Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
CAR システム レポート
CAR システム レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CAR システム レポート

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

  • 管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートを生成します。
  • マネージャ:予算編成またはセキュリティを目的とする場合や、コールの音声品質を判断する場合のコール モニタリングに役立つユーザ、部門、および QoS に関するレポートを生成します。
  • 個々のユーザ:各ユーザのコールの課金レポートを生成します。

(注)  


ユーザの職務権限によっては、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


システム レポートの要約の説明

CDR Analysis and Reporting には、マネージャ用と CAR 管理者用のシステム レポートがあります。 マネージャまたは CAR 管理者は、QoS 要約レポートにアクセスできます。 CAR 管理者だけが、他のすべてのレポートにアクセスできます。 この項では、次のレポートについて取り上げます。

  • QoS
    • 詳細:CAR 管理者が使用できます。 QoS 詳細レポートには、指定した期間に Cisco Unified Communications Manager ネットワークで着信コールと発信コールに分類される QoS レーティングが表示されます。 システム全体でユーザ レベルでのすべてのコールの音声品質をモニタするには、このレポートを使用します。 ユーザが選択する CDR パラメータ、CMR パラメータ、および QoS パラメータのコールの詳細により、特定の音声品質カテゴリをコールに割り当てるための基礎情報が示されます。
    • 要約:マネージャおよび CAR 管理者が使用できます。 このレポートには、指定されたコールの分類および期間に達成された QoS グレードの分布を示す 2 次元円グラフが示されます。 また、レポートには、各 QoS のコールが要約された表も示されます。 ユーザが選択する CDR パラメータ、CMR パラメータ、および QoS パラメータのコールの詳細により、コールを特定の音声品質カテゴリに割り当てるための基礎情報が示されます。 ネットワークを介してすべてのコールの音声品質をモニタするには、このレポートを使用します。
    • ゲートウェイ別:CAR 管理者が使用できます。 このレポートには、ユーザが選択した QoS 基準に一致する、選択された各ゲートウェイでのコールの割合(%)が表示されます。 このレポートは、時間ごと、日ごと、または週ごとに生成できます。
    • コール タイプ別:CAR 管理者が使用できます。 このレポートには、ユーザが選択した QoS 基準に一致する、選択された各コール タイプでのコールの割合(%)が表示されます。 このレポートは、時間ごと、日ごと、または週ごとに生成できます。
  • トラフィック
    • 要約:CAR 管理者が使用できます。 このレポートには、指定した期間のコール量に関する情報が示され、選択したコール タイプおよび QoS 音声品質カテゴリだけが含まれます。 時間ごと、日ごと、週ごとに実行されたコール数を特定するには、このレポートを使用します。 このレポートを使用すると、キャパシティ プランニング目的で、トラフィック パターンが高い場合と低い場合を確認できます。
    • 電話番号別の要約:CAR 管理者が使用できます。 このレポートには、指定した期間および一連の電話番号のコール量に関する情報が示されます。 ユーザが選択したコール タイプおよび電話番号だけが含まれます。 レポートは、時間ごと、日ごと、または週ごとに生成できます。 このレポートでは、指定するユーザ全体における使用状況レベルを集約することによって、使用率が高いユーザまたはグループを特定できます。
  • FAC/CMC
    • クライアント識別コード:CAR 管理者が使用できます。 このレポートを使用すると、管理者は、発信番号と接続先番号、コールが発信された日付と時刻、コールの接続時間(秒単位)、および選択された各クライアント識別コードに関連するコールのコール分類を参照できます。
    • 承認コード名:CAR 管理者が使用できます。 このレポートを使用すると、管理者は、発信番号と接続先番号、コールが発信された日付と時刻、コールの接続時間(秒単位)、コールの分類、および選択された各承認コード名に関連するコールの承認レベルを参照できます。
    • 承認レベル:CAR 管理者が使用できます。 このレポートを使用すると、管理者は、発信番号と接続先番号、コールが発信された日付と時刻、コールの接続時間(秒単位)、承認コード名、および選択された各承認レベルに関連するコールのコール分類を参照できます。
  • 迷惑呼の詳細:CAR 管理者が使用できます。 Cisco Unified Communications Manager 迷惑呼(MCID)サービスは、迷惑呼を追跡します。 迷惑呼詳細レポートには、指定された日付範囲での迷惑呼の詳細が表示されます。
  • 優先コールの要約:CAR 管理者が使用できます。 Cisco Unified Communications Manager Call Precedence サービスを使用すると、認証されたユーザは優先度の低いコールをプリエンプション処理できます。 CAR 優先コール要約レポートの PDF 版には、選択した各優先レベルについて、時刻、曜日、または日付ごとに、棒グラフの形式で優先値に対するコールの要約が表示されます。 CAR により、各優先レベルに関する 1 つのグラフ、コール レッグの数のリストが表示された各優先レベルに関する表、および、優先レベルごとのパーセントによる分布が要約された補足表が生成されます。 CAR では、必要に応じてレポートが作成されます。レポートは自動生成されません。
  • システム概要:CAR 管理者が使用できます。 Cisco Unified Communications Manager リリースのネットワークの高度な画像を参照するには、システム概要レポートを使用します。 システム概要には、次のレポートがあります。
    • 料金を基準とした上位 5 人のユーザ
    • 料金を基準とした上位 5 件の接続先
    • 料金を基準とした上位 5 件のコール
    • 接続時間を基準とした上位 5 人のユーザ
    • 接続時間を基準とした上位 5 件の接続先
    • 接続時間を基準とした上位 5 件のコール
    • トラフィックの要約 - 時間:着信コール、内部電話、国際電話、市内電話、長距離電話、オン ネット コール、その他のコール、タンデム コール、および全コール
    • トラフィックの要約 - 曜日:着信コール、内部電話、国際電話、市内電話、長距離電話、オン ネット コール、その他のコール、タンデム コール、および全コール
    • トラフィックの要約 - 日付:着信コール、内部電話、国際電話、市内電話、長距離電話、オン ネット コール、その他のコール、タンデム コール、および全コール
    • QoS の要約
    • ゲートウェイの要約
  • CDR エラー:CAR 管理者が使用できます。 このレポートには、CAR Billing_Error テーブルのエラー レコード数およびそのエラーの原因の統計が示されます。 CDR データのロード中に CAR で CDR データ エラーが発生したかどうかを特定するには、このレポートを使用します。 このレポートには、無効である CDR の割合(%)、および、CDR が無効であると分類された原因のリストが表示されます。

