Cisco Nexus 9000 シリーズ NX-OS システム管理コンフィギュレーション ガイド リリース 6.x
CDP の設定
CDP の設定
発行日;2014/01/21 | 英語版ドキュメント(2013/11/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CDP の設定

CDP について

CDP の概要

ハイ アベイラビリティ

仮想化サポート

CDP のライセンス要件

注意事項および制約事項

デフォルト設定値

CDP の設定

CDP のグローバルなイネーブルまたはディセーブル

インターフェイス上での CDP のイネーブルまたはディセーブル

CDP オプション パラメータの設定

CDP コンフィギュレーションの確認

CDP のコンフィギュレーション例

その他の関連資料

管理情報ベース(MIB)

CDP の設定

この章では、Cisco NX-OS デバイス上で Cisco Discovery Protocol(CDP)を設定する方法について説明します。

この章は、次の項で構成されています。

「CDP について」

「CDP のライセンス要件」

「注意事項および制約事項」

「デフォルト設定値」

「CDP の設定」

「CDP コンフィギュレーションの確認」

「CDP のコンフィギュレーション例」

「その他の関連資料」

CDP について

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「CDP の概要」

「ハイ アベイラビリティ」

「仮想化サポート」

CDP の概要

Cisco Discovery Protocol(CDP)は、ルータ、ブリッジ、アクセス サーバ、コミュニケーション サーバ、スイッチを含め、シスコ製のあらゆる機器で動作する、メディア独立型およびプロトコル独立型のプロトコルです。CDP を使用すると、デバイスに直接接続されているすべてのシスコ デバイスの情報を検出して表示できます。

CDP はネイバー デバイスのプロトコル アドレスを収集し、各デバイスのプラットフォームを検出します。CDP の動作はデータリンク層上に限定されます。異なるレイヤ 3 プロトコルをサポートする 2 つのシステムで相互学習が可能です。

CDP が設定された各デバイスは、マルチキャスト アドレスに定期的にアドバタイズメントを送信します。各デバイスは、SNMP メッセージを受信できるアドレスを少なくとも 1 つアドバタイズします。アドバタイズメントには保持時間情報も含まれます。保持時間は、受信デバイスが CDP 情報を削除するまでに保持する時間の長さを表します。アドバタイズメントまたはリフレッシュ タイマーおよびホールド タイマーを設定できます。

CDP Version-2(CDPv2)では、接続デバイス間でポート デュプレックス ステートが一致していないインスタンスを追跡できます。

CDP では、次の TLV フィールドがアドバタイズされます。

デバイス ID

アドレス

ポート ID

Capabilities

Version

Platform

Full/Half Duplex

MTU

SysName

SysObjectID

Management Address

Physical Location

ハイ アベイラビリティ

Cisco NX-OS は、CDP のステートフルおよびステートレスのリスタートおよびスイッチオーバーをサポートします。ハイ アベイラビリティの詳細については、『 Cisco Nexus 9000 Series NX-OS High Availability and Redundancy Guide 』を参照してください。

仮想化サポート

Cisco NX-OS は、CDP のインスタンスを 1 つサポートします。

CDP のライセンス要件

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

CDP にはライセンスは不要です。ライセンス パッケージに含まれていない機能は nx-os イメージにバンドルされており、無料で提供されます。Cisco NX-OS のライセンス スキームの詳細については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

注意事項および制約事項

CDP に関する設定時の注意事項および制約事項は、次のとおりです。

接続数が 256 のハブにポートを接続した場合、CDP はポートあたり最大 256 のネイバーを検出できます。

デバイス上で CDP をイネーブルにする必要があります。イネーブルにしておかないと、インターフェイス上で CDP をイネーブルにできません。

CDP を設定できるのは、物理インターフェイスおよびポート チャネル上に限られます。

デフォルト設定値

表 3-1 に CDP のデフォルト設定を示します。

 

表 3-1 CDP のデフォルト設定

パラメータ
デフォルト

CDP

グローバルおよびすべてのインターフェイスでイネーブル

CDP version

バージョン 2

CDP device ID

Serial number

CDP timer

60 秒

CDP hold timer

180 秒

CDP の設定

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「CDP のグローバルなイネーブルまたはディセーブル」

「インターフェイス上での CDP のイネーブルまたはディセーブル」

「CDP オプション パラメータの設定」


) Cisco NX-OS コマンドは Cisco IOS コマンドと異なる場合があるので注意してください。


CDP のグローバルなイネーブルまたはディセーブル

CDP はデフォルトで有効になっています。CDP をディセーブルにしてから、もう一度イネーブルにできます。

インターフェイス上で CDP をイネーブルにするには、先にデバイス上で CDP をイネーブルにしておく必要があります。CDP がグローバルなディセーブルになっているときに、特定のインターフェイス上で CDP をイネーブルにしても、これらのインターフェイス上で CDP がアクティブになることはなく、エラー メッセージが戻ります。

