Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
FAC/CMC システム レポート
FAC/CMC システム レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

FAC/CMC システム レポート

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

  • 管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートを生成します。
  • マネージャ:予算編成またはセキュリティを目的とする場合や、コールの音声品質を判断する場合のコール モニタリングに役立つユーザ、部門、および QoS に関するレポートを生成します。
  • 個々のユーザ:ユーザ別のコールの課金レポートを生成します。

(注)  


ユーザの職務権限によっては、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


CAR 管理者だけが、強制承認コード(FAC)レポートまたはクライアント識別コード(CMC)レポートを生成できます。

次の各項では、FAC/CMC レポートの設定方法について説明します。

クライアント識別コード レポートの生成

CAR 管理者だけが、クライアント識別コード レポートを生成できます。 発信元(発信者番号)、接続先(着信者番号)、発信日時(コールが発信された日付と時刻)、接続時間(コールの接続時間(秒単位))、各 CMC に関連するコール分類を示すレポートを生成できます。

次の手順では、特定のクライアント識別コードの使用状況を示すレポートを生成する方法について説明します。

手順
    ステップ 1   [システム レポート(System Reports)] > [FAC/CMC] > [クライアント識別コード(Client Matter Code)] を選択します。

    [クライアント識別コードのコール詳細(Call Details for Client Matter Code)] ウィンドウに、システムで設定されているすべてのクライアント識別コードのリストが表示されます。

    ステップ 2   [クライアント識別コードのリスト(List of Client Matter Codes)] ボックスで、レポートに含めるコードを選択します。
    (注)     

    最大 100 個のクライアント識別コードを選択できます。

    ステップ 3   選択したコードを [選択されたクライアント識別コード(Selected Client Matter Codes)] ボックスに追加する場合は、下矢印をクリックします。

    レポートには、このボックスにリスト表示されている、データが使用可能なすべてのコードが含められます。

    ステップ 4   [開始日(From Date)] プルダウン リスト ボックスと [終了日(To Date)] プルダウン リスト ボックスに、クライアント識別コード情報を参照する期間の日付範囲を入力します。
    ステップ 5   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
    ステップ 6   [レポートの表示(View Report)] をクリックします。

    レポートが表示されます。

    ステップ 7   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

    承認コード名レポートの生成

    CAR 管理者だけが、承認コード名レポートを生成できます。 発信元(発信者番号)、接続先(着信者番号)、発信日時(コールが発信された日付と時刻)、接続時間(コールの接続時間(秒単位))、選択した各承認コード名に関連するコール分類を示すレポートを生成できます。


    (注)  


    セキュリティ保護のため、承認コードは表示されません。代わりに、承認コード名(説明)が表示されます。


    次の手順では、特定の承認コード名の使用状況を示すレポートを生成する方法について説明します。

    手順
      ステップ 1   [システム レポート(System Reports)] > [FAC/CMC] > [承認コード名(Authorization Code Name)] を選択します。

      [承認コード名のコール詳細(Call Details for Authorization Code Name)] ウィンドウに、システムで設定されているすべての承認コード名のリストが表示されます。

      ステップ 2   [承認コード名のリスト(List of Authorization Code Names)] ボックスで、レポートに含めるコード名を選択します。
      (注)     

      最大 30 個のコード名を選択できます。

      ステップ 3   選択したコード名を [選択された承認コード名(Selected Authorization Code Names)] ボックスに追加する場合は、下矢印をクリックします。

      レポートには、このボックスにリスト表示されている、データが使用可能なすべてのコード名が含められます。

      ステップ 4   [開始日(From Date)] ドロップダウン リスト ボックスと [終了日(To Date)] ドロップダウン リスト ボックスに、承認コード名情報を参照する期間の日付範囲を入力します。
      ステップ 5   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
      ステップ 6   [レポートの表示(View Report)] をクリックします。

      レポートが表示されます。

      ステップ 7   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

      関連資料

      承認レベル レポートの生成

      CAR 管理者だけが、承認レベル レポートを生成できます。 発信元(発信者番号)、接続先(着信者番号)、発信日時(コールが発信された日付と時刻)、接続時間(コールの接続時間(秒単位))、選択した各承認レベルに関連するコール分類を示すレポートを生成できます。

      次の手順では、特定の承認レベルの使用状況を示すレポートを生成する方法について説明します。

      手順
        ステップ 1   [システム レポート(System Reports)] > [FAC/CMC] > [承認レベル(Authorization Level)] を選択します。

        [承認レベル別のコール詳細(Call Details by Authorization Level)] ウィンドウに、システムで設定されているすべての承認レベルのリストが表示されます。

        ステップ 2   [承認レベルのリスト(List of Authorization Levels)] ボックスで、レポートに含めるレベルを選択します。
        ステップ 3   選択したレベルを [選択された承認レベル(Selected Authorization Levels)] ボックスに追加する場合は、下矢印をクリックします。

        レポートには、このボックスにリスト表示されている、データが使用可能なすべてのレベルが含められます。

        (注)     

        ルート パターンに関連付けられている FAC 承認レベル レポートだけが生成されます。

        ステップ 4   [開始日(From Date)] ドロップダウン リスト ボックスと [終了日(To Date)] ドロップダウン リスト ボックスに、承認レベル情報を参照する期間の日付範囲を入力します。
        ステップ 5   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
        ステップ 6   [レポートの表示(View Report)] をクリックします。

        レポートが表示されます。

        ステップ 7   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

        関連資料

        その他の資料

        • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
        • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
        • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』