Cisco Prime Infrastructure(PI)は、ネットワーク、デバイス、アプリケーション、ユーザのすべてを一元的に把握でき、有線 LAN と無線 LAN の運用管理を簡素化します。また、ネットワークの可視化(電波状況やネットワーク サービス状況の可視化)にも対応しています。

SDN におけるポイント:

【RESTful API による上位インターフェイスの提供】

  • 有線 LAN と無線 LAN の装置情報、利用端末情報など、ネットワーク情報を API で提供
  • ネットワーク設定変更、追加など、コンフィグレーション テンプレートを API から起動可能

【有線 LAN と無線 LAN の管理を統合】

  • 端末やアプリケーション レベルでの利用状況を詳細に把握
  • 複数のネットワーク管理ツールを PI に統合し、必要なツール数を削減
  • 導入とトラブル シューティングを迅速化し、ネットワークの可視性、制御を強化
  • データセンター向けスイッチ(Cisco Nexus シリーズ)も統合管理可能

【他の SDN コントローラとの連携】

  • Cisco Identity Services Engine(ISE)によるポリシー監視、トラブル シューティングと連携可能
  • Cisco Application Policy Infrastructure Controller - Enterprise Module(APIC-EM)と連携したアプリケーションやトポロジの管理

【インテリジェント WAN 管理の簡素化】

  • シスコのベスト プラクティスに基づくインテリジェント WAN とコンバージド アクセスのワークフローを実現
  • デバイスとサービスの設定、それらの管理とモニタリングの自動化を促進

製品概要

ネットワーク遅延、アプリケーションごとのトラフィックなどを項目ごとに表示

ネットワーク トポロジとデバイスの状態を表示

無線 LAN の電波干渉源をヒートマップで表示