Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
トランク デバイス レポート
トランク デバイス レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

トランク デバイス レポート

CAR は、管理者、マネージャ、個々のユーザの 3 つのレベルのユーザのためのレポート機能を提供します。 デバイス レポートを生成できるのは、管理者だけです。

デバイス レポートは、会議ブリッジ、ボイス メッセージ サーバ、ゲートウェイ、トランクなどの Cisco Unified Communications Manager 関連のデバイスの負荷とパフォーマンスを追跡します。

トランク レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。 ここでは、トランクの使用状況レポートの設定方法について説明します。

トランクの使用状況レポートの生成

トランクの使用状況レポートを作成できるのは CAR 管理者だけです。 このレポートでは、デバイスを通じて渡されたコールの期間に基づいてデバイスの使用状況レポートを計算します。

このレポートは、時間、日、または月単位で作成できます。 選択した日付の範囲で時間ごとのトランクの使用状況が計算されます。 たとえば 11 ~ 12 時間のトランクの使用率が、(該当時間内でのトランクを使用したコール時間の合計 / (1 時間の合計秒数 X 1 つのトランク内の最大ポート数 X 選択した開始日から終了日までの日数)X 100)の式を使用して計算されます。

同様に、1 週間の曜日ごと使用率を確認する場合、((1 日の中でトランクを使用したコール時間の合計) / (1 日の合計秒数 X 選択した開始日から終了日までの各曜日の数 X 1 つのトランク内の最大ポート数)X 100)の式を使用して使用率が計算されます。

月間の使用状況レポートの場合は、((1 日の中でトランクを使用したコール時間の合計) / (1 日の合計秒数 X 選択した開始日から終了日までの日数 X 1 つのトランク内の最大ポート数)X 100)の式を使用して、1 か月の 1 日あたりの使用状況が計算されます。

選択されたトランクごとにレポートが作成されます。

トランクの使用状況の計算では、CAR の [トランクの設定(Trunk Configuration)] ウィンドウにあるポート数が使用されます。 このウィンドウを表示するには、[システム(System)] > [システムパラメータ(System Parameters)] > [トランクの設定(Trunk Configuration)] を選択します。 H.323 ポート番号はデータベースで常に 0 であるため、H.323 トランクのポートの詳細を Cisco Unified Communications Manager データベースから取得できません。 ユーザは、CAR の [トランクの設定(Trunk Configuration)] ウィンドウで H.323 トランク ポート情報を更新する必要があります。

CAR の [トランクの設定(Trunk Configuration)] ウィンドウから得ることのできるポートの詳細情報は、使用可能なポートの詳細がないトランク、または Cisco Unified Communications Manager データベースで 0 を示しているトランクの情報だけです。

この項では、トランクの使用状況レポートの作成、表示、またはメールでのレポートの送信方法について説明します。

手順
    ステップ 1   [デバイスレポート(Device Reports)] > [トランク(Trunk)] > [使用状況(Utilization)] を選択します。

    [トランクの使用状況(Trunk Utilization)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [レポートの作成(Generate Reports)] フィールドで、次の表に示すように、時間を選択します。
    表 1 [レポートの作成(Generate Report)] フィールド

    パラメータ

    説明

    時間(Hour of Day)

    ステップ 7 で指定する期間の各時間の累積使用率を 24 時間形式で表示します。

    曜日(Day of Week)

    ステップ 7 で指定する期間内の曜日における累積使用状況を表示します。

    日付(Day of Month)

    ステップ 7 で指定する期間内の日付における累積使用状況を表示します。

    (注)     

    トランクの使用状況レポートは、自動的に作成されません。

    ステップ 3   [トランクのリスト(List of Trunks)] ボックスにレポートに含めることができるトランクのリストを表示するには、次のいずれかの作業を実行します。
    1. [トランクのリスト(List of Trunks)] ボックスにすべてのトランクを表示するには、ウィンドウの左側にある列で [トランク タイプ(Trunk Types)] をクリックします。
    2. [トランクのリスト(List of Trunks)] ボックスに特定のトランク タイプのトランクを表示するには、ウィンドウの左側にあるカラムで [トランクタイプ(Trunk Types)] の横にあるアイコンをクリックします。 ツリー構造が展開されて、トランク タイプのリストが表示されます。 リストからトランク タイプを選択すると、そのトランク名が [トランクのリスト(List of Trunks)] ボックスに表示されます。
      (注)     

      [トランクのリスト(List of Trunks)] ボックスには、選択したトランク タイプに対して設定されている最大 200 のトランクがリストされます。

      (注)     

      トランク経由で接続されているルート グループ、ルート リスト、およびルート パターンに関するトランクの使用状況レポートを作成できます。

    ステップ 4   リストからトランク タイプを選択します。

    [トランクのリスト(List of Trunks)] ボックスに、トランク名が表示されます。

    (注)     

    [トランクのリスト(List of Trunks)] ボックスには、選択したトランク タイプに対して設定されている最大 200 のトランクが表示されます。

    ステップ 5   [トランクのリスト(List of Trunks)] ボックスで、レポートに含めるトランクを選択します。
    (注)     

    一度に最大 5 つのトランクに対してレポートを作成できます。

    ステップ 6   選択したトランクを、[選択されたトランク(Selected Trunks)] ボックスのリストに移動するには、下矢印をクリックします。

    選択したトランクは、[選択されたトランク(Selected Trunks)] ボックスに表示されます。

    ステップ 7   [新規レポートの作成(Generate New Report)] を選択した場合は、コール情報を参照する期間の日付範囲を入力します。
    (注)     

    日時の範囲は 1 か月を過ぎないようにしてください。

    ステップ 8   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。
    ステップ 9   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

    レポートが表示されます。

    ステップ 10   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

    関連資料

    その他の資料

    • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』