Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
ユニキャスト ルーティング show コマンド
ユニキャスト ルーティング show コマンド
発行日;2012/03/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

ユニキャスト ルーティング show コマンド

show bgp

show bgp community

show bgp community-list

show bgp extcommunity

show bgp extcommunity-list

show bgp neighbors

show bgp sessions

show bgp statistics

show forwarding

show forwarding distribution

show forwarding inconsistency

show hsrp

show hsrp delay

show hsrp summary

show ip adjacency

show ip adjacency summary

show ip arp

show ip arp summary

show ip bgp

show ip bgp all

show ip bgp community

show ip bgp community exact-match

show ip bgp community-list

show ip bgp dampening

show ip bgp extcommunity

show ip bgp extcommunity-list

show ip bgp filter-list

show ip bgp flap-statistics

show ip bgp neighbors

show ip bgp nexthop

show ip bgp nexthop-database

show ip bgp paths

show ip bgp peer-policy

show ip bgp peer-session

show ip bgp peer-template

show ip bgp prefix-list

show ip bgp received-paths

show ip bgp route-map

show ip bgp summary

show ip client

show ip community-list

show ip eigrp

show ip eigrp accounting

show ip eigrp interfaces

show ip eigrp neighbors

show ip eigrp route

show ip eigrp route-map statistics

show ip eigrp topology

show ip eigrp traffic

show ip fib

show ip fib distribution

show ip interface

show ip load-sharing

show ip ospf

show ip ospf border-routers

show ip ospf database

show ip ospf interface

show ip ospf lsa-content-changed-list

show ip ospf neighbors

show ip ospf policy statistics area

show ip ospf policy statistics redistribute

show ip ospf request-list

show ip ospf retransmission-list

show ip ospf route

show ip ospf statistics

show ip ospf summary-address

show ip ospf traffic

show ip ospf virtual-links

show ip prefix-list

show ip process

show ip rip

show ip rip interface

show ip rip neighbor

show ip rip policy statistics

show ip rip route

show ip rip statistics

show ip route

show ip static-route

show ip traffic

show mac-list

show routing

show routing memory estimate

show routing-context

show routing hash

show running-config arp

show running-config eigrp

show running-config ospf

show sockets client

show sockets connection

show sockets statistics

show startup-config arp

show track

show vrrp

ユニキャスト ルーティング show コマンド

この章では、Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチで使用できる Cisco NX-OS ユニキャストルーティング show コマンドについて説明します。

show bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show bgp コマンドを使用します。

show bgp { all | ipv4 { unicast | multicast } [ addr | prefix [ longer-prefixes ]] [ vrf vrf-name | all ] }

 
構文の説明

all

すべてのアドレス ファミリについて、BGP 情報を表示します。

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

addr

(任意)選択したアドレス ファミリからのネットワーク。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

longer-prefixes

(任意)プレフィクスとより詳しいルートを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

BGP に関する情報を表示するには、 show bgp コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP テーブルのエントリを表示する例を示します。

switch# show bgp ipv4 multicast
BGP routing table information for VRF default, address family IPv4 Multicast
BGP table version is 5, local router ID is 2.2.2.3
Status: s-suppressed, x-deleted, S-stale, d-dampened, h-history, *-valid, >-best
Path type: i-internal, e-external, c-confed, l-local, a-aggregate, r-redist
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete, | - multipath
 
Network Next Hop Metric LocPrf Weight Path
l92.168.1.3 0.0.0.0 100 32768 i
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear bgp

BGP テーブルのエントリをクリアします。

show bgp community

コミュニティと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show bgp community コマンドを使用します。

show bgp {{ ip | ipv4 } { unicast | multicast }} community [ as-number ] no-advertise ] [ no-export ] [ no-export-subconfed ] [ exact-match ]} [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

as-number

(任意)AS 番号。AS 番号は、<上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> 形式の 16 ビットの整数または 32 ビットの整数です。

no-advertise

(任意)no-advertise コミュニティを表示します。

no-export

(任意)no-export コミュニティを表示します。

no-export-subconfed

(任意)no-export-subconfed コミュニティを表示します。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、コミュニティと一致するルートを表示する例を示します。

switch# show bgp ip multicast community no-advertise
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

コミュニティ リストを作成します。

show bgp community-list

コミュニティ リストと一致する BGP ルートを表示するには、 show bgp community-list コマンドを使用します。

show bgp {{ ip | ipv4 } { unicast | multicast }} community-list commlist-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

commlist-name

コミュニティ リストの名前。commlist-name には、大文字と小文字が区別される最大 63 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、コミュニティ リストと一致するルートを表示する例を示します。

switch(config)# show bgp ip unicast community-list test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

コミュニティ リストを作成します。

show bgp extcommunity

拡張コミュニティと一致する BGP ルートを表示するには、 show bgp extcommunity コマンドを使用します。

show bgp {{ ip | ipv4 } { unicast | multicast } } extcommunity 4byteas-generic { non-transitive | transitive } [ as4-number ] [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

4byteas-generic

汎用特定拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

non-transitive

非推移的拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

transitive

推移的拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

as4-number

AS 番号。 as4-number は、プレーンテキスト整数または <上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> の形式の 32 ビット整数です。

exact-match

(任意)拡張コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)コンテキスト名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、拡張コミュニティと一致するルートを表示する例を示します。

switch(config)# show bgp ip unicast extcommunity 4byteas-generic transitive 1.3:30
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip extcommunity-list

拡張コミュニティ リストを作成します。

show bgp extcommunity-list

拡張コミュニティ リストと一致する BGP ルートを表示するには、 show bgp extcommunity-list コマンドを使用します。

show bgp {{ ip | ipv4 } { unicast | multicast } } extcommunity-list commlist-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

commlist-name

拡張コミュニティ リストの名前。 commlist-name には、大文字と小文字が区別される最大 63 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

exact-match

(任意)拡張コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、コミュニティ リストと一致するルートを表示する例を示します。

switch(config)# show bgp ipv4 unicast extcommunity-list test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip extcommunity-list

拡張コミュニティ リストを作成します。

show bgp neighbors

BGP ネイバーを表示するには、 show bgp neighbors コマンドを使用します。

show bgp { ip | ipv4 } { unicast | multicast } neighbors [ addr [ advertised-routes | flap-statistics | paths | received-routes | routes [ advertised | dampened | received ]]] [ vrf { all | vrf-name }]

 
構文の説明

ip

IPv4 ネイバー情報を表示します。

ipv4

IPv4 ネイバー情報を表示します。

unicast

ユニキャスト ネイバー情報を表示します。

multicast

マルチキャスト ネイバー情報を表示します。

addr

IPv4 アドレス。形式は、x.x.x.x です。

advertised-routes

(任意)このネイバーにアドバタイズされたすべてのルートを表示します。

flap-statistics

(任意)このネイバーから受信されたルートのフラップ統計情報を表示します。

paths

(任意)このネイバーから取得された AS パスを表示します。

received-routes

(任意)このネイバーから受信されたすべてのルートを表示します。

routes

(任意)このネイバーとの間で受信またはアドバタイズされたルートを表示します。

advertised

(任意)このネイバー用にアドバタイズされたすべてのルートを表示します。

dampened

(任意)このネイバーから受信されたすべてのダンプニングされたルートを表示します。

received

(任意)このネイバーから受信されたすべてのルートを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

すべての VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ネイバーを表示する例を示します。

switch(config)# show bgp ip unicast neighbors
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp neighbors

IPv4 BGP 情報を表示します。

show bgp sessions

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)セッションを表示するには、 show bgp sessions コマンドを使用します。

show bgp sessions [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP セッションを表示する例を示します。

switch# show bgp sessions
Total peers 2, established peers 0
ASN 102
VRF default, local ASN 102
peers 2, established peers 0, local router-id 2.2.2.3
State: I-Idle, A-Active, O-Open, E-Established, C-Closing, S-Shutdown
 
Neighbor ASN Flaps LastUpDn|LastRead|LastWrit St Port(L/R) Notif(S/R)
10.0.0.100 64497 0 01:31:58|never |never I 0/0 0/0
192.168.1.3 0 0 00:03:25|never |never I 0/0 0/0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear bgp

BGP セッションをクリアします。

show bgp statistics

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)トラフィック統計情報を表示するには、 show bgp statistics コマンドを使用します。

show bgp statistics

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP トラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show bgp statistics
 
Neighbor aggregated statistics (sent/received)
Msgs Bytes Opens Updates
 
0/0 0/0 0/0 0/0
 
 
Keepalives Notifications Route-refresh Capabilities
 
0/0 0/0 0/0 0/0
 
 
BGP I/O Information
Active Open attempts : 0
Passive Open attempts : 0
BGP I/O Open loops : 117
BGP I/O Open calls : 0
BGP I/O Open recv calls : 0
BGP I/O Send calls : 0
BGP I/O Recv calls : 0
BGP I/O Write calls : 0
BGP I/O Write loops : 1
BGP I/O Write loop yields : 0
BGP I/O Read calls : 0
BGP I/O Read loops : 117
BGP I/O Read loop yields : 0
BGP I/O process nlri yields : 0
BGP I/O process withdraw yields : 0
BGP Read time exceeded : 0
BGP Update send pending : 0
BGP Update buffer not available : 0
BGP Update walk suspended : 0
BGP Yielded in updates : 0
BGP Yielded in packing : 0
BGP No sendbuf for peer : 0
BGP No withdraw buf for peer : 0
BGP Yields in update peer loop : 0
No updates pending or no buffers : 1
No data to write : 1
Msg queue recv errors : 0
Sockets create/accept/close : 2/0/0
Sockets create retries/failures : 0/0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear bgp

BGP セッションをクリアします。

show forwarding

転送情報を表示するには、 show forwarding コマンドを使用します。

show forwarding [ ip | ipv4 ] { adjacency | interfaces | route | trace [ clear ] | table id | pss | route } [ module slot ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

(任意)IPv4 転送情報を表示します。

ipv4

(任意)IPv4 転送情報を表示します。

adjacency

隣接関係情報を表示します。

interfaces

モジュール上のインターフェイスの転送情報を表示します。

route

モジュール上のルートの転送情報を表示します。

trace

モジュール上の転送トレース バッファを表示します。

clear

(任意)モジュール上の転送トレース バッファをクリアします。

table id

ルート テーブルの転送情報を表示します。 id の範囲は 0 ~ 2147483647 です。

pss

永久ストレージからのルート情報を表示します。

route

IP ルーティング テーブルからのルート情報を表示します。

module slot

(任意)モジュールに関する情報を表示します。スロット範囲は、ハードウェア プラットフォームによって異なります。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

モジュールで転送情報を表示するには、スーパーバイザで show forwarding コマンドを使用します。任意で attach module コマンドを使用してモジュールを接続し、モジュールで show forwarding コマンドを使用できます。

次に、モジュール 2 の転送情報を表示する例を示します。

switch# show forwarding route module 2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip fib

FIB に関する情報を表示します。

show forwarding distribution

転送分散情報を表示するには、 show forwarding distribution コマンドを使用します。

show forwarding distribution [ clients | fib-state ]

 
構文の説明

clients

(任意)ユニキャスト クライアントの転送分散情報を表示します。

fib-state

(任意)ユニキャスト転送情報ベース(FIB)の転送分散ステートを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ユニキャスト クライアントの転送情報を表示する例を示します。

switch# show forwarding distribution clients
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip fib distribution

FIB に関する分散情報を表示します。

show forwarding inconsistency

転送不一致チェッカーの結果を表示するには、 show forwarding inconsistency コマンドを使用します。

show forwarding inconsistency [ ip | ipv4 ] [ unicast ] module slot [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

(任意)IPv4 転送不一致情報を表示します。

ipv4

(任意)IPv4 転送不一致情報を表示します。

unicast

(任意)ユニキャスト ルートの転送不一致情報を表示します。

module slot

モジュールの不一致情報を表示します。スロット範囲は、ハードウェア プラットフォームによって異なります。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの不一致情報を表示します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

test forwarding inconsistency コマンドの結果を表示するには、 show forwarding inconsistency コマンドを使用します。

次に、モジュール 2 の転送不一致情報を表示する例を示します。

switch# show forwarding inconsistency module 2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear forwarding inconsistency

転送不一致チェッカーをクリアします。

test forwarding inconsistency

転送不一致チェッカーをトリガーします。

show hsrp

Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)グループごとの HSRP 情報を表示するには、 show hsrp コマンドを使用します。

show hsrp [ interface { ethernet slot / port | port-channel number | vlan vlan-id }] [ group group-number ] [ active | init | listen | standby ] [ all ] [ brief ] [ detail ] [ ipv4 ]

 
構文の説明

interface

(任意)HSRP 情報を表示するためのインターフェイスを指定します。

ethernet slot / port

イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

EtherChannel インターフェイスおよびEtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

vlan vlan-id

VLAN インターフェイスを指定します。範囲は 1 ~ 4094 です。

group group-number

(任意)情報を表示するインターフェイスの HSRP グループ番号を指定します 範囲は 0 ~ 4095 です。

active

(任意)Active ステートである HSRP グループを表示します。

init

(任意)Initialization ステートである HSRP グループを表示します。

listen

(任意)Listen ステートである HSRP グループを表示します。

standby

(任意)Standby ステートである HSRP グループを表示します。

all

(任意)すべての HSRP グループを表示します。

brief

(任意)1 行の出力で各仮想ゲートウェイまたは仮想フォワーダの要約を示します。

detail

(任意)HSRP グループに関する詳細情報を表示します。

ipv4

(任意)HSRP IPv4 グループを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

HSRP グループに関する情報を表示するには、 show hsrp コマンドを使用します。 brief キーワードは、各仮想ゲートウェイまたは仮想フォワーダに関する情報を 1 行で表示します。

認証を設定していない場合は、 show hsrp コマンドにより次の文字列が表示されます。

Authentication text "cisco"
 

これは、 RFC 2281 で定義されている HSRP のデフォルトの動作です。

If no authentication data is configured, the RECOMMENDED default
value is 0x63 0x69 0x73 0x63 0x6F 0x00 0x00 0x00.
 

