoのネットワーク機器上で効率良く動作させることが可能となります。

注(2)
本年1月24日にTIBCOソフトウェアに関して、国内SI大手3社が発表した内容;
国内主要4社による発表内容http://www.tibco.co.jp/newsreleases/2000/TIBCOnet-1.htm

 TIBCO Software Inc,はNTTソフトウェア株式会社(以下、NTTソフトウェア)、TIS、新日本製鐵株式会社(以下、新日鉄)と、ポータルサイトへ市況情報等のリアルタイムデータを配信するシステムのホスティングサービス、及びポータルサイト構築のためのコンサルティングサービスを提供する事業を共同で行うことで合意したという内容です。

TIBCO Softwareについて
 TIBCO Software Inc. (Nasdaq: TIBX) はインターネットや企業内ユーザーに対してリアルタイムな情報配信を可能にするソフトウェアを提供するリーディング企業です。1980年代のウォール街の"デジタル化"を始めに、製造、エナジー、テレコム、エレクトロニクス、その他の分野において採用されています。TIBCO Softwareの主な顧客は、Cisco、Yahoo!、NEC、Sun Microsystems、SAP、Philips、AT&T、PageNet、AOL/Netscapeです。
 また、TIBCO Softwareが米国で展開しているTIBCO.netでは、Netscape、Alta Vista、 mySAP.com、Financial Times、Ameritradeサイト等へのホスティングサービスを提供しています。なおシスコシステムズはTIBCO Softwareに出資しています。

シスコシステムズ株式会社について
 インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の子会社です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルータ「CISCO」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウエア「IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。日本では沖電気工業株式会社、伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売いたします。
シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/