Cisco Unified Communications Manager Release 9.0(1) のインストール
このリリースの新機能
このリリースの新機能
発行日;2012/11/20   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

このリリースの新機能

この章では、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service のこのリリースの新機能について説明します。

IM and Presence へのブランド変更

Cisco Unified Presence は、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service になりました。 すべての GUI とカスタマー マニュアルは、適宜ブランド変更されています。

バージョンの配置

Release 9.0(1) では、IM and Presence と Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)が緊密に統合されています。 Release 9.0(1) 以降は、IM and Presence と Cisco Unified CM ソフトウェアのバージョンが一致している必要があります。 2 つのソフトウェアのバージョンが一致するためには、それぞれのメジャーおよびマイナー リリース番号が同じである必要があります。 メジャーおよびマイナー リリース番号は次のように定義されます。

9.x.y

ここで、9 はメジャー リリース番号、x はマイナー リリース番号、y はメンテナンス リリース番号です。

たとえば、IM and Presence Release 9.0.2.10000-1 は Unified CM Release 9.0.12.30000-3 と互換性がありますが、Unified CM Release 9.1.1.10000-5 とは互換性がありません。 同様に、Unified CM Release 8.6.2.10000-6 は IM and Presence Release 9.0.1.10000-1 とは互換性がありません。

新規インストールの場合は、Unified CM 9.0(1) をインストールしてから、IM and Presence 9.0(1) をインストールする必要があります。 アップグレードの場合は、Unified CM を Release 9.0(1) にアップグレードしてから、IM and Presence をアップグレードする必要があります。 アップグレードは、同じメンテナンス時間内に実行する必要があります。

集中化されたプロファイルの設定とデータの移行

Release 9.0(1) 以降は、Cisco Unified Presence Administration の [アプリケーション(Application)] > [CUPC/Cisco Jabber] メニューで設定されていた LDAP、ボイスメール、会議、メールストア、CTI ゲートウェイ、および音声のユーザ UC サービス プロファイル情報は、Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)の [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] と [サービス プロファイル(Service Profile)] メニューから設定されるようになりました。 そのため、Cisco Unified Presence Release 8.x から IM and Presence Release 9.x にアップグレードすると、すべてのユーザ プロファイル情報が Unified CM に移行されます。 ユーザの移行の詳細については、『Upgrade Guide for Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

ライセンスの簡素化

IM and Presence Service には、サーバ ライセンスもソフトウェア バージョン ライセンスも必要ありません。 IM and Presence は、各ユーザに関連付けられているクライアントの数に関係なく、ユーザ単位で有効にできます。 Release 9.0(1) は、Unified CM でのユーザ単位の集中型ライセンス システムをサポートしているため、IM and Presence 機能は、User Connect Licensing(UCL)と Cisco Unified Workspace Licensing(CUWL)の両方に含まれています。 ライセンス要件の詳細については、このマニュアルの「"IM and Presence ライセンスの要件"」の項を参照してください。

推奨されなくなった機能

Release 9.0(1) は次の機能をサポートしていません。

  • Cisco IP Phone Messenger
  • Cisco Unified Personal Communicator 7.x
  • Cisco Agent Desktop
  • Expert Advisor
  • Cisco Unified Application Environment
  • Cisco Unified Mobile Communicator
  • Cisco Unified Mobile Communicator アプリケーション
  • SIP Proxy モード