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、HSRP に関するデフォルト情報を表示する例を示します。

switch# show hsrp
Vlan1 - Group 1 (HSRP-V1) (IPv4)
Local state is Active, priority 150 (Cfged 150), may preempt
Forwarding threshold(for vPC), lower: 1 upper: 150
Preemption Delay (Seconds) Reload:300
Hellotime 3 sec, holdtime 10 sec
Next hello sent in 0.793000 sec(s)
Virtual IP address is 10.1.1.3 (Cfged)
Active router is local
Standby router is unknown
Authentication text "cisco"
Virtual mac address is 0000.0c07.ac01 (Default MAC)
17 state changes, last state change 1w0d
IP redundancy name is hsrp-Vlan1-1 (default)
...
 

) 前述の例の認証文字列は、インターフェイスに認証が設定されていないことを表します。


次に、HSRP 情報の簡単なサマリーを表示する例を示します。

switch# show hsrp brief
P indicates configured to preempt.
|
Interface Grp Prio P State Active addr Standby addr Group addr
Vlan1 1 150 P Active local unknown 10.1.1.3 (conf)
Vlan2 2 150 P Active local unknown 10.1.2.3 (conf)
...
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP 機能をイネーブルにします。

show hsrp delay

ホットスタンバイ ルータ プロトコル(HSRP)グループの遅延情報を表示するには、 show hsrp delay コマンドを使用します。

show hsrp delay [ interface { ethernet slot / port | port-channel number [ . sub_if_number ] | vlan vlan_id }] [ group group-number ] [ all ] [ brief ]

 
構文の説明

interface

(任意)HSRP 情報を表示するインターフェイス タイプおよび番号を指定します。

ethernet slot/port

(任意)イーサネット インターフェイスを指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスを指定します。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

sub_if-number

(任意)サブインターフェイス番号。有効な範囲は 1 ~ 4093 です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN インターフェイスを指定します。範囲は 1 ~ 4094 です。

group group-number

(任意)情報を表示するインターフェイスの HSRP グループ番号を指定します 範囲は 0 ~ 4095 です。

all

(任意)すべての HSRP 情報を指定します。

brief

(任意)簡単な HSRP 情報を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、HSRP の遅延情報を表示する例を示します。

switch# show hsrp delay
---------------------------------
Interface Minimum Reload
---------------------------------
Eth1/5 30 0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

delay minimum

HSRP グループの遅延情報を設定します。

feature hsrp

HSRP 機能をイネーブルにします。

hsrp delay

HSRP グループの遅延情報を設定します。

show hsrp summary

HSRP グループごとの HSRP サマリー情報を表示するには、 show hsrp summary コマンドを使用します。

show hsrp summary

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、HSRP 情報のサマリーを表示する例を示します。

switch# show hsrp summary
 
HSRP Summary:
 
Extended-hold (NSF) disabled
Global HSRP-BFD disabled
 
Total Groups: 1
Version:: V1-IPV4: 1 V2-IPV4: 0 V2-IPV6: 0
State:: Active: 0 Standby: 0 Listen: 0
State:: V6-Active: 0 V6-Standby: 0 V6-Listen: 0
 
Total HSRP Enabled interfaces: 1
 
Total Packets:
Tx - Pass: 0 Fail: 0
Rx - Good: 0
 
Packet for unknown groups: 0
 
Total MTS: Rx: 25
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP 機能をイネーブルにします。

hsrp

HSRP グループを設定します。

show ip adjacency

隣接情報を表示するには、 show ip adjacency コマンドを使用します。

show ip adjacency [ ip-addr | interface ] [ detail ] [ non-best ] [ statistics ] [ summary ]
[ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ip-addr

(任意)IPv4 送信元アドレス。形式は x.x.x.x です。

interface

(任意)インターフェイス。 ? を使用してサポートされているインターフェイス タイプを特定します。

detail

(任意)詳細な隣接関係情報を表示します。

non-best

(任意)最適な、および最適でない隣接関係情報を表示します。

statistics

(任意)隣接関係統計情報を表示します。

summary

(任意)隣接関係情報のサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF エントリの隣接関係統計情報を表示します。

default

(任意)デフォルト VRF の隣接関係統計情報を表示します。

management

(任意)管理 VRF の隣接関係統計情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show ip adjacency { statistics | detail } コマンドの出力内のカウンタ値は、スーパーバイザ モジュールのスイッチオーバー後に作成されます。

次に、隣接情報のサマリーを表示する例を示します。

switch# show ip adjacency summary
 
IP Adjacency Table for VRF default
Total number of entries: 1
Address MAC Address Pref Source Interface
2.2.2.100 000a.000a.000a 1 Static Ethernet1/2
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding adjacency

転送隣接関係情報を表示します。

show ip adjacency summary

IP 隣接サマリーを表示するには、show ip adjacency summary コマンドを使用します。

show ip adjacency summary

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、IP 隣接サマリーを表示する例を示します。

switch# show ip adjacency summary
I
IP AM Table - Adjacency Summary
 
Static : 1
Dynamic : 0
Others : 0
Total : 1
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp timeout

ARP を設定します。

show ip arp

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)情報を表示するには、 show ip arp コマンドを使用します。

show ip arp [ ip-addr | { ethernet slot / port | loopback if_number | mgmt mif_number | port-channel number } ] [ client ] [ static ] [ statistics ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip-addr

(任意)IPv4 送信元アドレス。形式は x.x.x.x です。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスを指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

mgmt mif_number

(任意)管理インターフェイスを指定します。管理インターフェイス番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

client

(任意)ARP クライアント テーブルを表示します。

static

(任意)スタティック ARP エントリを表示します。

statistics

(任意)ARP 統計情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP 情報を表示する例を示します。

switch# show ip arp
 
Flags: D - Static Adjacencies attached to down interface
 
IP ARP Table for context default
Total number of entries: 1
Address Age MAC Address Interface
2.2.2.100 - 000a.000a.000a Ethernet1/2
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp

スタティック ARP エントリを設定します。

show ip arp summary

ARP 隣接サマリーを表示するには、show ip arp summary コマンドを使用します。

show ip arp summary

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP 隣接サマリーを表示する例を示します。

switch# show ip arp summary
 
IP ARP Table - Adjacency Summary
 
Resolved : 0
Incomplete : 0
Unknown : 0
Total : 0
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp timeout

ARP を設定します。

show ip bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)テーブルのエントリを表示するには、 show ip bgp コマンドを使用します。

show ip bgp [ ip-addr | ip-prefix [ longer-prefixes ]] [ received-paths ] [ regexp expression ] [ route-map map-name ] [ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip-addr

(任意)BGP ルート テーブルからのネットワーク。形式は x.x.x.x です。

ip-prefix

(任意)BGP ルート テーブルからのプレフィクス。形式は x.x.x.x/length です。

longer-prefixes

(任意)プレフィクスとより詳しいルートを表示します。

received-paths

(任意)ソフト リコンフィギュレーション用に保存されたパスを表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

route-map map-name

(任意)ルート マップと一致するルートを表示します。マップ名には、大文字と小文字が区別される最大 63 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

summary

(任意)ルートのサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルーティング テーブルを表示する例を示します。

switch(config-router)# show ip bgp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip bgp

BGP ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ip bgp all

すべてのアドレス ファミリのボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)エントリを表示するには、 show ip bgp all コマンドを使用します。

show ip bgp all [ ip-addr | ip-prefix [ longer-prefixes ]] [ filter-list list-name ] [ community-list commlist-name [ exact-match ]] [ flap-statistics ] [ nexthop-database ] [ received-paths ] [ regexp expression ][ route-map map-name ] [ summary ] [ vrf { vrf-name | all }]

show ip bgp all community [ comm-name ] [{{ internet | no-advertise | no-export | no-export-subconfed } | exact-match }] [ vrf { vrf-name | all }]

show ip bgp all extcommunity 4byteas-generic { non-transitive | transitive } [ as4-number ] [ exact-match ] [ vrf { vrf-name | all }]

show ip bgp all dampening { dampened-paths [ regexp expression ] | flap-statistics | history-paths [ regexp expression ] | parameters } [ vrf { vrf-name | all }]

show ip bgp all neighbors [ ip-addr [ advertised-routes | flap-statistics | paths | received-routes | routes [ advertised | dampened | received ]]] [ vrf { vrf-name | all }]

 
構文の説明

ip-addr

(任意)BGP ルート テーブルからのネットワーク。形式は x.x.x.x です。

ip-prefix

(任意)BGP ルート テーブルからのプレフィクス。形式は x.x.x.x/length です。

longer-prefixes

(任意)プレフィクスとより詳しいルートを表示します。

filter-list

(任意)フィルタ リストと一致する BGP ルートを表示します。

list-name

フィルタ リストの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

community-list commlist-name

(任意)コミュニティ リストと一致するルートを表示します。commlist-name には、大文字と小文字が区別される最大 63 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

flap-statistics

ルートのフラップ統計情報を表示します。

nexthop-database

(任意)BGP ネクスト ホップ データベースを表示します。

received-paths

(任意)ソフト リコンフィギュレーション用に保存されたパスを表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

route-map map-name

(任意)ルート マップと一致するルートを表示します。マップ名には、大文字と小文字が区別される最大 63 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

summary

(任意)ルートのサマリーを表示します。

community

コミュニティ リストと一致する BGP ルートを表示します。

community-number

(任意)コミュニティ番号。有効値は 1 ~ 4294967200 のコミュニティ番号、または AA : NN (自律システム コミュニティ番号/2 バイト番号)。

no-export

(任意)同じ自律システム内のピアへのみ、または連合内の他のサブ自律システムへのみアドバタイズされる、このコミュニティのルートを表示します。

no-advertise

(任意)(内部または外部の)どのピアにもアドバタイズされないルートを表示します。

no-export-subconfed

(任意)既知のコミュニティ no-export-subconfed に属するルートを表示します。

internet

(任意)既知のコミュニティ internet community に属するルートを表示します。

extcommunity

拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

4byteas-generic

(任意)汎用特定拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

non-transitive

(任意)非推移的拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

transitive

(任意)推移的拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

as4-number

(任意)AS 番号。 as4-number は、プレーンテキスト整数または <上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> の形式の 32 ビット整数です。

exact-match

(任意)拡張コミュニティの完全一致を表示します。

dampening

すべてのダンプニング情報を表示します。

dampened-paths

(任意)すべてのダンプニングされたパスを表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

history-paths

(任意)履歴パスをすべて表示します。

parameters

(任意)ダンプニング パラメータをすべて表示します。

neighbors

すべての BGP ネイバーを表示します。

advertised-routes

(任意)このネイバーにアドバタイズされたすべてのルートを表示します。

flap-statistics

(任意)このネイバーから受信されたルートのフラップ統計情報を表示します。

paths

(任意)このネイバーから取得された AS パスを表示します。

received-routes

(任意)このネイバーから受信されたすべてのルートを表示します。

routes

(任意)このネイバーとの間で受信またはアドバタイズされたルートを表示します。

advertised

(任意)このネイバー用にアドバタイズされたすべてのルートを表示します。

dampened

(任意)このネイバーから受信されたすべてのダンプニングされたルートを表示します。

received

(任意)このネイバーから受信されたすべてのルートを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての予約済み VFR 名を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、すべてのアドレス ファミリの BGP エントリを表示する例を示します。

switch# show ip bgp all
BGP routing table information for VRF default, address family IPv4 Multicast
BGP table version is 5, local router ID is 2.2.2.3
Status: s-suppressed, x-deleted, S-stale, d-dampened, h-history, *-valid, >-best
Path type: i-internal, e-external, c-confed, l-local, a-aggregate, r-redist
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete, | - multipath
 