手順の概要

1. configure terminal

2. cdp enable

3. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

Example:

switch# configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

cdp enable

 

Example:

switch(config)# cdp enable

デバイス全体で CDP 機能をイネーブルにします。この設定はデフォルトでイネーブルになっています。

ステップ 3

copy running-config startup-config

 

Example:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)リブートおよびリスタート時に実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーして、変更を継続的に保存します。

no cdp enable コマンドを使用して、デバイスで CDP 機能をディセーブルにします。

 

コマンド
目的

no cdp enable

 

Example:

switch(config)# no cdp enable

デバイスで CDP 機能をディセーブルにします。

CDP 機能をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# cdp enable

 

インターフェイス上での CDP のイネーブルまたはディセーブル

CDP はデフォルトで、インターフェイス上でイネーブルです。インターフェイス上で CDP をディセーブルにできます。

CDP がグローバルなディセーブルになっているときに、特定のインターフェイス上で CDP をイネーブルにしても、これらのインターフェイス上で CDP がアクティブになることはなく、エラー メッセージが戻ります。

手順の概要

1. configure terminal

2. interface interface-type slot/port

3. cdp enable

4. show cdp interface interface-type slot/port

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

Example:

switch# configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-type slot/port

 

Example:

switch(config)# interface ethernet 1/2

switch(config-if)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

cdp enable

 

Example :

switch(config-if)# cdp enable

このインターフェイスで CDP をイネーブルにします。この設定はデフォルトでイネーブルになっています。

(注) CDP がイネーブルになっていることを確認します(「CDP のグローバルなイネーブルまたはディセーブル」を参照)。

ステップ 4

show cdp interface interface-type slot/port

 

Example :

switch(config-if)# show cdp interface ethernet 1/2

(任意)インターフェイスの CDP 情報を表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

Example:

switch(config-if)# copy running-config startup-config

(任意)リブートおよびリスタート時に実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーして、変更を継続的に保存します。

イーサネット 1/2 で CDP をディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# interface ethernet 1/2

switch(config-if)# no cdp enable

switch(config-if)# copy running-config startup-config

 

ポート チャネル 2 で CDP をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# interface port-channel 2

switch(config-if)# cdp enable

switch(config-if)# copy running-config startup-config

 

CDP オプション パラメータの設定

CDP を変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のオプション コマンドを使用します。

 

コマンド
目的

cdp advertise { v1 | v2 }

 

Example:

switch(config)# cdp advertise v1

デバイスがサポートする CDP のバージョンを設定します。デフォルトは v2 です。

cdp format device-id { mac-address | serial-number | system-name }

 

Example:

switch(config)# cdp format device-id mac-address

CDP デバイス ID を設定します。オプションは次のとおりです。

mac-address:シャーシの MAC アドレス

serial-number:シャーシのシリアル番号/組織固有識別子(OUI)

system-name:システム名または完全修飾ドメイン名。

デフォルトでは system-name です。

cdp holdtime seconds

 

Example:

switch(config)# cdp holdtime 150

CDP ネイバー情報を削除するまでに保持する時間を設定します。範囲は 10 ~ 255 秒です。デフォルト値は 180 秒です。

cdp timer seconds

 

Example:

switch(config)# cdp timer 50

CDP がネイバーにアドバタイズメントを送信するリフレッシュ タイムを設定します。範囲は 5 ~ 254 秒です。デフォルトは 60 秒です。

CDP コンフィギュレーションの確認

CDP の設定を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

show cdp all

CDP がイネーブルになっているすべてのインターフェイスを表示します。

show cdp entry { all | name entry-name }

CDP データベース エントリを表示します。

show cdp global

CDP グローバル パラメータを表示します。

show cdp interface interface-type slot/port

CDP インターフェイスのステータスを表示します。

show cdp neighbors { device-id | interface interface-type slot/port } [ detail ]

CDP ネイバーのステータスを表示します。

show cdp traffic interface interface-type slot/port

インターフェイスの CDP トラフィック統計を表示します。

インターフェイスの CDP 統計情報を消去するには、 clear cdp counters コマンドを使用します。

1 つまたはすべてのインターフェイスの CDP キャッシュを消去するには、 clear cdp table コマンドを使用します。

CDP のコンフィギュレーション例

CDP 機能をイネーブルにして、リフレッシュ タイマーおよびホールド タイマーを設定する例を示します。

configure terminal
cdp enable
cdp timer 50
cdp holdtime 100
 

その他の関連資料

CDP の実装に関する詳細情報については、次の項を参照してください。

「管理情報ベース(MIB)」

管理情報ベース(MIB)

 

MIB
MIB のリンク

CDP に関連する MIB

サポートされている MIB を検索およびダウンロードするには、次の URL にアクセスしてください。

ftp://ftp.cisco.com/pub/mibs/supportlists/nexus9000/Nexus9000MIBSupportList.html