Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
ボイス メッセージ使用状況デバイス レポート
ボイス メッセージ使用状況デバイス レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ボイス メッセージ使用状況デバイス レポート

CAR は、管理者、マネージャ、個々のユーザの 3 つのレベルのユーザのためのレポート機能を提供します。 デバイス レポートを生成できるのは、管理者だけです。

デバイス レポートは、会議ブリッジ、ボイス メッセージ サーバ、ゲートウェイなどの Cisco Unified Communications Manager 関連のデバイスの負荷とパフォーマンスを追跡します。

ボイス メッセージ使用状況レポートの生成

ボイス メッセージ使用状況レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。 このレポートは、ボイス メッセージ デバイスの一定期間の最大使用率(%)の推定値を提供します。正確な使用率ではありません。 たとえば、11 時と 12 時の間のボイス メッセージ ポート/ボイス メッセージ DN の使用率は、ボイス メッセージ ポート/ボイス メッセージ DN を使用したコールの継続時間を使用して計算されます。 ボイス メッセージ ポートの使用率は、(その 1 時間にボイス メッセージ ポートを使用したコールの継続時間の合計 × 100)/(1 時間内の最大継続秒数 × 選択されている fromDate から toDate までの間の日数)として計算されます。 ボイス メッセージ DN の使用率は、(その 1 時間にボイス メッセージ DN を使用したコールの継続時間の合計 × 100)/(1 時間内の最大継続秒数 × 選択されている fromDate から toDate までの間の日数 × ボイス メッセージ DN に接続されているゲートウェイ内の最大ポート数)として計算されます。 同じ値が、11 時と 12 時の間の時間の使用率としてレポートに表示されます。

ボイス メッセージング ポートのボイス メッセージ使用状況レポートは、新しく生成したレポートとしてしか確認できません。システムが自動的に生成したレポートとして確認することはできません。

ボイス メッセージング DN のボイス メッセージ使用状況レポートは、自動生成することも、新しいレポートとして生成することもできます。 レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。 詳細については、CAR システム スケジューラを参照してください。


(注)  


CAR ボイス メッセージ使用状況レポートは、Cisco Unity および Cisco Unity Connection のボイス メッセージング システムをサポートします。


ここでは、ボイス メッセージ使用状況レポートを生成し、表示したり、メールで送信したりする方法を説明します。

手順
    ステップ 1   [デバイスレポート(Device Reports)] > [ボイス メッセージング(Voice Messaging)] > [使用状況(Utilization)] を選択します。

    [ボイス メッセージングの使用状況(Voice Messaging Utilization)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [レポートの作成(Generate Report)] フィールドで、次の表に示すように、時間を選択します。
    表 1 [レポートの作成(Generate Report)] フィールド

    パラメータ

    説明

    時間(Hour of Day)

    ステップ 10で指定した期間について、24 時間の期間内の各時間の累積使用率を表示します。

    曜日(Day of Week)

    ステップ 10で指定した期間内に発生した、指定した曜日の使用率を表示します。

    日付(Day of Month)

    ステップ 10で指定した期間内に発生した、指定した日付の使用率を表示します。

    ステップ 3   [使用可能なレポート(Available Reports)] フィールドで、自動生成レポート(選択可能な場合)を選択し、ステップ 12に進むか、または、デフォルト設定 [新規レポートの作成(Generate New Report)] を使用し、ステップ 4に進みます。
    ステップ 4   ボイス メッセージ DN を選択するには、[音声使用状況(Voice Utilization)] ペインの [ボイス メッセージング DN(Voice Messaging DNs)] をクリックします。

    以前に設定済みのボイス メッセージ DN が表示されます。

    (注)     

    このウィンドウに表示されるボイス メッセージ DN は、Cisco Messaging Interface サービスをサポートする VoiceMailDn サービス パラメータで設定したボイス メッセージ DN を表します。 パラメータ名 VoiceMailDn を、マシン上で作成したルーティング パターンに設定します。 この設定は、[Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] を開き、[システム(System)] をクリックして行います。[サービスパラメータ(Service Parameters)] をクリックしてから、サービス [Cisco Messaging Interface] を選択します。

    ステップ 5   ボイス メッセージ DN を選択します。

    選択した DN が、[DN/ポートのリスト(List of DNs/Ports)] リスト ボックスに表示されます。

    ステップ 6   ボイス メッセージ ポートを選択するには、[音声使用状況(Voice Utilization)] ペインの [ボイス メッセージングポート(Voice Messaging Ports)] をクリックします。

    設定済みのボイス メッセージ ポートのリストが表示されます。

    ステップ 7   ポートのリストから、ボイス メッセージ ポートを選択します。

    選択したポートが、[DN/ポートのリスト(List of DNs/Ports)] リスト ボックスに表示されます。

    ステップ 8   [ボイス メッセージング DN/ポートの選択(Select Voice Messaging DNs/Ports)] の下矢印をクリックします。

    選択したポートが、[選択された DN/ポート(Selected DNs/Ports)] リスト ボックスに表示されます。

    ステップ 9   レポートに含める必要のあるポートを選択し終えるまで、ステップ 7ステップ 8を繰り返します。
    (注)     

    このレポートには、最大 5 つのボイス メッセージ ポート/ボイス メッセージ DN を選択できます。 デフォルトのボイス メッセージ DN と 4 つのボイス メッセージ ポートを選択したり、5 つのボイス メッセージ ポートを選択したりできます。

    ステップ 10   [新規レポートの作成(Generate New Report)] を選択した場合は、コール情報を参照する期間の日付範囲を入力します。
    (注)     

    日時の範囲は 1 か月を過ぎないようにしてください。

    ステップ 11   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。
    ステップ 12   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

    レポートが表示されます

    ステップ 13   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

    関連資料

    その他の資料

    • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』