Network Next Hop Metric LocPrf Weight Path
l92.168.1.3/2 0.0.0.0 100 32768 i
switch#
 

次に、BGP ルート テーブルのステートのサマリーを表示する例を示します。

switch# show ip bgp all summary
BGP summary information for VRF default, address family IPv4 Multicast
BGP router identifier 2.2.2.3, local AS number 102
BGP table version is 5, IPv4 Multicast config peers 2, capable peers 0
1 network entries and 1 paths using 104 bytes of memory
BGP attribute entries [1/124], BGP AS path entries [0/0]
BGP community entries [0/0], BGP clusterlist entries [0/0]
 
Neighbor V AS MsgRcvd MsgSent TblVer InQ OutQ Up/Down State/PfxRcd
10.0.0.100 4 64497 0 0 0 0 0 03:20:10 Idle
192.168.1.3 4 0 0 0 0 0 0 01:51:38 Idle
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip bgp

BGP ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ip bgp community

コミュニティ リストと一致するボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルートを表示するには、 show ip bgp community コマンドを使用します。

show ip bgp community { community-number ] [{ internet | no-advertise | no-export | no-export-subconfed }} [ vrf { vrf-name | all }]

 
構文の説明

community-number

コミュニティ番号。有効値は 1 ~ 4294967200 のコミュニティ番号、または AA : NN (自律システム コミュニティ番号/2 バイト番号)。

internet

既知のコミュニティ internet community に属するルートを表示します。

no-advertise

(内部または外部の)どのピアにもアドバタイズされないルートを表示します。

no-export

同じ自律システム内のピアへのみ、または連合内の他のサブ自律システムへのみアドバタイズされる、このコミュニティのルートを表示します。

no-export-subconfed

既知のコミュニティ no-export-subconfed に属するルートを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての予約済み VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、201 BGP コミュニティに属するルートを表示する例を示します。

switch# show ip bgp community 201
 

次に、非アドバタイズ BGP コミュニティおよびすべての VRF に属するルートを表示する例を示します。

switch# show ip bgp community no-advertise
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

set community

BGP コミュニティの属性を設定します。

show ip bgp community-list

BGP コミュニティ リストによって許可された BGP ルートを表示します。

show ip bgp community exact-match

指定されたものとまったく同じ BGP コミュニティを持つルートを表示します。

show ip bgp community exact-match

特定のボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)コミュニティと一致するルートを表示するには、 show ip bgp community exact-match コマンドを使用します。

show ip bgp community community-number exact-match [ vrf { all | vrf-name }]

 
構文の説明

community-number

コミュニティ番号。有効値は 1 ~ 4294967200 のコミュニティ番号、または AA : NN (自律システム コミュニティ番号/2 バイト番号)。

exact-match

指定されたものとまったく同じコミュニティを持つルートのみを表示します。

all

(任意)すべての予約済み VRF を指定します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、指定されたものとまったく同じ BGP コミュニティを持つルートを表示する例を示します。

switch# show ip bgp community 201 exact-match
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

set community

BGP コミュニティの属性を設定します。

show ip bgp community

コミュニティ リストと一致する BGP ルートを表示します。

show ip bgp community-list

BGP コミュニティ リストによって許可された BGP ルートを表示します。

show ip bgp community-list

BGP コミュニティ リストによって許可されたボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルートを表示するには、 show ip bgp community-list コマンドを使用します。

show ip bgp [ ipv4 { unicast | multicast } | all ] community-list commlist-name [ exact-match ]} [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

all

すべてのアドレス ファミリについて、BGP 情報を表示します。

community-list commlist-name

コミュニティ リストと一致するルートを表示します。commlist-name には、大文字と小文字が区別される最大 63 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

exact-match

(任意)コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、コミュニティ リストと一致するルートを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp community-list test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

コミュニティ リストを作成します。

show ip bgp dampening

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ダンプニング情報を表示するには、 show ip bgp dampening コマンドを使用します。

show ip bgp [ ipv4 { unicast | multicast } | all ] dampening { dampened-paths [ regexp expression ] | flap-statistics | history-paths [ regexp expression ] | parameters } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を表示します。

all

すべてのアドレス ファミリについて、BGP 情報を表示します。

dampened-paths

ダンプニングされたパスをすべて表示します。

regexp expression

(任意)正規表現と一致する情報を表示します。

flap-statistics

ルートのフラップ統計情報を表示します。

history-paths

履歴パスをすべて表示します。

parameters

ダンプニング パラメータをすべて表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ダンプニング情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp dampening dampened-paths
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family(BGP ルータ)

BGP パラメータを設定します。

dampening(BGP)

ルート フラップ ダンプニングを設定します。

show ip bgp extcommunity

拡張コミュニティと一致する BGP ルートを表示するには、 show ip bgp extcommunity コマンドを使用します。

show ip bgp extcommunity generic { non-transitive | transitive } [ as4-number ] [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

generic

汎用特定拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

non-transitive

非推移的拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

transitive

推移的拡張コミュニティと一致するルートを表示します。

as4-number

(任意)AS 番号。 as4-number は、プレーンテキスト整数または <上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> の形式の 32 ビット整数です。

exact-match

(任意)拡張コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、拡張コミュニティと一致するルートを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp extcommunity generic transitive 1.3:30
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip extcommunity-list

拡張コミュニティ リストを作成します。

show ip bgp extcommunity-list

拡張コミュニティ リストと一致する BGP ルートを表示するには、 show ip bgp extcommunity-list コマンドを使用します。

show ip bgp extcommunity-list commlist-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

commlist-name

拡張コミュニティ リストの名前。 commlist-name には、大文字と小文字が区別される最大 63 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

exact-match

(任意)拡張コミュニティの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、コミュニティ リストと一致するルートを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp extcommunity-list test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip extcommunity-list

拡張コミュニティ リストを作成します。

show ip bgp filter-list

フィルタ リストと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ip bgp filter-list コマンドを使用します。

show ip bgp filter-list list-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

list-name

フィルタリストの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

exact-match

(任意)フィルタの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、フィルタ リストと一致するルートを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp filter-list test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

filter-list

BGP ピアに対する自律システム(AS)パス フィルタを割り当てます。

show ip bgp all

すべてのアドレス ファミリについて、BGP エントリを表示します。

show ip bgp flap-statistics

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)フラップ統計情報を表示するには、 show ip bgp flap-statistics コマンドを使用します。

show ip bgp flap-statistics [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、フラップ統計情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp flap-statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear bgp flap-statistics

BGP ルート フラップ統計情報をクリアします。

show ip bgp neighbors

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネイバーを表示するには、 show ip bgp neighbors コマンドを使用します。

show ip bgp neighbors [ addr [ advertised-routes | flap-statistics | paths | received-routes | routes [ advertised | dampened | received ]]] [ vrf { all | vrf-name }]

 
構文の説明

addr

IPv4 アドレス。形式は、x.x.x.x です。

advertised-routes

(任意)このネイバーにアドバタイズされたすべてのルートを表示します。

flap-statistics

(任意)このネイバーから受信されたルートのフラップ統計情報を表示します。

paths

(任意)このネイバーから取得された AS パスを表示します。

received-routes

(任意)このネイバーから受信されたすべてのルートを表示します。

routes

(任意)このネイバーとの間で受信またはアドバタイズされたルートを表示します。

advertised

(任意)このネイバー用にアドバタイズされたすべてのルートを表示します。

dampened

(任意)このネイバーから受信されたすべてのダンプニングされたルートを表示します。

received

(任意)このネイバーから受信されたすべてのルートを表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ネイバーを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp neighbors
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

neighbor

BGP ネイバーを設定します。

show ip bgp nexthop

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ネクスト ホップ情報を表示するには、 show ip bgp nexthop コマンドを使用します。

show ip bgp nexthop addr [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

addr

IPv4 アドレス。形式は、x.x.x.x です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ネクスト ホップ情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp nexthop 192.0.2.1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp neighbors

BGP ネイバー情報を表示します。

show ip bgp nexthop-database

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ネクストホップ データベースを表示するには、 show ip bgp nexthop-database コマンドを使用します。

show ip bgp nexthop-database [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ネクスト ホップ データベースを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp nexthop-database
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp neighbors

BGP ネイバー情報を表示します。

show ip bgp paths

データベース内のすべてのボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)パスを表示するには、 show ip bgp paths コマンドを使用します。

show ip bgp paths

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、データベースの BGP パスを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp paths
Address Hash Refcount Metric Path
0x5a5e46bc 2001 1 0 i
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

maximum-paths

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)がサポートできるパラレル ルートの最大数を制御します。

show ip bgp

BGP テーブル情報を表示します。

show ip bgp neighbors

BGP ネイバー情報を表示します。

show ip bgp peer-policy

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ピア ポリシー テンプレート情報を表示するには、 show ip bgp peer-policy コマンドを使用します。

show ip bgp peer-policy name

 
構文の説明

name

BGP テンプレートの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ピア ポリシーを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp peer-policy test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

inherit peer-policy

ネイバーのピア ポリシー テンプレートを継承します。

template peer-policy

ピア ポリシー テンプレートを設定します。

show ip bgp peer-session

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ピア セッション テンプレート情報を表示するには、 show ip bgp peer-session コマンドを使用します。

show ip bgp peer-session name

 
構文の説明

name

BGP テンプレートの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ピア セッションを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp peer-session test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

inherit peer-session

ネイバーのピア セッション テンプレートを継承します。

template peer-session

ピア セッション テンプレートを設定します。

show ip bgp peer-template

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ピア テンプレート情報を表示するには、 show ip bgp peer-template コマンドを使用します。

show ip bgp peer-template name

 
構文の説明

name

BGP テンプレートの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ピア テンプレートを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp peer-template peer1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

inherit peer-template

ネイバーのピア テンプレートを継承します。

template peer

ピア テンプレートを設定します。

show ip bgp prefix-list

プレフィクス リストと一致する Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを表示するには、 show ip bgp prefix-list コマンドを使用します。

show ip bgp prefix-list list-name [ exact-match ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

list-name

プレフィクス リストの名前。commlist-name には、大文字と小文字が区別される最大 63 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

exact-match

(任意)フィルタの完全一致を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、プレフィクス リストと一致するルートを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp prefix-list test1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

maximum-prefix

BGP ネイバーから受信できるプレフィクス数を制御します。

show ip bgp received-paths

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ピアから受信したルートを表示するには、 show ip bgp received-paths コマンドを使用します。

show ip bgp received-paths [ vrf vrf-name | all ]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ピアから受信したルートを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp received-paths
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip bgp neighbors

BGP ネイバー情報を表示します。

show ip bgp route-map

BGP テーブルからのボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルート マップを表示するには、 show ip bgp route-map コマンドを使用します。

show ip bgp route-map route-map-name [ vrf vrf-name | all ]

 
構文の説明

route-map-name

ルート マップ名

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP テーブルからの BGP ルート マップを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp route-map
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

route-map

ルート マップを作成します。

clear ip bgp

BGP テーブルから BGP ルートをクリアします。

show ip bgp summary

すべてのボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)接続のステータスを表示するには、 show ip bgp summary コマンドを使用します。

show ip bgp summary [ vrf vrf-name | all ]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP 接続のステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show ip bgp summary
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

maximum-prefix

BGP ネイバーから受信できるプレフィクス数を制御します。

router bgp

ルータに自律システム(AS)番号を割り当てます。

show ip client

内部 IP クライアントに関する情報を表示するには、 show ip client コマンドを使用します。

show ip client [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)クライアントの名前。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、アドレス解決プロトコル(ARP)の IP クライアント情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip client arp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip process

IP プロセスに関する情報を表示します。

show ip community-list

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のコミュニティ リストを表示するには、 show ip community-list コマンドを使用します。

show ip community-list [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)コミュニティ リストの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、コミュニティ リストを表示する例を示します。

switch(config)# show ip community-list
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

BGP コミュニティ リストを設定します。

show ip eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)プロセスのサマリーを表示するには、 show ip eigrp コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、すべての EIGRP インスタンスを表示する例を示します。

switch# show ip eigrp
IP-EIGRP AS 65535 ID 3.1.1.1 VRF default
Process-tag: Test1
Status: running
Authentication mode: none
Authentication key-chain: none
Metric weights: K1=1 K2=0 K3=1 K4=0 K5=0
IP proto: 88 Multicast group: 224.0.0.10
Int distance: 90 Ext distance: 170
Max paths: 8
Number of EIGRP interfaces: 8 (0 loopbacks)
Number of EIGRP passive interfaces: 0
Number of EIGRP peers: 8
Redistributing:
direct route-map SVI-EIGRP
Graceful-Restart: Enabled
Stub-Routing: Disabled
NSF converge time limit/expiries: 120/0
NSF route-hold time limit/expiries: 240/0
NSF signal time limit/expiries: 20/0
Redistributed max-prefix: Disabled
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config eigrp