関連項目を参照してください。

ユーザの検索

CAR の多くのレポートには検索機能があるため、ユーザを検索できます。 次の CAR システム レポートでは、ユーザによる検索がサポートされています。QoS の詳細レポート、電話番号別トラフィックの要約レポート。 [レポートの送信(Send Report)] ボタンを使用すると、生成可能なすべてのレポートを電子メールで送信できます。

はじめる前に

ユーザを検索できるようにするには、[システム レポート(System Reports)] にあるウィンドウを使用する必要があります。

この項では、ユーザを検索する方法について説明します。

手順
    ステップ 1   [ユーザの検索(Search Users)] リンクをクリックします。

    [ユーザ検索(User Search)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [名(First Name)] フィールドおよび [姓(Last Name)] フィールドに、ユーザの名または姓の文字を入力し、[検索(Search)] ボタンをクリックします。

    同じウィンドウに [ユーザ検索結果(User Search Results)] ウィンドウが表示され、入力した検索基準に一致するすべてのユーザのリストが表示されます。

    ステップ 3   必要なユーザの行で、[選択(Select)] リンクをクリックします。

    選択したユーザが、[ユーザ検索(User Search)] ウィンドウの [ユーザのリスト(List of Users)] に追加されます。 この手順を繰り返して、ユーザを追加します。

    ステップ 4   すべてのユーザを追加したら、[ユーザ検索(User Search)] ウィンドウで [閉じる(Close)] ボタンをクリックします。

    関連資料

    その他の資料

    • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』