Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
CAR デバイス レポート
CAR デバイス レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CAR デバイス レポート

CAR は、管理者、マネージャ、個々のユーザの 3 つのレベルのユーザのためのレポート機能を提供します。 デバイス レポートを生成できるのは、管理者だけです。

デバイス レポートは、会議ブリッジ、ボイス メッセージ サーバ、ゲートウェイ、トランクなどの Cisco Unified Communications Manager 関連のデバイスの負荷とパフォーマンスを追跡します。

デバイス レポートの概要説明

デバイス レポートは、CAR 管理者が会議ブリッジ、ボイス メッセージ サーバ、ゲートウェイ、トランクなど、Cisco Unified Communications Manager 関連のデバイスの負荷とパフォーマンスを追跡するのに役立ちます。 ここでは、次のデバイス レポートについて説明します。

  • ゲートウェイ(Gateway)
    • 詳細:CAR 管理者が使用できます。 ゲートウェイ詳細レポートを使用すれば、特定のゲートウェイでの問題を追跡できます。 このレポートは、指定されたゲートウェイを使用したコールのリストを提供します。 このレポートを使用すれば、選択したゲートウェイに関する詳細情報を確認できます。 ゲートウェイは、システム上のすべてまたは一部の VG200 ゲートウェイといったようにタイプで指定することもできれば、特定のルート パターンを使用するゲートウェイだけといった指定もできます。 コール タイプと QoS 値に基づいた検索条件も指定できます。
    • 要約:CAR 管理者が使用できます。 ゲートウェイ要約レポートは、ゲートウェイを通過したすべてのコールの概要を提供します。 また、各カテゴリのコールの総数と継続時間、着信、タンデム、発信の別(Long Distance、Local、International、Others、OnNet)、およびシステム上の各ゲートウェイの各 QoS 値の総コール数も提供します。 このレポートを使用して、日々、システムの機能を追跡できます。 さらに調査が必要な問題が見つかった場合は、ゲートウェイ詳細レポートを使用します。
    • 使用状況:CAR 管理者が使用できます。 ゲートウェイ使用状況レポートは、ゲートウェイの使用率(%)の推定値を提供します。 1 日の各時間に基づいた使用率、または 1 週間か 1 ヵ月のうちの指定した日数ごとの使用率を調べることができます。 選択した各ゲートウェイについてレポートが生成されます。 このレポートは、ロード バランシングやキャパシティ プランニングに使用します(ゲートウェイの使用率に応じて、ゲートウェイを追加または削除する必要性を評価できます)。 ゲートウェイは、システム上のすべてまたは一部の VG200 ゲートウェイといったようにタイプで指定することもできれば、特定のルート パターンを使用するゲートウェイだけといった指定もできます。
  • ルート パターン/ハント パイロット
    • ルートおよび回線グループ使用状況:CAR 管理者だけがルートおよび回線グループ使用状況レポートを生成できます。 このレポートは、選択されたルートおよび回線グループの使用率(%)の推定値を提供します。 1 日の各時間に基づいた使用率、または 1 週間か 1 ヵ月のうちの指定した日数ごとの使用率を調べることができます。 選択したルートおよび回線グループについてレポートが生成されます。 このレポートを使用すれば、ルートおよび回線グループのキャパシティが使用要件を満たせるだけの十分なものであるかどうかを分析できます。 結果に基づいて、追加が必要かどうかを判断できます。 ゲートウェイに割り当てられた異なるルートと回線グループまたはルート パターンとハント リストを使用することによりゲートウェイのロード バランシングを行っている場合は、このレポートを使用して、グループ化全体の負荷を見ることができます。 このレポートは、特定のルートと回線グループによるゲートウェイのグループ分けのための使用状況情報を生成する便利な方法も提供します。グループには、指定されたルートと回線グループを使用している任意の H.323 フォールバック ゲートウェイも含まれます。