EIGRP の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

router eigrp

EIGRP インスタンスを設定します。

show ip eigrp accounting

Enhanced IGRP(EIGRP)プロセスのプレフィクス アカウンティング情報を表示するには、 show ip eigrp accounting コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] accounting [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP インスタンスの名前。このオプションは、VRF インスタンスが指定されていない場合に使用できます。インスタンス タグには最大 20 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字を区別します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP アカウンティング情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp accounting
IP-EIGRP Accounting Statistics for AS 65535 VRF default
Total Prefix Count: 3536
 
States: A-Adjacency, P-Pending, D-Down
 
State Address/Source Interface Prefix Restart Restart/
Count Count Reset(s)
A Redistributed ---- 118 0 0
A 10.20.150.2 Po2001 3413 0 0
A 10.20.200.2 Po2000 3418 0 0
A 10.0.1.1 Eth1/26 3419 0 0
A 10.50.2.1 Eth2/5 3419 0 0
A 10.50.1.1 Eth2/6 3419 0 0
A 10.50.3.1 Eth2/7 3419 0 0
A 10.20.5.2 Eth3/11 3419 0 0
A 10.20.6.2 Eth3/12 3419 0 0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config eigrp

EIGRP の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

router eigrp

EIGRP インスタンスを設定します。

show ip eigrp interfaces

Enhanced IGRP(EIGRP)に設定されたインターフェイスに関する情報を表示するには、 show ip eigrp interfaces コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] interfaces [ { ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number | vlan vlan-id } ] [ brief ] [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンス。インスタンス タグには最大 20 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字を区別します。

ethernet slot / port

イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

EtherChannel インターフェイスおよびEtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

vlan vlan-id

VLAN インターフェイスを指定します。範囲は 1 ~ 4094 です。

brief

(任意)EIGRP インターフェイス情報の概要を表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

VRF またはインターフェイスが指定されていない場合、このコマンドはデフォルトの VRF のすべてのインターフェイスを表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

どのインターフェイス EIGRP がアクティブであり、インターフェイスに関連した EIGRP の情報を学習するかを決定するには、 show ip eigrp interfaces コマンドを使用します。

インターフェイスを指定すると、そのインターフェイスのみが表示されます。指定されない場合、EIGRP を実行しているすべてのインターフェイスが表示されます。

Autonomous System(AS; 自律システム)を指定すると、指定された AS のルーティング システムのみが表示されます。指定されない場合、すべての EIGRP プロセスが表示されます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp interfaces brief
IP-EIGRP interfaces for process 65535 VRF default
 
Xmit Queue Mean Pacing Time Multicast Pending
Interface Peers Un/Reliable SRTT Un/Reliable Flow Timer Routes
Eth1/26 1 0/0 16 0/1 64 0
Eth2/5 1 0/0 16 0/1 64 0
Eth2/6 1 0/0 16 0/1 64 0
Eth2/7 1 0/0 13 0/1 50 0
Eth3/11 1 0/0 18 0/1 80 0
Eth3/12 1 0/0 14 0/1 64 0
Po2000 1 0/0 13 0/1 72 0
Po2001 1 0/0 20 0/1 128 0
switch#
 

次に、特定の EIGRP インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp interfaces ethernet 2/5
IP-EIGRP interfaces for process 65535 VRF default
 
Xmit Queue Mean Pacing Time Multicast Pending
Interface Peers Un/Reliable SRTT Un/Reliable Flow Timer Routes
Eth2/5 1 0/0 16 0/1 64 0
Hello interval is 5 sec
Holdtime interval is 15 sec
Next xmit serial <none>
Un/reliable mcasts: 0/178 Un/reliable ucasts: 292/17
Mcast exceptions: 4 CR packets: 4 ACKs suppressed: 8
Retransmissions sent: 8 Out-of-sequence rcvd: 146
Authentication mode is not set
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp neighbors

EIGRP によって検出されたネイバーを表示します。

show running-config eigrp

EIGRP の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show ip eigrp neighbors

Enhanced IGRP(EIGRP)によって検出されたネイバーの情報を表示するには、 show ip eigrp neighbors コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] neighbors [ detail ] [ { ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number | vlan vlan-id } ] [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP インスタンスの名前。インスタンス タグには最大 20 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字を区別します。

detail

(任意)詳細な EIGRP ネイバー情報を表示します。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN インターフェイスを指定します。範囲は 1 ~ 4094 です。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

VRF またはインターフェイスが指定されていない場合、このコマンドはすべてのインターフェイス上のデフォルト VRF に関するすべてのネイバーを表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ネイバーがアクティブになる、また非アクティブになるときを決定するには、 show ip eigrp neighbors コマンドを使用します。このコマンドは、特定の転送問題のデバッグにも役立ちます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP ネイバーに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp neighbors
IP-EIGRP neighbors for process 65535 VRF default
H Address Interface Hold Uptime SRTT RTO Q Seq
(sec) (ms) Cnt Num
7 10.20.150.2 Po2001 12 03:44:02 20 200 0 10331
6 10.20.200.2 Po2000 14 03:44:02 13 200 0 158157
5 10.40.1.1 Eth1/26 13 03:44:14 16 200 0 158164
4 10.50.2.1 Eth2/5 12 03:44:14 16 200 0 158166
3 10.50.1.1 Eth2/6 13 03:44:15 16 200 0 158165
2 10.50.3.1 Eth2/7 11 03:44:15 13 200 0 158167
1 10.20.5.2 Eth3/11 14 03:44:16 18 200 0 158158
0 10.20.6.2 Eth3/12 11 03:44:17 14 200 0 158163
switch#
 

次に、EIGRP ネイバーに関する詳細情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp neighbors detail
IP-EIGRP neighbors for process 65535 VRF default
H Address Interface Hold Uptime SRTT RTO Q Seq
(sec) (ms) Cnt Num
7 10.20.150.2 Po2001 10 03:45:21 20 200 0 10331
Version 12.4/1.2, Retrans: 4, Retries: 0, Prefixes: 3413
6 10.20.200.2 Po2000 12 03:45:22 13 200 0 158157
Version 12.4/1.2, Retrans: 2, Retries: 0, Prefixes: 3418
5 10.40.1.1 Eth1/26 11 03:45:34 16 200 0 158164
Version 12.4/1.2, Retrans: 5, Retries: 0, Prefixes: 3419
4 10.50.2.1 Eth2/5 12 03:45:34 16 200 0 158166
Version 12.4/1.2, Retrans: 8, Retries: 0, Prefixes: 3419
3 10.50.1.1 Eth2/6 12 03:45:35 16 200 0 158165
Version 12.4/1.2, Retrans: 4, Retries: 0, Prefixes: 3419
2 10.50.3.1 Eth2/7 13 03:45:35 13 200 0 158167
Version 12.4/1.2, Retrans: 3, Retries: 0, Prefixes: 3419
1 10.20.5.2 Eth3/11 12 03:45:36 18 200 0 158158
Version 12.4/1.2, Retrans: 7, Retries: 0, Prefixes: 3419
0 10.20.6.2 Eth3/12 10 03:45:36 14 200 0 158163
Version 12.4/1.2, Retrans: 5, Retries: 0, Prefixes: 3419
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip eigrp neighbors

EIGRP のネイバーをクリアします。

show running-config eigrp

EIGRP の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show ip eigrp route

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)ルートを表示するには、任意のモードで show ip eigrp route-map statistics コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] route [ ip-prefix / length ] [ active ] [ all-links ] [ detail-links ] [ pending ] [ summary ] [ zero-successors ] [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP インスタンスの名前。インスタンス タグには最大 20 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字を区別します。

ip-prefix / length

(任意)スラッシュ(/)と数字で表示されたネットワーク マスクを使用した、4 つの部分からなるドット付き 10 進表記の IP アドレス。たとえば、/8 は、マスクの最初の 8 ビットが 1 であり、アドレスの対応するビットはネットワーク アドレスであることを示します。

active

(任意)EIGRP トポロジ テーブル内のアクティブ エントリのみ表示します。

all-links

(任意)EIGRP トポロジ テーブルのエントリをすべて表示します。

detail-links

(任意)EIGRP トポロジ テーブル内の全エントリの詳細情報を表示します。

pending

(任意)ネイバーからの更新を待機しているか、ネイバーへの応答を待機している、EIGRP トポロジ テーブル内のすべてのエントリを表示します。

summary

(任意)EIGRP トポロジ テーブルのサマリーを表示します。

zero-successors

(任意)EIGRP トポロジ テーブル内の使用可能なルートを表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP ルートを表示する例を示します。

switch# show ip eigrp route
IP-EIGRP Topology Table for AS(65535)/ID(3.1.1.1) VRF default
 
Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
r - reply Status, s - sia Status
 
P 192.0.2.0/24, 7 successors, FD is 13056
via 192.0.2.1 (13056/12800), Ethernet2/7
via 192.0.2.5 (13056/12800), Ethernet1/26
via 192.0.2.3 (13056/12800), Ethernet3/12
via 192.0.2.6 (13056/12800), Ethernet3/11
via 192.0.2.4 (13056/12800), port-channel2000
via 192.0.2.2 (13056/12800), Ethernet2/6
via 192.0.2.7 (13056/12800), Ethernet2/5
P 192.0.2.1/24, 7 successors, FD is 13056
via 192.0.2.1 (13056/12800), Ethernet2/7
via 192.0.2.2 (13056/12800), Ethernet2/6
via 192.0.2.3 (13056/12800), Ethernet3/12
via 192.0.2.4 (13056/12800), port-channel2000
via 192.0.2.6 (13056/12800), Ethernet3/11
via 192.0.2.5 (13056/12800), Ethernet1/26
via 192.0.2.7 (13056/12800), Ethernet2/5
P 192.0.2.5/24, 7 successors, FD is 13056
via 192.0.2.1 (13056/12800), Ethernet2/7
<--Output truncated-->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip eigrp route-map statistics

EIGRP のルート マップ統計情報をクリアします。

show ip eigrp traffic

EIGRP トラフィック統計情報を表示します。

show running-config eigrp

EIGRP の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show ip eigrp route-map statistics

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)のルート再配布統計情報を表示するには、任意のモードで show ip eigrp route-map statistics コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] route-map statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | ospf id | rip id | static } [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP インスタンスの名前。インスタンス タグには最大 20 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字を区別します。

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

eigrp

EIGRP のポリシー統計情報を表示します。

ospf

OSPF プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

rip

RIP のポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイト番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイト番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP のルート マップ統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp route-map statistics redistribute direct
C: No. of comparisions, M: No. of matches
 
route-map SVI-EIGRP permit 10
match source-protocol direct C: 129 M: 0
Total accept count for policy: 129
Total reject count for policy: 0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip eigrp route-map statistics

EIGRP のルート マップ統計情報をクリアします。

show ip eigrp traffic

EIGRP トラフィック統計情報を表示します。

show running-config eigrp

EIGRP の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show ip eigrp topology

EIGRP トポロジ テーブルを表示するには、 show eigrp topology コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] topology [ ip-address/length ] [ active | all-links | detail-links | pending | summary | zero-successors ] [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP インスタンスの名前。インスタンス タグには最大 20 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字を区別します。

ip-address / length

(任意)スラッシュ(/)と数字で表示されたネットワーク マスクを使用した、4 つの部分からなるドット付き 10 進表記の IP アドレス。たとえば、/8 は、マスクの最初の 8 ビットが 1 であり、アドレスの対応するビットはネットワーク アドレスであることを示します。

active

(任意)EIGRP トポロジ テーブル内のアクティブ エントリのみ表示します。

all-links

(任意)EIGRP トポロジ テーブルのエントリをすべて表示します。

detail-links

(任意)EIGRP トポロジ テーブル内の全エントリの詳細情報を表示します。

pending

(任意)ネイバーからの更新を待機しているか、ネイバーへの応答を待機している、EIGRP トポロジ テーブル内のすべてのエントリを表示します。

summary

(任意)EIGRP トポロジ テーブルのサマリーを表示します。

zero-successors

(任意)EIGRP トポロジ テーブル内の使用可能なルートを表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

VRF が指定されていない場合、このコマンドはデフォルトの VRF の情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

