非同期接続

AUX ポート上のモデムにおける EXEC ダイヤルイン接続の設定

概要

ルータの補助(AUX)ポートに接続されているモデムを使用して、Cisco IOS の対話型コマンド プロセッサ(EXEC)のコールを、ルータが受け入れる必要がある場合がよくあります。 この文書は、このようなシナリオの設定に必要な作業について説明しています。

AUX ポート上のモデムを使用するポイントツーポイント プロトコル(PPP)ベースの接続は、このドキュメントの対象外です。 PPP ベースの接続の詳細については、「AUX ポート上のモデムを使用したダイヤルアウトの設定」を参照してください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

このドキュメントでは、図 1 に示すネットワーク設定を使用しています。

図 1 ⠀  “ ネットワークダイアグラム

ネットワーク ダイアグラム

AUX ポート上のモデムの設定

EXEC ダイヤルイン接続用に AUX ポート上のモデムを設定するには、次の手順を実行します。

  1. 図 2 に示すように、ルータの AUX ポートからモデムにケーブルを接続します。

    次の点に留意してください。

    • シスコのルータの AUX のポートは RJ-45 または DB-25 です。 AUX のポートが RJ-45 の場合は、フラットサテン ロール型の RJ-45--RJ-45 ケーブル(製品番号は CAB-500RJ=)を使用します。通常、このケーブルはコンソール接続用のシスコのどのルータにも提供されています。 また、このロール型ケーブルをモデムの DB-25 ポートに接続するには、「MODEM」と記されている RJ-45 - DB-25 アダプタ(部品番号 CAB-25AS-MMOD)も必要です。

    • ルータの AUX ポートが DB-25 の場合は、ストレート型の DB-25 メス型 -- DB25 オス型 RS-232 ケーブルを使用してモデムとルータを接続します。

    • ケーブル接続の詳細については、『モデム-ルータ間接続ガイド』および『RJ-45 コンソールと AUX ポートのケーブル接続ガイド』を参照してください。

    図 2 ⠀  “ 接続応答 ケーブル

    mod-aux-exec2.gif

  2. show line コマンドを使用して、AUX ポートの非同期インターフェイスを特定します。

    ほとんどのルータでは AUX ポートは回線 1 ですが、アクセス サーバでは AUX ポート インターフェイスは TTY 回線の後に続きます。 たとえば、ルータに非同期/モデム回線が 16 個ある場合、AUX ポートは回線 17 であることを意味します。 show line コマンドの出力に基づいて AUX ポートを設定します。 次の例では、AUX ポートの設定はインターフェイス回線 65 にあることを確認できます。

    maui-rtr-10#show line   Tty Typ    Tx/Rx    A Modem Roty AccO AccI  Uses  Noise  Overruns  Int*    0 CTY             -    -     -    -    -     0      0     0/0      -    65 AUX  9600/9600  -    -     -    -    -     0      1     0/0      -    66 VTY             -    -     -    -    -     0      0     0/0      -    67 VTY             -    -     -    -    -     0      0     0/0      -    68 VTY             -    -     -    -    -     0      0     0/0      -    69 VTY             -    -     -    -    -     0      0     0/0      -    70 VTY             -    -     -    -    -     0      0     0/0      -Line(s) not in async mode -or- with no hardware support 1-64
  3. 次のコマンドを使用して、ルータの AUX 回線を設定します。

    AUX ポートが回線 65 上にあることはすでに確認済みです。

    maui-rtr-10(config)#line 65maui-rtr-10(config-line)#modem inout!--- Permit incoming and outgoing calls on this modem.maui-rtr-10(config-line)#speed 115200!--- Line speed to be used to communicate with the modem. !--- Verify that the AUX port supports this speed. !--- Refer to Bitrate Information for supporting information. maui-rtr-10(config-line)#transport input all!--- Allow all protocols to use the line.maui-rtr-10(config-line)#flowcontrol hardware!--- Enable RTS/CTS flow control.maui-rtr-10(config-line)#login!--- Use the password configured on the line to authenticate !--- incoming connections. !--- This password is configured below: maui-rtr-10(config-line)#password cisco!--- The router uses this password (cisco) to authenticate incoming calls. !--- For security purposes, replace "cisco" with a secure password. 

    オプション設定: ルータにイネーブル シークレット パスワードがない場合は、着信接続がイネーブル モードに入ることができません。 着信コールがイネーブル モードに入ることを許可するには、enable secret password コマンドを使用してイネーブル シークレット パスワードを設定します。

  4. 適切な初期化文字列を設定するには、モデム上でリバース Telnet 方式を使用します。

    リバース Telnet の詳細については、「モデム-ルータ間接続ガイド」または「モデムへのリバース Telnet セッションの確立」を参照してください。

    maui-rtr-10#Telnet 172.22.53.145 2065!--- The IP address 172.22.53.145 is the Ethernet address on the router. !--- 2065 represents 2000+line 65. Refer to the documents mentioned above, !--- if the reverse telnet fails. Trying 172.22.53.145, 2065 ... Openat!--- Modem attention command.OK!--- The modem responds with an OK. If you receive any other message, !--- or no response at all, replace the modem hardware. at&f1s0=1!--- At followed by the initialization (init) string for this modem. !--- The init string for this US Robotics modem is &f1s0=1. !--- Note: USR modems must also have dip switch 3 and 8 down (DOWN = ON). !--- Dip switch 3 = ON for Result Code Display. !--- Dip switch 8 = ON for AT Command Set Recognition. !--- If you use another modem brand, refer to the Modem-Router !--- Connection Guide for your manufacturer-specific modem init strings. OK!--- The modem responds with an OK. This means that the modem was !--- successfully initialized. at&w!--- &w writes the configuration to memory !--- Without this command the modem will lose its configuration !--- when the modem is power cycled.OK!--- We will now suspend the telnet session. For this, we will enter !--- the escape sequence Ctrl-Shift-6 x (press Control-Shift-6, let go, !--- then press x). maui-rtr-10#disconnect 1Closing connection to 172.22.53.145 [confirm]!--- The disconnect command terminates the telnet session. maui-rtr-10#
  5. 電話回線がアクティブであり、正しく機能していることを確認するには、アナログ電話を使用します。 その後、そのアナログ電話回線にモデムを接続します。

  6. モデム接続をテストするには、別のデバイス(PC など)からルータへの EXEC モデム コールを初期化します。

    PC 上で HyperTerminal などの端末エミュレーションを使用し、COM ポートの 1 つを介して PC のモデムにアクセスします。 COM のポートを介して PC のモデムに接続している場合は、ルータへのダイヤルを開始します。 例については、「HyperTerminal でのセッション例」を参照してください。

    AUX ポート回線では PPP を実行しません。 したがって、この接続の場合は、Microsoft Windows Dialup Networking(DUN)を使用してダイヤルできません。

  7. 接続が確立されると、ダイヤルイン クライアントにパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。 パスワードを正確に入力します。

    このパスワードは、AUX ポート回線で設定したパスワードと一致する必要があります。

関連情報