    • ルート/ハント リスト使用状況:CAR 管理者が使用できます。 ルート/ハント リスト使用状況レポートは、選択されたルート/ハント リストの使用率(%)の推定値を提供します。 1 日の各時間に基づいた使用率、または 1 週間か 1 ヵ月のうちの指定した日数ごとの使用率を調べることができます。 選択した各ルート/ハント リストについてレポートが生成されます。 このレポートを使用すれば、ルートおよび回線グループのキャパシティが使用要件を満たせるだけの十分なものであるかどうかを分析できます。 結果に基づいて、追加が必要かどうかを判断できます。 ゲートウェイに割り当てられた異なるルート/ハント リストを使用することにより、ゲートウェイのロード バランシングを行っている場合は、このレポートを使用して、グループ化全体の負荷を見ることができます。 このレポートは、特定のルート/ハント リストによるゲートウェイのグループ分けのための使用状況情報を生成する便利な方法も提供します。グループには、指定されたルート/ハント リストを使用している任意の H.323 フォールバック ゲートウェイも含まれます。
    • ルート パターン/ハント パイロット使用状況:CAR 管理者が使用できます。 ルート パターン/ハント パイロット使用状況レポートは、選択されたルート パターン/ハント パイロットの使用率(%)の推定値を提供します。 1 日の各時間に基づいた使用率、または 1 週間か 1 ヵ月のうちの指定した日数ごとの使用率を調べることができます。 選択した各ルート パターン/ハント パイロットについてレポートが生成されます。 このレポートを使用すれば、選択したルート パターン/ハント パイロットでのシステム使用状況を分析できます。
    • ハント パイロット要約:CAR 管理者だけがハント パイロット要約レポートを生成します。CDR ハント パイロット コール要約レポートには指定したハント パイロットのコールの詳細が表示されます。 このレポートに表示されるのは、ハント パイロットのコールの概要のみであり、ハント メンバーの情報は含まれません。 CAR 管理者は、最大 5 つのハント パイロット DN に関するレポートを生成できます。
    • ハント パイロット詳細:CAR 管理者だけがハント パイロット詳細コール レポートを生成します。 このレポートには、ハント パイロット番号(ハント メンバ DN)のコールの詳細が表示されます。
  • 会議コール詳細:CAR 管理者が使用できます。 会議コール詳細レポートでは、会議コールと会議ブリッジに関する詳細情報を生成し、表示することができます。 要約レポートは、選択された日付/時間範囲内の会議コールの概要情報を表示しますが、これには個々の会議参加者のコール レッグに関する情報は含まれません。 詳細レポートは、選択された日付/時間範囲内の会議コールに関する詳細情報を表示し、これに個々の会議参加者のコール レッグに関する情報も含まれます。
  • 会議ブリッジ使用状況:CAR 管理者が使用できます。 会議ブリッジ使用状況レポートは、会議ブリッジの使用率(%)の推定値を提供します。 1 日の各時間に基づいた使用率、または 1 週間か 1 ヵ月のうちの指定した日数ごとの使用率を調べることができます。 システム上のすべての会議ブリッジのレポートが生成されます。 このレポートを使用すれば、会議ブリッジ上でのアクティビティを調べて、追加リソースを追加する必要があるかどうかを判断できます。 このレポートは、使用パターンを突き止めるのに役立ち、使用パターンの中に再帰的なピークが見つかれば、キャパシティ プランニングを行えます。
  • ボイス メッセージ使用状況:CAR 管理者が使用できます。 ボイス メッセージ使用状況レポートは、ボイス メッセージ デバイスの使用率(%)の推定値を提供します。 1 日の各時間に基づいた使用率、または 1 週間か 1 ヵ月のうちの指定した日数ごとの使用率を調べることができます。 各ボイス メッセージデバイスについてレポートが生成されます。 このレポートを使用すれば、ボイス メッセージ デバイス上でのアクティビティを調べて、追加リソースを追加する必要があるかどうかを判断できます。 このレポートは、使用パターンを突き止めるのに役立ち、使用パターンの中に再帰的なピークが見つかれば、キャパシティ プランニングを行えます。
  • トランク使用状況:CAR 管理者が使用できます。 トランクの使用状況レポートを作成できるのは CAR 管理者だけです。 このレポートでは、デバイスを通じて渡されたコールの期間に基づいてデバイスの使用状況レポートを計算します。 このレポートは、時間、日、または月単位で作成できます。 選択されたトランクごとにレポートが作成されます。 このレポートをキャパシティ アセスメントに使用できます。 また、トランク経由で接続されているルート グループ、ルート リスト、およびルート パターンの使用状況レポートも生成できます。

関連項目を参照してください。

その他の資料

  • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
  • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
  • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』