拡散更新アルゴリズム(DUAL)ステートを判断し、DUAL 問題をデバッグするには、 show ip eigrp topology コマンドを使用します。

キーワードまたは引数を指定せずに show ip eigrp topology コマンドを使用すると、Cisco NX-OS はフィジブル サクセサであるルートのみを表示します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP トポロジ テーブルを表示する例を示します。指定された内部ルートおよび外部ルートの EIGRP メトリックが表示されます。

switch# show ip eigrp topology 192.0.2.0/24
IP-EIGRP (AS 65535): Topology entry for 192.0.2.0/24
State is Passive, Query origin flag is 1, 7 Successor(s), FD is 13056
Routing Descriptor Blocks:
192.0.2.1 (Ethernet2/7), from 192.0.2.1, Send flag is 0x0
Composite metric is (13056/12800), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 500000 Kbit
Total delay is 310 microseconds
Reliability is 200/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 1
External data:
Originating router is 1.1.1.1
AS number of route is 0
External protocol is OSPF, external metric is 0
Administrator tag is 0 (0x00000000)
192.0.2.2 (Ethernet2/6), from 192.0.2.2, Send flag is 0x0
Composite metric is (13056/12800), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 500000 Kbit
Total delay is 310 microseconds
Reliability is 200/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 1
External data:
Originating router is 1.1.1.1
AS number of route is 0
External protocol is OSPF, external metric is 40
Administrator tag is 0 (0x00000000)
192.0.2.3 (Ethernet3/12), from 192.0.2.3, Send flag is 0x0
Composite metric is (13056/12800), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 500000 Kbit
Total delay is 310 microseconds
Reliability is 200/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 1
External data:
Originating router is 1.1.1.1
AS number of route is 0
External protocol is OSPF, external metric is 40
Administrator tag is 0 (0x00000000)
192.0.2.6 (Ethernet3/11), from 192.0.2.6, Send flag is 0x0
Composite metric is (13056/12800), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 500000 Kbit
Total delay is 310 microseconds
Reliability is 200/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 1
External data:
Originating router is 1.1.1.1
AS number of route is 0
External protocol is OSPF, external metric is 40
Administrator tag is 0 (0x00000000)
192.0.2.4 (port-channel2000), from 192.0.2.4, Send flag is 0x0
Composite metric is (13056/12800), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 500000 Kbit
Total delay is 310 microseconds
Reliability is 200/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 1
External data:
Originating router is 1.1.1.1
AS number of route is 0
External protocol is OSPF, external metric is 40
Administrator tag is 0 (0x00000000)
192.0.2.2 (Ethernet2/6), from 192.0.2.2, Send flag is 0x0
Composite metric is (13056/12800), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 500000 Kbit
Total delay is 310 microseconds
Reliability is 200/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 1
External data:
Originating router is 1.1.1.1
AS number of route is 0
External protocol is OSPF, external metric is 40
Administrator tag is 0 (0x00000000)
192.0.2.7 (Ethernet2/5), from 192.0.2.7, Send flag is 0x0
Composite metric is (13056/12800), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 500000 Kbit
Total delay is 310 microseconds
Reliability is 200/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 1
External data:
Originating router is 1.1.1.1
AS number of route is 0
External protocol is OSPF, external metric is 40
Administrator tag is 0 (0x00000000)
192.0.2.200 (port-channel2001), from 192.0.2.200, Send flag is 0x0
Composite metric is (13312/13056), Route is External
Vector metric:
Minimum bandwidth is 500000 Kbit
Total delay is 320 microseconds
Reliability is 200/255
Load is 1/255
Minimum MTU is 1500
Hop count is 2
External data:
Originating router is 1.1.1.1
AS number of route is 0
External protocol is OSPF, external metric is 40
Administrator tag is 0 (0x00000000)
switch#
 

次に、EIGRP トポロジ テーブル内のすべてのエントリを表示する例を示します。

switch(config)# show ip eigrp topology all-links
 

次に、EIGRP トポロジ テーブル内のすべてのエントリの詳細情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip eigrp topology detail-links
 

次に、トポロジ テーブルのサマリーを表示する例を示します。

switch(config)# show ip eigrp topology summary
IP-EIGRP Topology Table for AS(65535)/ID(3.1.1.1) VRF default
 
Head serial 3, next serial 15631
3536 routes, 0 pending replies, 0 dummies
IP-EIGRP(0) enabled on 8 interfaces, 8 neighbors present on 8 interfaces
Quiescent interfaces: Eth3/11 Po2000 Po2001 Eth2/7 Eth2/5 Eth2/6 Eth1/26 Eth3/12
switch#
 

次に、トポロジ テーブルのアクティブ エントリを表示する例を示します。

switch(config-if)# show ip eigrp topology active
 

次に、トポロジ テーブルのゼロ サクセサを表示する例を示します。

switch(config-router)# show ip eigrp topology zero-successors
 

次に、保留のエントリを表示する例を示します。

switch(config)# show ip eigrp topology pending

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config eigrp

EIGRP の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show ip eigrp traffic

送受信される Enhanced IGRP(EIGRP)パケットの数を表示するには、 show ip eigrp traffic コマンドを使用します。

show ip eigrp [ instance-tag ] traffic [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)EIGRP インスタンスの名前。インスタンス タグには最大 20 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字を区別します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

VRF が指定されていない場合、このコマンドはデフォルトの VRF の情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

この EIGRP インスタンスによって送受信されたパケットの数を確認するには、 show ip eigrp traffic コマンドを使用します。

また、接続またはコンフィギュレーションの問題のために、あるノードからのパケットがネイバー ノードに到達していないかを判断するには、このコマンドが便利です。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP トラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip eigrp traffic
IP-EIGRP Traffic Statistics for AS 65535 VRF default
Hellos sent/received: 29838/44756
Updates sent/received: 1448/1775
Queries sent/received: 33/47
Replies sent/received: 31/31
Acks sent/received: 1759/2061
Input queue high water mark 33, 0 drops
SIA-Queries sent/received: 0/0
SIA-Replies sent/received: 0/0
Hello Process ID: (no process)
PDM Process ID: (no process)
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config eigrp

EIGRP の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show ip fib

転送情報を表示するには、 show ip fib コマンドを使用します。

show ip fib { adjacency | interfaces | route } module slot

 
構文の説明

adjacency

隣接関係情報を表示します。

interfaces

モジュール上のインターフェイスの転送情報を表示します。

route

モジュール上のルートの転送情報を表示します。

module slot

モジュールに関する情報を表示します。スロット範囲は、ハードウェア プラットフォームによって異なります。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

モジュールで転送情報を表示するには、スーパーバイザで show ip fib コマンドを使用します。任意で attach module コマンドを使用してモジュールを接続し、モジュールで show ip fib コマンドを使用できます。

次に、モジュール 1 の転送情報を表示する例を示します。

switch# show ip fib route module 1
 
IPv4 routes for table default/base
 
------------------+------------------+---------------------
Prefix | Next-hop | Interface
------------------+------------------+---------------------
0.0.0.0/32 Drop Null0
255.255.255.255/32 Receive sup-eth1
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding

FIB に関する情報を表示します。

show ip fib distribution

転送分散情報を表示するには、 show ip fib distribution コマンドを使用します。

show ip fib distribution [ clients | state ]

 
構文の説明

clients

(任意)ユニキャスト クライアントの転送分散情報を表示します。

state

(任意)ユニキャスト FIB の転送分散ステートを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ユニキャスト クライアントの転送情報を表示する例を示します。

switch# show ip fib distribution clients
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding distribution

FIB に関する分散情報を表示します。

show ip interface

インターフェイスの IP 情報を表示するには、 show ip interface コマンドを使用します。

show ip interface [ type number ] [ brief ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。 ? を使用してオプションを表示します。

number

(任意)インターフェイス番号。 ? を使用して範囲を表示します。

brief

(任意)IP 情報のサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、イーサネット 1/5 の IP 情報を表示する例を示します。

switch# show ip interface ethernet 1/5
IP Interface Status for VRF "default"(1)
Ethernet1/5, Interface status: protocol-down/link-down/admin-up, iod: 11,
IP address: 192.0.0.1, IP subnet: 192.0.0.0/24
IP broadcast address: 255.255.255.255
IP multicast groups locally joined: none
IP MTU: 1500 bytes (using link MTU)
IP primary address route-preference: 0, tag: 0
IP proxy ARP : disabled
IP Local Proxy ARP : disabled
IP multicast routing: disabled
IP icmp redirects: enabled
IP directed-broadcast: disabled
IP icmp unreachables (except port): disabled
IP icmp port-unreachable: enabled
IP unicast reverse path forwarding: none
IP load sharing: none
IP interface statistics last reset: never
IP interface software stats: (sent/received/forwarded/originated/consumed)
Unicast packets : 0/0/0/0/0
Unicast bytes : 0/0/0/0/0
Multicast packets : 0/0/0/0/0
Multicast bytes : 0/0/0/0/0
Broadcast packets : 0/0/0/0/0
Broadcast bytes : 0/0/0/0/0
Labeled packets : 0/0/0/0/0
Labeled bytes : 0/0/0/0/0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip address

ネットワーク インターフェイスにプライマリ IP アドレスを割り当てます。

show ip load-sharing

IP ロード シェアリング情報を表示するには、 show ip load-sharing コマンドを使用します。

show ip load-sharing

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、IP ロード シェアリング情報を表示する例を示します。

switch# show ip load-sharing
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip load-sharing

IP ロード シェアリングを表示します。

show ip ospf

OSPF ルーティング インスタンスに関する一般情報を表示するには、 show ip ospf コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。特定の OSPF インスタンスに関する OSPF 情報を表示するのにこのタグを使用します。 instance-tag 引数には、20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

1 つまたは複数の OSPF インスタンスに関する情報を表示するには、 show ip ospf コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF インスタンスに関するすべての情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf
Routing Process 201 with ID 192.0.2.1 VRF default
Stateful High Availability enabled
Graceful-restart is configured
Grace period: 60 state: Inactive
Last graceful restart exit status: None
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
This router is an autonomous system boundary
Redistributing External Routes from
bgp-1
Maximum limit: 1000 (warning-only)
Threshold: message 750
Current count: 0
Administrative distance 110
Reference Bandwidth is 40000 Mbps
Initial SPF schedule delay 3000.000 msecs,
minimum inter SPF delay of 2000.000 msecs,
maximum inter SPF delay of 4000.000 msecs
Initial LSA generation delay 3000.000 msecs,
minimum inter LSA delay of 6000.000 msecs,
maximum inter LSA delay of 6000.000 msecs
Minimum LSA arrival 2000.000 msec
Maximum paths to destination 3
Originating router LSA with maximum metric
Condition: Always
Number of external LSAs 0, checksum sum 0
Number of opaque AS LSAs 0, checksum sum 0
Number of areas is 3, 3 normal, 0 stub, 0 nssa
Number of active areas is 0, 0 normal, 0 stub, 0 nssa
Area BACKBONE(0.0.0.0) (Inactive)
Area has existed for 00:22:49
Interfaces in this area: 1 Active interfaces: 0
Passive interfaces: 0 Loopback interfaces: 0
No authentication available
SPF calculation has run 3 times
Last SPF ran for 0.000036s
Area ranges are
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
Area (0.0.0.10) (Inactive)
Area has existed for 00:41:30
Interfaces in this area: 0 Active interfaces: 0
Passive interfaces: 0 Loopback interfaces: 0
Summarization is disabled
Simple password authentication
SPF calculation has run 8 times
Last SPF ran for 0.000150s
Area ranges are
10.3.0.0/16 Passive (Num nets: 0) Advertise
Area-filter in 'FilterLSAs'
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
Area (0.0.0.15) (Inactive)
Area has existed for 00:49:30
Interfaces in this area: 1 Active interfaces: 0
Passive interfaces: 1 Loopback interfaces: 0
No authentication available
SPF calculation has run 8 times
Last SPF ran for 0.000021s
Area ranges are
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
switch#
 

次に、特定の 1 つの OSPF インスタンスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf 201
Routing Process 201 with ID 192.0.2.1 VRF default
Stateful High Availability enabled
Graceful-restart is configured
Grace period: 60 state: Inactive
Last graceful restart exit status: None
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Administrative distance 110
Reference Bandwidth is 40000 Mbps
Initial SPF schedule delay 200.000 msecs,
minimum inter SPF delay of 1000.000 msecs,
maximum inter SPF delay of 5000.000 msecs
Initial LSA generation delay 0.000 msecs,
minimum inter LSA delay of 5000.000 msecs,
maximum inter LSA delay of 5000.000 msecs
Minimum LSA arrival 1000.000 msec
Maximum paths to destination 3
Number of external LSAs 0, checksum sum 0
Number of opaque AS LSAs 0, checksum sum 0
Number of areas is 2, 1 normal, 1 stub, 0 nssa
Number of active areas is 0, 0 normal, 0 stub, 0 nssa
Area (0.0.0.10) (Inactive)
Area has existed for 00:12:18
Interfaces in this area: 0 Active interfaces: 0
Passive interfaces: 0 Loopback interfaces: 0
This area is a STUB area
Generates stub default route with cost 25
Simple password authentication
SPF calculation has run 1 times
Last SPF ran for 0.000122s
Area ranges are
Area-filter in 'FilterLSAs'
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
Area (0.0.0.15) (Inactive)
Area has existed for 00:20:18
Interfaces in this area: 1 Active interfaces: 0
Passive interfaces: 1 Loopback interfaces: 0
No authentication available
SPF calculation has run 1 times
Last SPF ran for 0.000020s
Area ranges are
Number of LSAs: 0, checksum sum 0
switch#
 

表 13-1 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 13-1 show ip ospf フィールドの説明

フィールド
説明

Routing Process...

