Cisco Jasper 事例:Osprey Infomatics

石油ガス監視 SW サプライヤ Osprey、遠隔管理の課題を解決

石油ガス監視 SW サプライヤ Osprey、遠隔管理の課題を解決


課題

  • 遠隔地や厳しい地形条件を含む数千キロに及ぶ範囲で、資産や従業員の安全とセキュリティを確保しながら、機械設備を最大限に稼働し維持することが命題だった
  • エネルギーという極めてミッションクリティカルなシステムを遠隔管理するための、信頼性の高い検漏なインフラストラクチャが必要だった
  • 同社のモデムに起因するあらゆるデータコストの責任をすべて負う必要があるため、強力な接続デバイスインフラが不可欠だった
  • 1 か月後に無線の請求書が届くまで請求額が分からず、それまで蓄えていた利益が突然激減することがあり、リアルタイムの状況把握が求められていた

ソリューション

  • Cisco Jasper により、実稼働前に自社システムをテストするプロセスを整備・構築
  • Cisco Jasper Control Center の自動化ルールを活用し、普段とは違う動きを示し始めたモデムを即座に非アクティブ化したり、別の料金プールに移動するというオペレーションを自動化

結果・効果

  • 顧客のコネクテッド サービス ビジネスの早期立ち上げ、管理、収益化を実現
  • リモート接続されたすべてのデバイスの動作状況に関する情報の取得を実現
  • 発生する可能性のある問題を事前に検出し、在庫管理の改善・導入時間短縮を実現し、予期せぬコストの膨張を防止
  • お客様向けのフルサービス インフラストラクチャ構築を実現
  • 厳しいコスト管理を実現しながら、数十万もの遠隔拠点にプラットフォームを確実に拡大
当社の事業をコスト効率よく展開、拡張する方法として唯一信頼できるのが Cisco Jasper Control Center なのです。
Michael von Hauff 氏
Osprey Informatics 社 CEO

メディアの選択