日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコE-Learningコース発売開始

第1弾コース「CCNAエッセンシャルズ ~インターネットワーキング入門~」から

Apr. 17, 2000
No. 200028


 シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、本社:東京都千代田区丸の内三丁目2番3号、TEL:03-5219-6000)は、新しい学習の形態であるシスコE-Learningとしての第1弾となるトレーニングコース「CCNAエッセンシャルズ」の発売を開始します。

 シスコE-Learningは、シスコシステムズが早くから社内利用に取り組んできたものであり、社内向けトレーニングの80%はE-Learningで提供されています。 また、すでに教育機関向けにはシスコ・ネットワーキングアカデミー・プログラムとして、教室に閉じたネットワークでのE-Learningを1999年より国内で展開しています。シスコシステムズではこれまでのノウハウを生かし、様々なレベルと資格に対応した複数のコースをE-Learningとして提供し、世界的に不足しているネットワークエンジニアの育成を推進することとなりました。

 E-Learningは、個人のみならず企業単位での利用を視野に入れており、企業の人材育成担当者が受講者の学習進捗や履歴を管理する機能も提供します。シスコシステムズでは、一般技術者の受講に加えて、従来の技術で活躍してきた中堅・ベテラン技術者をインターネットに対応した技術者として再養成するためのトレーニングコースとして、多くの企業での採用を見込んでいます。

 「CCNAエッセンシャルズ」は、インターネットワーキング入門という位置づけであり、インターネットワーキングの初級レベルから学べるコースです。複数のレッスンで構成される4つの「ステップ」と呼ばれるモジュールに分かれたWebベースの教材での学習と、実際のルータやLANスイッチを使ったラボ実習とで構成されます。受講者は、時間や地域に制約されずに、日本テレコム株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:村上 春雄)のセンターに設置されるE-Learningサーバにアクセスして自分のペースで学習を進めることができます。最終目標は、シスコ技術者認定資格のエントリーレベルであるCCNAの取得であり、コースではCCNA取得に必要な知識が網羅されています。

 受講者は、受講期間中、シスコ認定トレーニングパートナーによるメンタリングサポートを受けることができ、内容に関するQ&Aはもちろん、学習進捗を支援するためのペースメイキングやアドバイスをE-mailベースで受けることができるので、ネットワークを通じ、マン・ツー・マン感覚で学習を進めることができます。また、教材には知識を確認するための練習問題が豊富に用意してあり、レッスン毎の学習内容を細かに確認していくことができます。さらにステップ毎にはアセスメントテストが用意されており、合格点を取得することで次ステップへ進ませるという、受講者にとってのハードルも用意されていますので、着実に知識をつけていくことができます。

 時間や地域に制約されずに学習できるE-Learningにより、教育機会の拡大が見込まれます。

 シスコE-Learningは、これまで教室ベースで行われてきたネットワーク技術者トレーニングと同様、シスコ認定トレーニングパートナーを通じて販売・提供され、講師にはシスコ認定のインストラクターがあたります。

※ 1: E-Learning
Web形式等のネットワーク上での遠隔教育サービスであり、限られた教育リソースを有効活用し、かつ学習の自由度、展開の規模を飛躍的に拡大する事ができるこれからの教育の在り方としてその拡大が有望視されています。

※ 2: CCNA(Cisco Certified Network Associate)
シスコが認定するネットワーク技術者資格のひとつであり、基本的知識、技術を修得するファースト・ステップの資格です。一般的なインターネットワーキング技術からプロトコル、ルーティング技術、ルータの各種設定等、今日のIPネットワークを理解、駆使するための要素技術全般を修得していることを証明します。