OSPF インスタンス タグおよび OSPF ルータ ID

Stateful High Availability

ステートフル再起動機能のステータス

Supports...

サポートされるサービス タイプの数(タイプ 0 のみ)

Administrative distance

OSPFv2 インスタンスのアドミニストレーティブ ディスタンス。

Reference Bandwidth

コスト計算に使用する帯域幅

Initial SPF schedule delay

SPF 計算の遅延時間

Initial LSA generation delay

LSA 生成の遅延時間。

Minimum LSA arrival

Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)の間の最小インターバル

Maximum paths to destination

ネイバーへの最大パス。

Number of...

受信した LSA の数およびタイプ

Number of areas is...

ルータ用に設定されたエリアの数およびタイプ

Number of active areas is

ルータに設定されたアクティブ領域の数およびタイプ。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf border-routers

Area Border Router(ABR; エリア境界ルータ)および Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)に対して、OSPF ルーティング テーブル エントリを表示するには、 show ip ospf border-routers コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] border-routers [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。特定の OSPF インスタンスに関する OSPF 情報を表示するのにこのタグを使用します。 instance-tag 引数には、最大 20 文字の英数字を指定できます。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show ip ospf border-routers コマンドは、ABR と ASBR に関する情報を表示するために使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、境界ルータに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf border-routers
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf database

特定のルータの OSPF データベースを表示するには、 show ip ospf database コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] database [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database asbr-summary [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database database-summary [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database external [ ext_tag value ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database network [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database nssa-external [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database opaque-area [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database opaque-as [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database opaque-link [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database router [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

show ip ospf [ instance-tag ] database summary [ area-id ] [ link-state-id ] [ adv-router ip-address | self-originated ] [ detail ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。この名前には、最大 20 文字の英数字を指定できます。

area-id

(任意)特定のエリアを定義するのに使用するエリア番号。IP アドレスまたは番号(0 ~ 4294967295)のいずれかで指定します。

link-state-id

(任意)アドバタイズメントによって説明されるインターネット環境の部分。入力値は、アドバタイズメントのリンクステート タイプによって異なります。IP アドレスの形式で指定します。

adv-router ip-address

(任意)指定されたルータのすべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)を表示します。

self-originate

(任意)自動送信 LSA(ローカル ルータから)を表示します。

asbr-summary

(任意)Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)サマリー LSA に関する情報を表示します。

database-summary

(任意)データベースの各エリアの各 LSA タイプと、LSA の総数を表示します。

external

(任意)外部 LSA に関する情報を表示します。

ext_tag value

(任意)外部タグに基づいた情報を表示します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

network

(任意)ネットワーク LSA に関する情報を表示します。

nssa-external

(任意)Not-So-Stubby Area(NSSA)外部 LSA に関する情報を表示します。

opaque-area

(任意)不透明なエリア LSA に関する情報を表示します。

opaque-as

(任意)不透明な AS LSA に関する情報を表示します。

opaque-link

(任意)不透明なリンクローカル LSA に関する情報を表示します。

router

(任意)ルータ LSA に関する情報を表示します。

summary

(任意)集約 LSA に関する情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

異なる OSPF LSA に関する情報を表示するには、 ip ospf database コマンドを使用します。

LSA がネットワークを学習すると、 link-state-id 引数は次のいずれかの形式を使用します。

ネットワークの IP アドレス(タイプ 3 サマリー リンク アドバタイズメントや自律システム外部リンク アドバタイズメントなど)。

リンク ステート ID から取得された派生アドレス(ネットワークのサブネット マスクを使用してネットワーク リンク アドバタイズメントのリンク ステート ID をマスクすることによって、ネットワークの IP アドレスが生成されることに注意してください)。

リンク ステート アドバタイズメントにルータの説明が記載されている場合は、必ず、リンク ステート ID が、記載されたルータの OSPF ルータ ID になります。

AS 外部アドバタイズメント(LS タイプ = 5)がデフォルトのルートを説明する場合、そのリンク ステート ID はデフォルトの宛先(0.0.0.0)に設定されます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF データベースを表示する例を示します。

switch# show ip ospf database
 

次に、ASBR のサマリーを表示する例を示します。

switch# show ip ospf database asbr-summary
 

次に、外部リンクに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf database external
 

次に、OSPF データベースのサマリーを表示する例を示します。

switch# show ip ospf database database-summary
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf interface

OSPF 関連のインターフェイス情報を表示するには、 show ip ospf interface コマンドを使用します。

show ip ospf interface [ instance-tag ] [{ ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number }] [ brief ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。この名前には、最大 20 文字の英数字を指定できます。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスを指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

brief

(任意)ルータ上の OSPF インターフェイス、ステート、アドレス、マスク、およびエリアの概要情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスの OSPF ステータスを表示するには、 show ip ospf interface コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、イーサネット インターフェイス 1/5 の OSPF 情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf interface ethernet 1/5
Ethernet1/5 is up, line protocol is down
IP address 192.0.2.1, Process ID 201 VRF RemoteOfficeVRF, area 0.0.0.10
Enabled by interface configuration
State DOWN, Network type BROADCAST, cost 4
Index 1, Transmit delay 1 sec, Router Priority 1
No designated router on this network
No backup designated router on this network
0 Neighbors, flooding to 0, adjacent with 0
Timer intervals: Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
No authentication
Number of opaque link LSAs: 0, checksum sum 0
switch#
 

表 13-2 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 13-2 show ip ospf interface フィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet

プロトコルの物理リンクのステータスおよび動作ステータス

IP Address

インターフェイス IP アドレス、サブネット マスク、およびエリア アドレス

VRF

VRF インスタンス

Transmit Delay

転送遅延、インターフェイス ステート、およびルータ プライオリティ

designated router

指定ルータ ID およびインターフェイス IP アドレス

backup designated router

バックアップ指定ルータ ID およびインターフェイス IP アドレス

Timer intervals

タイマー インターバルの設定情報。

Hello

次の hello パケットをこのインターフェイスに送信するまでの秒数

次に、すべての VRF の OSPF 情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf interface vrf all
VL1-0.0.0.10-10.1.2.3 is down, line protocol is down
IP address 0.0.0.0, Process ID 201 VRF default, area 0.0.0.0
State DOWN, Network type P2P, cost 65535
Index 2, Transmit delay 2 sec
0 Neighbors, flooding to 0, adjacent with 0
Timer intervals: Hello 25, Dead 50, Wait 50, Retransmit 50
Message-digest authentication, using key id 21
Number of opaque link LSAs: 0, checksum sum 0
 
switch#
 

次に、OSPF 情報を要約形式で表示する例を示します。

switch# show ip ospf interface brief
OSPF Process ID 201 VRF default
Total number of interface: 1
Interface ID Area Cost State Neighbors Status
VL1 2 0.0.0.0 65535 DOWN 0 down
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf lsa-content-changed-list

変更された内容のあるすべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)のリストを表示するには、 show ip ospf lsa-content-changed-list コマンドを使用します。

show ip ospf lsa-content-changed-list neighbor-id { ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number }

 
構文の説明

neighbor id

A . B . C . D 形式のネイバーのルータ ID。

ethernet slot / port

イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、イーサネット 2/1 用に変更された LSA のリストを表示する例を示します。

switch# show ip ospf lsa-content-changed-list 192.0.2.2 ethernet 2/1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf neighbors

インターフェイス単位で Open Shortest Path First(OSPF)ネイバー情報を表示するには、 show ip ospf neighbors コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] neighbors [{ ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number }] [ neighbor-id ] [ detail ] [ summary ] [ vrf { vrf-name | all | default | management } ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。20 文字の英数字文字列として指定します。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

neighbor-id

(任意)ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

detail

(任意)指定されたすべてのネイバーの詳細を表示します(すべてのネイバーをリストします)。

summary

(任意)ネイバーのサマリーを表示します。

vrf

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。

vrf-name

VRF 名。名前は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字が区別されます。

all

すべての VRF エントリを指定します。

default

デフォルト VRF を指定します。

management

管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

この OSPF インスタンスのすべての、または一部のネイバーに関する情報を表示するには、 show ip ospf neighbors コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ネイバー ID と一致するネイバーに関するサマリー情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf neighbors 10.199.199.137
 

次に、インターフェイスのネイバー ID と一致するネイバーを表示する例を示します。

switch# show ip ospf neighbors ethernet 2/1 10.199.199.137
 

次に、OSPF ネイバーの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf neighbors detail
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf policy statistics area

エリアの OSPF ポリシー統計情報を表示するには、 show ip ospf policy statistics area コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] policy statistics area area-id filter-list { in | out } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。英数字文字列で指定します。

area area-id

特定のエリアを定義するのに使用するエリア番号を指定します。エリア ID には、IP アドレスまたは 0 ~ 4294967295 の番号を指定できます。

filter-list

OSPF エリアの間のプレフィクスをフィルタリングします。

in

着信ルートのポリシー統計情報を表示します。

out

発信ルートのポリシー統計情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列「default」、「management」、および「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

エリアに適用されたフィルタ リストに関する情報を表示するには、 show ip ospf policy statistics area コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF のポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf policy statistics area 201 filter-list in
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

area filter-list(OSPF)

エリア境界ルータ(ABR)上で着信または発信ネットワーク集約(タイプ 3)リンクステート アドバタイズメント(LSA)をフィルタリングします。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf policy statistics redistribute

OSPF ポリシー統計情報を表示するには、 show ip ospf policy statistics redistribute コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | ospf id | rip id | static } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。英数字文字列で指定します。

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)のポリシー統計情報を表示します。

ospf

OSPF のポリシー統計情報を表示します。

rip

RIP のポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイト番号の範囲は 1 ~ 65535 です。

eigrp キーワードは、AS 番号です。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

ospf および rip キーワードは、ルートの再配布元であるインスタンス名です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列「default」、「management」、および「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

再配布統計情報を表示するには、 show ip ospf policy statistics redistribute コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、再配布ルートのポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf policy statistics redistribute
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf request-list

ルータが要求した、すべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)のリストを表示するには、 show ip ospf request-list コマンドを使用します。

show ip ospf request-list neighbor-id { ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number }

 
構文の説明

neighbor-id

ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF ルーティング動作をトラブルシューティングするには、 show ip ospf request-list コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ルータが要求したすべての LSA のリストを表示する例を示します。

switch# show ip ospf request-list 40.40.40 ethernet 2/1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf retransmission-list

ネイバーへの再送信を待機する、すべての Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)のリストを表示するには、 show ip ospf retransmission-list コマンドを使用します。

show ip ospf retransmission-list neighbor-id { ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number }

 
構文の説明

neighbor-id

ネイバーのルータ ID。IP アドレスを指定します。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF ルーティング動作をトラブルシューティングするには、 show ip ospf retransmission-list コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ネイバーへの再送信を待機するすべての LSA を表示する例を示します。

switch# show ip ospf retransmission-list 192.0.2.11 ethernet 2/1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf route

OSPF トポロジ テーブルを表示するには、 show ip ospf routes コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] routes [ prefix / length | summary } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。20 文字の英数字文字列として指定します。

prefix / length

(任意)IP プレフィクス。特定のルートへの出力を制限します。スラッシュ(/)と 1 ~ 31 の数値として長さを示します。たとえば、/8 は、IP プレフィクスの最初の 8 ビットがネットワーク ビットであることを示します。

summary

(任意)すべてのルートのサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列「default」、「management」、および「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF プライベート ルーティング テーブル(OSPF によって計算されるルートのみを含む)を表示するには、 show ospf routes コマンドを使用します。Routing Information Base(RIB; ルーティング情報ベース)内のルートに異常がある場合、ルートの OSPF コピーをチェックして、RIB 内容と一致するかどうか判断してください。一致しない場合、OSPF と RIB の間に同期化問題があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF ルートを表示する例を示します。

switch# show ip ospf route
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf statistics

