Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
T コマンド
T コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

T コマンド

test forwarding distribution perf

test forwarding inconsistency

T コマンド

この章では、T で始まる Cisco NX-OS ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)コマンドと転送情報ベース(FIB)のコマンドを示します。

test forwarding distribution perf

Forwarding Information Base(FIB; 転送情報ベース)転送分散のパフォーマンスをテストするには、 test forwarding distribution perf コマンドを使用します。

test forwarding distribution perf

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ライセンスが必要です。

次に、転送分散のパフォーマンスをテストする例を示します。

switch# test forwarding distribution perf
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding distribution

FIB に関する情報を表示します。

test forwarding inconsistency

Forwarding Information Base(FIB)のレイヤ 3 整合性チェッカーをトリガーするには、 test forwarding inconsistency コマンドを使用します。

test forwarding inconsistency [ ip | ipv4 | ipv6 ] [ unicast ] [ vrf vrf-name ] [ module { slot | all }] [ stop ]

 
構文の説明

ip

(任意)IPv4 ルートの不一致チェックを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 ルートの不一致チェックを指定します。

ipv6

(任意)IPv6 ルートの不一致チェックを指定します。

unicast

(任意)ユニキャスト ルートの不一致チェックを指定します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)コンテキスト名を指定します。名前には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

module

(任意)1 つまたは複数のモジュールの不一致チェックを指定します。

slot

モジュール番号。範囲はプラットフォームに依存します。

all

(任意)すべてのモジュールの不一致チェックを指定します。

stop

(任意)不一致チェックを停止します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ライセンスが必要です。

次に、すべてのモジュールのレイヤ 3 整合性チェッカーをトリガーする例を示します。

switch# test forwarding inconsistency module all
 

次に、すべてのモジュールのレイヤ 3 整合性チェッカーを停止する例を示します。

switch# test forwarding inconsistency module all stop
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear forwarding inconsistency

FIB 不一致をクリアします。

show forwarding inconsistency

FIB 不一致に関する情報を表示します。