ビデオ : Cisco RF スイッチ

Cisco uBR 3x10 RF スイッチの Cisco uBR10012 CMTS への ラックマウント手順

発行日;2012/01/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco uBR 3x10 RF スイッチの Cisco uBR10012 CMTS へのラックマウント手順

概要

設置例

必要な機器

必要な工具および機器

設置用ケーブル

ブラケットの取り付け

スイッチのラックへの設置

シャーシのアース接続

ケーブル管理ブラケットの取り付け

技術仕様

関連資料

 

Cisco uBR 3x10 RF スイッチの Cisco uBR10012 CMTS へのラックマウント手順


警告 この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。


概要

このクイック スタート ガイドでは、Cisco uBR10012 CMTS の 4 ポート ラックに Cisco uBR 3x10 RF スイッチを設置する場合の基本的な手順を説明します。

設置を行う前に、『 Cisco RF Switch Regulatory Compliance and Safety Information 』にある安全上の注意事項を参照してください。


ヒント スイッチの過熱を防止するため、通気の良い場所に RF スイッチを設置してください。


設置例

次の図に、Cisco uBR10012 CMTS への Cisco uBR3x10 RF スイッチの設置例を示します。

図1 Cisco uBR10-MC5x20S/U ラインカードを使用してCisco uBR10012 CMTS に搭載した Cisco RF スイッチ

 

図2 Cisco uBR10-LCP2-MC28C ラインカードを使用してCisco uBR10012 CMTS に搭載した Cisco RF スイッチ

 

必要な機器

次の機器は、Cisco uBR 3x10 RF スイッチを標準の 19 インチ 4 ポート ラックに設置する場合に必要です。


) アクセサリ キットに付属しているラック取り付け金具は、23 インチの Telco ラックなど、他のラックには使用できません。


必要な工具および機器

No.2 プラス ドライバ

7/16 インチ マイナス ドライバ

溝付きネジ(1/32 x 3/8)× 8

M5 六角ボルト× 2

4 AWG のアース線

アース ラグ

熱収縮チューブ

ケーブル管理ブラケット

さらネジ(M5 x 8 mm)× 2

ラック取り付け金具× 2

さらネジ(M5 x 8 mm)× 4

設置用ケーブル

3 m ケーブル ― CAB-RFSW5X20TPMF(MCX/MCX コネクタ)

1 m ケーブル ― CABRFSW520TIMM(MCX/MCX コネクタ)

10 m ケーブル ― CABRFSW-3X10-10T(MCX/F コネクタ)

1.2 m ケーブル ― CAB-RFSW-3X10-T(MCX/F コネクタ)


ヒント 設置およびケーブル配線に関する詳細については、『Cisco uBR 3x10 RF Switch Hardware Installation and Cabling Guide』を参照してください。


ブラケットの取り付け


ステップ1 スイッチ前面の左右両側にあるネジ穴を確認します。

ステップ2 シャーシ前面左側のネジ穴に、最初のラック取り付け金具を重ねます。

ステップ3 さらネジ(M5 x 8 mm)を、ラック取り付け金具とシャーシの側面に通します。

ステップ4 No.2 プラス ドライバでネジを締めます。

ステップ5 残りのネジについてもステップ 14 を繰り返します。


 

図3 フロントマウント ブラケット

 

スイッチのラックへの設置


注意 この設置作業は 2 人で行います。


ステップ1 すべてのモジュールがシャーシに固定されていることを確認してください。

ステップ2 背面パネルがカードのコネクタと同じ方向を向くようにシャーシの位置を合わせます。図1 および図2 を参照してください。

ステップ3 シャーシをラック内にスライドさせます。図を参照して、ラックにシャーシを固定する方向を確認します。図1 および図2 を参照してください。

ステップ4 ブラケットが支柱またはマウント ストリップに重なった状態で、ブラケットの穴がマウント ストリップの穴と重なるように、シャーシの位置を調整します。


) ブラケットでシャーシ全体の重量(36.6 ポンド [16.6 kg])を支えるので、必ず 4 本のネジをすべて使用して、2 個のラック取り付け金具をラックの支柱に固定してください。


ステップ5 ブラケットとマウント ストリップに 溝付きネジ(1/32 x 3/8)を 4 本とも(左右に 2 本ずつ)差し込みます。


ヒント 下側のネジから先に差し込んでください。


ステップ6 すべてのネジを締めます。


 

シャーシのアース接続


注意 RF スイッチに電源を接続してオンにする前に、適切なアース接続を行う必要があります。


ステップ1 シャーシの背面左側にあるアース ラグ穴を確認します。

ステップ2 4 AWG のアース線(推奨)を使用して、アース線をアース ラグに挿入します。

ステップ3 露出したアース線を熱収縮チューブで包みます。

ステップ4 2 つの六角ボルトを使用して、シャーシにアース ラグを固定します。

ステップ5 適切なアース位置にアース線を接続します。


 

図4 アース ラグの位置

 

ケーブル管理ブラケットの取り付け

梱包の中にケーブル管理ブラケットが含まれています。このブラケットを使用して、シャーシ内の適切な通気を確保してください。


ステップ1 Cisco uBR10012 シャーシの左右両側にあるネジ穴の位置を確認します。図1 および図2 を参照してください。

ステップ2 ケーブル管理ブラケットとネジ穴の位置を合わせます。

ステップ3 さらネジをブラケットおよびシャーシに通します。

ステップ4 ネジを締めます。


 

図5 ケーブル管理ブラケット

 

技術仕様

 

表1 製品番号および仕様

説明
製品番号/仕様

RF スイッチ(3x10)

UBR-RFSW-3X10

重量

36.6 ポンド(16.6 kg)

寸法
(幅×高さ×奥行)

19 × 15.5 × 5.25 インチ
(482 × 394 × 133 mm)

動作温度

32 ~ 104°F(0 ~ 40°C)

保管温度

-38 ~ 149°F(-40 ~ 70°C)

所要電力

AC

100 ~ 240 VAC、50 ~ 60 Hz

DC

-48/-60 VDC

Cisco IOS Release 12.2(15)BC2 が必要

関連資料

Cisco uBR 3x10 RF Switch Hardware Installation and Cabling Guide

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2929/prod_installation_guides_list.html

Cabling the Cisco uBR 3x10 RF Switch to a Cisco uBR7246VXR Router

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2929/products_quick_start_list.html

Cisco RF Switch Regulatory Compliance and Safety Information

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2929/products_regulatory_approvals_and_compliance_list.html

1 年保証についての詳細は、次の URL で 78-10747-01C0 を入力します。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/cetrans.htm

VCom HD4040 シリーズ IF/RF アップコンバータについての詳細は、次の URL を参照してください。

http://www.vcom.com