OSPF Shortest Path First(SPF)計算統計情報を表示するには、 show ip ospf statistics コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] statistics [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。最大 20 文字の英数字文字列で指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF の名前 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列「default」、「management」、および「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

LSA に関する情報を表示するには、 show ip ospf statistics コマンドを使用します。この情報は、OSPF ネットワークのメンテナンスとトラブルシューティング両方に役立ちます。たとえば、LSA フラッピングのトラブルシューティングの第一段階として show ip ospf statistics コマンドを使用することを推奨します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、SPF 計算に関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf statistics
OSPF Process ID 201 VRF default, Event statistics (cleared 00:10:45 ago)
Router ID changes: 1
DR elections: 0
Older LSAs received: 0
Neighbor state changes: 0
Neighbor dead postponed: 0
Neighbor dead interval expirations: 0
Neighbor bad lsreqs: 0
Neighbor sequence number mismatches: 0
SPF computations: 2 full, 0 summary, 0 external
 
LSA Type Generated Refreshed Flushed Aged out
Router 0 0 0 0
Network 0 0 0 0
Summary Net 0 0 0 0
Summary ASBR 0 0 0 0
AS External 0 0 0 0
Opaque Link 0 0 0 0
Opaque Area 0 0 0 0
Opaque AS 0 0 0 0
 
Following counters can not be reset:
 
LSA deletions: 0 pending, 0 hwm, 0 deleted, 0 revived, 0 runs
Hello queue: 0/200, hwm 0, drops 0
Flood queue: 0/350, hwm 0, drops 0
LSDB additions failed: 0
 
Buffers: in use hwm permanent alloc free
128 bytes 0 0 0 0 0
512 bytes 0 0 0 0 0
1520 bytes 0 0 0 0 0
4500 bytes 0 0 0 0 0
huge 0 0 0 0 0
 
switch#
 

表 13-3 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 13-3 show ip ospf statistics フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF process

設定内の OSPF インスタンスに割り当てられた一意な値

VRF

この OSPF インスタンスの VRF

DR elections

新しい指定ルータが選択された回数

Neighbor...

ネイバーの詳細

LSA Type

各タイプの LSA が送信された数

Hello queue

処理する hello パケットのキュー

キュー内の現在数/キュー内の最大許容数。

hwm:最高水準点。キュー内に保存されていたパケットの最大数

drops:キューがいっぱいでドロップされたパケットの数

Flood queue

処理するフラッド パケットのキュー

Buffers

パケットの保存に使用するメモリ量

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf summary-address

OSPF インスタンスに設定されたすべてのサマリー アドレス再配布情報のリストを表示するには、 show ip ospf summary-address コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] summary-address [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。この名前には、最大 20 文字の英数字を指定できます。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列「default」、「management」、および「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、サマリー アドレスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf summary-address
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip ospf traffic

OSPF トラフィック統計情報を表示するには、 show ip ospf traffic コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] traffic [ ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)OSPF インスタンスの名前。この名前には、最大 20 文字の英数字を指定できます。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列「default」、「management」、および「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

1 つまたは複数の OSPF インスタンスのトラフィック情報を表示するには、 show ip ospf traffic コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス 1/5 の OSPF トラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf traffic ethernet 1/5
OSPF Process ID 201 VRF RemoteOfficeVRF, Packet Counters (cleared 00:26:04 ago)
Interface Ethernet1/5, Area 0.0.0.0
Total: 0 in, 0 out
LSU transmissions: first 0, rxmit 0, for req 0, nbr xmit 0
Flooding packets output throttled (IP/tokens): 0 (0/0)
Ignored LSAs: 0, LSAs dropped during SPF: 0
LSAs dropped during graceful restart: 0
Errors: drops in 0, drops out 0, errors in 0,
errors out 0, hellos in 0, dbds in 0,
lsreq in 0, lsu in 0, lsacks in 0,
unknown in 0, unknown out 0, no ospf 0,
bad version 0, bad crc 0, dup rid 0,
dup src 0, invalid src 0, invalid dst 0,
no nbr 0, passive 0, wrong area 0,
pkt length 0, nbr changed rid/ip addr 0
bad auth 0
 
hellos dbds lsreqs lsus acks
In: 0 0 0 0 0
Out: 0 0 0 0 0
 
switch#
 

表 13-4 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 13-4 show ospf traffic フィールドの説明

フィールド
説明

OSPF Process

これらのトラフィック統計情報の OSPF インスタンス タグ

VRF

この OSPF インスタンスの VRF

Interface ...

インターフェイス情報

Errors

drops

ドロップされたパケットの数

bad version

間違ったバージョンで受信されたパケットの数

dup src

重複した送信元アドレスのあるパケットの数。

no nbr

フル ネイバーではないルータからのパケットの数

nbr changed rid/ip addr

ネイバーの値と一致しないルータ ID/IP アドレスのペアのあるパケットの数

lsreq

タイプ LSREQ のパケットの数(必要な LSA)。

acks

タイプ LSACK のパケットの数(確認応答された LSA)。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip ospf traffic

OSPF トラフィック統計情報をクリアします。

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show ip ospf virtual-links

OSPF 仮想リンクのパラメータと現在のステートを表示するには、 show ip ospf virtual-links コマンドを使用します。

show ip ospf [ instance-tag ] virtual-links [ brief ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。この名前には、最大 20 文字の英数字を指定できます。

brief

(任意)設定済み仮想リンクのサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF VRF の名前。 vrf-name 引数には、最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列「default」、「management」、および「all」は、予約済みの vrf-names です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

設定済み仮想リンクに関する情報を表示するには、 show ip ospf virtual-links コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、仮想リンクに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ip ospf virtual-links
Virtual link VL1 to router 10.1.2.3 is down
Transit area 0.0.0.10, via interface (null), remote addr 0.0.0.0
IP address 0.0.0.0, Process ID 201 VRF default, area 0.0.0.0
State DOWN, Network type P2P, cost 65535
Index 2, Transmit delay 2 sec
0 Neighbors, flooding to 0, adjacent with 0
Timer intervals: Hello 25, Dead 50, Wait 50, Retransmit 50
Message-digest authentication, using key id 21
Number of opaque link LSAs: 0, checksum sum 0
Adjacency Information
 
switch#
 

表 13-5 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 13-5 show ip ospf virtual-links フィールドの説明

フィールド
説明

Virtual Link

OSPF ネイバーと、そのネイバーへのリンクがアップまたはダウンであるかを示します。

VRF

この OSPF インスタンスの VRF

Transit area...

仮想リンクが形成される通過エリア

via interface...

仮想リンクが形成されるインターフェイス

cost

仮想リンクによって OSPF ネイバーに到達するコスト

Transmit delay

仮想リンク上の送信遅延(秒単位)

Timer intervals...

リンク用に設定されたさまざまなタイマー インターバル

Hello

次の hello をネイバーから送信する時間

次に、仮想リンクの情報を要約形式で表示する例を示します。

switch# show ip ospf virtual-links brief
OSPF Process ID 201 VRF default
Total number of vlinks: 1
Remote Router ID Transit Area Cost Status
10.1.2.3 1 0.0.0.10 65535 down
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ospf

OSPF の実行コンフィギュレーションを表示します。

show ip prefix-list

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のプレフィクス リストを表示するには、 show ip prefix-list コマンドを使用します。

show ip prefix-list [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)コミュニティ リストの名前。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、プレフィクス リストを表示する例を示します。

switch(config)# show ip prefix-list
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip prefix-list

BGP プレフィクス リストを設定します。

show ip process

IP プロセスに関する情報を表示するには、 show ip process コマンドを使用します。

show ip process [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、IP プロセスに関する詳細の例を示します。

switch(config)# show ip process
VRF default
VRF id is 1
Base table id is 1
Auto discard is disabled
Auto discard is not added
Auto Null broadcast is configured
Auto Punt broadcast is configured
Static discard is not configured
Number of static default route configured is 0
Number of ip unreachable configured is 0
Iodlist: 73 74
Local address list: 1.1.1.1 2.2.2.1 21.1.1.1
switch(config)#
 

 

show ip rip

RIP の設定およびステータスを表示するには、任意のモードで show ip rip コマンドを使用します。

show ip rip [ instance-tag ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)RIP インスタンス。インスタンス タグは最大 20 文字までの英数字を指定できます。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、RIP 設定情報を表示する例を示します。

switch(config-if)# show ip rip
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

RIP ネイバー情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip interface

ルーティング情報プロトコル(RIP)トポロジ テーブルのインターフェイス エントリ情報を表示するには、任意のモードで show ip rip interface コマンドを使用します。

show ip rip interface [ type slot / port ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

interface type slot / port

(任意)インターフェイスを指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、指定されたインターフェイスのネイバー情報を RIP トポロジ テーブルから表示する例を示します。

switch(config-if)# show ip rip interface ethernet 1/2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

RIP ネイバー情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip neighbor

ルーティング情報プロトコル(RIP)トポロジ テーブルのネイバー情報を表示するには、任意のモードで show ip rip neighbor コマンドを使用します。

show ip rip neighbor [ interface-type instance ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、 show rip neighbor コマンドの出力例を示します。

switch(config-if)# show ip rip neighbor
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP ポリシー統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示するには、任意のモードで show ip rip policy statistics コマンドを使用します。

show ip rip policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | ospf id | static } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)のポリシー統計情報を表示します。

direct

直接接続されたルートのポリシー統計情報のみを表示します。

eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)のポリシー統計情報を表示します。

ospf

OSPF プロトコルのポリシー統計情報を表示します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を表示します。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイト番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイト番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、EIGRP のポリシー統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip rip policy statistics redistribute eigrp 201
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報をクリアします。

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip route

ルーティング情報プロトコル(RIP)トポロジ テーブルのルート情報を表示するには、任意のモードで show ip rip route コマンドを使用します。

show ip rip route [ prefix / length ] [ summary ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

prefix / length

(任意)ルーティング情報を表示する対象の IP プレフィクス。

summary

(任意)集約経路に関する情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、RIP トポロジ テーブルのルート情報を表示する例を示します。

switch# show ip rip route
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示します。

show ip rip statistics

RIP 統計情報を表示します。

show ip rip statistics

ルーティング情報プロトコル(RIP)トポロジ テーブルの統計エントリ情報を表示するには、任意のモードで show ip rip statistics コマンドを使用します。

show ip rip statistics [ interface-type instance ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )オンライン ヘルプ機能を使用します。

instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンス

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、RIP 統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip rip statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip

RIP 情報を表示します。

show ip rip interface

インターフェイスの RIP 情報を表示します。

show ip rip neighbor

ネイバーの RIP 情報を表示します。

show ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示します。

show ip rip route

RIP ルート情報を表示します。

show ip route

ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)からのルートを表示するには、 show ip route コマンドを使用します。

show ip route [ all | addr | hostname | prefix | route-type | interface type number | next-hop addr ]] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

all

(任意)すべてのルートを表示します。

addr

(任意)IPv4 アドレス。形式は x.x.x.x です。

hostname

ホスト名。 name には、大文字と小文字が区別される最大 80 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

prefix

(任意)IPv4 プレフィクス。形式は x.x.x.x/length です。length の範囲は 1 ~ 32 です。

route-type

(任意)ルート タイプ。 ? を使用してタイプのリストを表示します。

interface type number

(任意)インターフェイスのルートを表示します。 ? を使用してサポートされているインターフェイスを表示します。

next-hop addr

(任意)このネクストホップ アドレスのあるルートを表示します。形式は x.x.x.x です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ルート テーブルを表示する例を示します。

switch(config)# show ip route all
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip route

ルート テーブルのエントリをクリアします。

show ip static-route

ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)からスタティック ルートを表示するには、 show ip static-route コマンドを使用します。

show ip static-route [ vrf { vrf-name | all }]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF 名を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、スタティック ルートを表示する例を示します。

switch(config)# show ip static-route
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip route

スタティック ルートを設定します。

show ip traffic

IP トラフィック情報を表示するには、 show ip traffic コマンドを使用します。

show ip traffic

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、IP トラフィック情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip traffic
 
IP Software Processed Traffic Statistics
----------------------------------------
Transmission and reception:
Packets received: 103598, sent: 32093, consumed: 2,
Forwarded, unicast: 0, multicast: 0, Label: 0
Opts:
end: 0, nop: 0, basic security: 0, loose source route: 0
timestamp: 0, record route: 0
strict source route: 0, alert: 0,
other: 0
Errors:
Bad checksum: 0, packet too small: 0, bad version: 0,
Bad header length: 0, bad packet length: 0, bad destination: 0,
Bad ttl: 0, could not forward: 990, no buffer dropped: 0,
Bad encapsulation: 2, no route: 0, non-existent protocol: 0
Stateful Restart Recovery: 0
MBUF pull up fail: 0
Fragmentation/reassembly:
Fragments received: 0, fragments sent: 0, fragments created: 0,
Fragments dropped: 0, packets with DF: 0, packets reassembled: 0,
Fragments timed out: 0
 
