日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

OC-48 オプティカルリジェネレーター製品を新発表

~シスコ オプティカルIPソリューションの拡張~

Jan 19,2000
No. 200004


 2000年1月19日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 TEL:03-5219-6000)は、Cisco 12000ギガビット・スイッチ・ルータ(GSR)12000シリーズの新しい製品として、シングルモード光ファイバの伝送距離を飛躍的に高める2.4Gbps OC-48/STM-16オプティカル・リジェネレータを初表しました。
オプティカル・リジェネレータ(Cisco Optical Regenerator: COR)は、OC-48/STM-16のシングルモード光ファイバに対応する双方向の光リピーター装置です。Cisco 12000でサポートされるOC-48/STM-16 Packet-over-SONET/SDH(POS)ラインカードや、次世代の高速オプティカル・リング・ソリューションのOC-48/STM-16 DPT(Dynamic Packet Transport)ラインカードに適用され外部の光伝送装置を伴わずに2.4Gbpsの容量を提供するオプティカルIPネットワークを実現できます。
この装置を使用しCisco 12000間のOC-48/STM-16シングルモード光ファイバ回線を最大80 Km毎に延長でき、カスケード使用した場合は最大2,400 Kmの単一光ファイバの到達距離が可能となります。またこの製品は、Cisco IOS[R]をサポートしたIPアドレッシング機能を備えた業界では初めての初のオプティカル・リジェネレータです。 本装置により、高価なSONET/SDHベースの光伝送システムを使用しなくても長距離接続が可能となるので設備コストの削減が図れ、また運用面でもフラットで簡略化されたネットワークが構築できるため高速化によるハイパフォーマンス化および信頼性の両面での大幅な向上が実現されます。

今回発表しました製品の希望小売価格は、以下のようになっています。
<OC-48/STM-16オプティカル・リジェネレータ>
 波長1550nm長距離シングルモード光ファイバ   \11,311,000

 これら製品は、1999年11月より伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ソフトバンク株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売されています。