Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
迷惑呼の詳細システム レポート
迷惑呼の詳細システム レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

迷惑呼の詳細システム レポート

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

  • 管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートを生成します。
  • マネージャ:予算編成またはセキュリティを目的とする場合や、コールの音声品質を判断する場合のコール モニタリングに役立つユーザ、部門、および QoS に関するレポートを生成します。
  • 個々のユーザ:ユーザ別のコールの課金レポートを生成します。

(注)  


ユーザの職務権限によっては、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


迷惑呼の詳細システム レポートの生成

CAR 管理者だけが、迷惑呼の詳細レポートを生成します。 レポートには、特定の日付範囲に発生した迷惑呼について、発信時刻、停止時刻、接続時間(秒単位)、発信元(発信者番号)、接続先(着信者番号)、発信元デバイス、接続先デバイス、コール分類の詳細が表示されます。

この項では、迷惑呼の詳細レポートを生成する方法、参照する方法、またはメール送信する方法について説明します。

手順
    ステップ 1   [システム レポート(System Reports)] > [迷惑呼の詳細(Malicious Call Details)] を選択します。

    [迷惑呼の詳細(Malicious Call Details)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [開始日(From Date)] ドロップダウン リスト ボックスで、迷惑呼の詳細を必要とする開始月、日、年を選択します。
    ステップ 3   [終了日(To Date)] ドロップダウン リスト ボックスで、迷惑呼の詳細を必要とする終了月、日、年を選択します。
    ステップ 4   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
    ステップ 5   レポートを表示する場合は、[レポートの表示(View Report)] をクリックします。

    レポートが表示されます。

    ステップ 6   電子メール受信者にレポートを送信する場合は、メール レポートを参照してください。

    関連資料

    その他の資料

    • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』