ICMP Software Processed Traffic Statistics
------------------------------------------
Transmission:
Redirect: 2, unreachable: 0, echo request: 0, echo reply: 0,
Mask request: 0, mask reply: 0, info request: 0, info reply: 0,
Parameter problem: 0, source quench: 0, timestamp: 0,
Timestamp response: 0, time exceeded: 0,
Irdp solicitation: 0, irdp advertisement: 0
Reception:
Redirect: 2, unreachable: 22048, echo request: 0, echo reply: 0,
Mask request: 0, mask reply: 0, info request: 0, info reply: 0,
Parameter problem: 0, source quench: 0, timestamp: 0,
Timestamp response: 0, time exceeded: 0,
Irdp solicitation: 0, irdp advertisement: 0,
Format error: 0, checksum error: 0
 
Statistics last reset: never
 
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip process

IP プロセスに関する情報を表示します。

show mac-list

MAC リスト内のエントリを表示するには、 show mac-list コマンドを使用します。

show mac-list [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)MAC リスト名。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

match の値は定義されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには LAN Enterprise ライセンスが必要です。

次に、Red MAC リストに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show mac-list Red
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac-list

MAC リストを作成します。

match mac-list

MAC リスト内の MAC アドレスを照合します。

show routing

ルーティング情報を表示するには、 show routing コマンドを使用します。

show routing [ ip | ipv4 ] [ address | hostname | prefix | route-type | clients | hidden-nh interface type number | next-hop addr | recursive-next-hop [ addr ]] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

(任意)ネットワークのルーティング情報を表示します。

ipv4

(任意)IPv4 ネットワークのルーティング情報を表示します。

address

(任意)IPv4 アドレス。IPv4 アドレスの形式は x.x.x.x です。

hostname

ホスト名。 name には、大文字と小文字が区別される最大 80 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

prefix

(任意)IPv4 プレフィクス。IPv4 プレフィクスの形式は、x.x.x.x/length です。

route-type

(任意)ルート タイプ。 ? を使用してタイプのリストを表示します。

clients

(任意)すべてのルーティング クライアントを表示します。

hidden-nh

(任意)非表示になっているネクストホップ情報を表示します。

interface type number

(任意)インターフェイスのルートを表示します。interface には、次のいずれかを指定できます。

mgmt :管理インターフェイス。デフォルトの管理インターフェイスは 0 です。

vlan :VLAN インターフェイス。VLAN インターフェイス番号は 1 ~ 4094 です。

next-hop addr

(任意)このネクストホップ アドレスのあるルートを表示します。形式は x.x.x.x です。

recursive next-hop addr

(任意)この再帰ネクスト ホップ アドレスのあるルートを表示します。形式は x.x.x.x です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。VRF には、次のいずれかを指定できます。

vrf-name :VRF 名。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all :すべての VRF を指定します。

default :デフォルト VRF を指定します。

management :管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ルート テーブルを表示する例を示します。

switch(config)# show ip routing
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip route

ルート テーブルのエントリをクリアします。

show routing memory estimate

ルーティング メモリ要件の見積もりを表示するには、 show routing memory estimate コマンドを使用します。

show routing memory estimate [ routes num-routes next-hops num-hop-addresses ]

 
構文の説明

routes

(任意)ルート数のユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)メモリ推定値を指定します。

num-routes

ルート数。範囲は 1000 ~ 1,000,000 です。

next-hops

(任意)ルートごとのネクスト ホップ数のユニキャスト RIB メモリ推定値を指定します。

num-hop-
addresses

ルート当たりのネクストホップ アドレス数。範囲は 1 ~ 16 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show routing memory estimate コマンドは、選択されたルート数とルート当たりのネクストホップ アドレス数に必要なメモリを見積もるために使用します。

次に、ルート テーブルを表示する例を示します。

switch# show routing memory estimate routes 1000 next-hops 1
Shared memory estimates:
Current max 32 MB; 27495 routes with 16 nhs
in-use 1 MB; 11 routes with 1 nhs (average)
Configured max 32 MB; 27495 routes with 16 nhs
Estimate 0 MB; 1000 routes with 1 nhs
 

 

show routing-context

すべての EXEC コマンドの VRF 範囲を表示するには、show routing-context コマンドを使用します。

show routing-context

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、現在のルーティング コンテキストを表示する例を示します。

switch%management# show routing-context
Current Route Context: default
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

routing-context vrf

ルーティング コンテキストを設定します。

show routing hash

特定の送信元および宛先アドレス用に選択されたルートを表示するには、 show routing hash コマンドを使用します。

show routing hash source-addr dest-addr [ source-port dest-port ]] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

source-addr

送信元 IPv4 アドレス。IPv4 アドレスの形式は x.x.x.x です。

dest-addr

宛先 IPv4 アドレス。IPv4 アドレスの形式は x.x.x.x です。

source-port

(任意)送信元ポート。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

dest-port

(任意)宛先元ポート。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、10.0.0.5 から 30.0.0.2 に到達するために選択したルートを表示する例を示します。

switch# show routing hash 10.0.0.5 30.0.0.2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip route

ルート テーブルのエントリをクリアします。

show running-config arp

実行コンフィギュレーションのアドレス解決プロトコル(ARP)の設定を表示するには、 show running-config arp コマンドを使用します。

show running-config arp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)設定済みおよびデフォルトの情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP 設定を表示する例を示します。

switch# show running-config arp
 
!Command: show running-config arp
!Time: Mon Aug 23 07:33:15 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
ip arp timeout 2100
ip arp event-history errors size medium
 
interface Vlan10
ip arp 192.0.11.37 00C0.4F00.0000
 
switch#
 

次に、デフォルト情報の ARP 設定を表示する例を示します。

switch# show running-config arp all
 
!Command: show running-config arp all
!Time: Mon Aug 23 07:33:52 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
ip arp timeout 1500
ip arp event-history cli size small
ip arp event-history snmp size small
ip arp event-history client-errors size small
ip arp event-history client-event size small
ip arp event-history lcache-errors size small
ip arp event-history lcache size small
ip arp event-history errors size small
ip arp event-history ha size small
ip arp event-history event size small
ip arp event-history packet size small
 
interface Vlan10
ip arp 192.0.11.37 00C0.4F00.0000
ip arp gratuitous update
ip arp gratuitous request
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

ip arp timeout

ARP タイムアウトを設定します。

show startup-config arp

ARP のスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show running-config eigrp

IPv4 ネットワークの Enhanced Interior Gateway Routing Protocol (EIGRP) の実行コンフィギュレーションを表示するには、show running-configeigrp コマンドを使用します。

show running-config eigrp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config eigrp
 
!Command: show running-config eigrp
!Time: Mon Feb 28 05:47:18 2011
 
version 5.0(3)N1(1)
feature eigrp
 
router eigrp Test1
autonomous-system 65535
default-metric 500000 30 200 1 1500
redistribute direct route-map SVI-EIGRP
 
interface port-channel2000
ip router eigrp Test1
 
interface port-channel2001
ip router eigrp Test1
 
interface Ethernet1/26
ip router eigrp Test1
 
interface Ethernet2/5
ip router eigrp Test1
 
interface Ethernet2/6
ip router eigrp Test1
 
interface Ethernet2/7
ip router eigrp Test1
 
interface Ethernet3/11
ip router eigrp Test1
 
interface Ethernet3/12
ip router eigrp Test1
 
 
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

router ospf

OSPF インスタンスを作成します。

show running-config ospf

IPv4 ネットワークの Open Shortest Path First version 2(OSPFv2)の実行コンフィギュレーションを表示するには、show running-configospf コマンドを使用します。

show running-config ospf

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、OSPF の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config ospf
 
!Command: show running-config ospf
!Time: Tue Apr 15 09:09:15 2008
 
version 5.0(3)N1(1)
feature ospf
 
router ospf 201
router-id 192.0.2.1
default-information originate route-map DefaultRouteFilter
area 0.0.0.10 virtual-link 192.0.2.3
authentication message-digest
authentication-key 3 15e76ee89406ccbf
message-digest-key 21 md5 3 15e76ee89406ccbf
dead-interval 50
hello-interval 25
retransmit-interval 50
transmit-delay 2
redistribute bgp 1 route-map FilterExtBGP
redistribute maximum-prefix 1000 75 warning-only
area 0.0.0.10 authentication
area 0.0.0.10 default-cost 25
area 0.0.0.10 filter-list route-map FilterLSAs in
log-adjacency-changes
maximum-paths 3
default-metric 25
 
interface Ethernet1/5
ip ospf authentication key-chain Test1
ip ospf authentication-key 3 15e76ee89406ccbf
ip ospf message-digest-key 21 md5 3 15e76ee89406ccbf
ip ospf cost 25
ip ospf dead-interval 50
ip ospf hello-interval 25
ip ospf passive-interface
ip ospf priority 25
ip ospf mtu-ignore
ip router ospf 201 area 0.0.0.15
 
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

router ospf

OSPF インスタンスを作成します。

show sockets client

ソケット クライアントに関する情報を表示するには、 show sockets client コマンドを使用します。

show sockets client [ pid id ] [ raw | tcp | udp ] [ detail ]

 
構文の説明

pid id

(任意)特定のプロセスのソケット クライアント情報を表示します。 id の範囲は 1 ~ 65535 です。

raw

(任意)未加工クライアントに関する情報を表示します。

tcp

(任意)TCP クライアントに関する情報を表示します。

udp

(任意)UDP クライアントに関する情報を表示します。

detail

(任意)詳細クライアントに関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、UDP ソケット クライアント情報を表示する例を示します。

switch# show sockets client udp
 
Total number of UDP clients: 9
 
client: syslogd, pid: 4367, sockets: 2
 
client: ntpd, pid: 4602, sockets: 3
 
client: ntp, pid: 4591, sockets: 2
 
client: radiusd, pid: 4586, sockets: 2
 
client: dhcp_snoop, pid: 5260, sockets: 1
 
client: pim, pid: 5296, sockets: 1
 
client: mcecm, pid: 5265, sockets: 1
 
client: snmpd, pid: 4609, sockets: 2
 
client: hsrp_engine, pid: 9588, sockets: 2
 
Statistics: Cancels 12777, Cancel-unblocks 11257, Cancel-misses 0
Select-drops 1520, Select-wakes 11257,
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear sockets statistics

ソケット統計情報をクリアします。

show sockets connection

ソケット接続に関する情報を表示します。

show sockets statistics

ソケット統計情報を表示します。

show sockets connection

ソケット接続に関する情報を表示するには、 show sockets connection コマンドを使用します。

show sockets connection [ pid id ] [ local address | foreign addres | raw | tcp | udp ] [ detail ]

 
構文の説明

pid id

(任意)特定のプロセスのソケット クライアント情報を表示します。 id の範囲は 1 ~ 65535 です。

local address

(任意)ローカル アドレスが指定されたすべての TCP 接続に関する情報を表示します。 address には IPv4 アドレスを指定できます。

foreign address

(任意)外部アドレスが指定されたすべての TCP 接続に関する情報を表示します。 address には IPv4 アドレスを指定できます。

raw

(任意)未加工クライアントに関する情報を表示します。

tcp

(任意)TCP クライアントに関する情報を表示します。

udp

(任意)UDP クライアントに関する情報を表示します。

detail

(任意)詳細クライアントに関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、TCP ソケット接続情報を表示する例を示します。

switch# show sockets connection tcp
 
Total number of tcp sockets: 4
Active connections (including servers)
Protocol State/ Recv-Q/ Local Address(port)/
Context Send-Q Remote Address(port)
tcp6 LISTEN 0 *(22)
Wildcard 0 *(*)
 
tcp6 LISTEN 0 *(23)
Wildcard 0 *(*)
 
tcp LISTEN 0 *(161)
Wildcard 0 *(*)
 
tcp ESTABLISHED 0 172.29.231.33(23)
management 4 72.163.177.151(1559)
 
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear sockets statistics

ソケット統計情報をクリアします。

show sockets client

ソケット クライアントに関する情報を表示します。

show sockets statistics

ソケット統計情報を表示します。

show sockets statistics

ソケット統計情報を表示するには、 show sockets statistics コマンドを使用します。

show sockets statistics [ all | raw | rawsum | tcp | tcpsum | udp | udpsum ]

 
構文の説明

all

(任意)すべてのソケット統計情報を表示します。

raw

(任意)未加工 IPv4 プロトコル ソケット統計情報を表示します。

rawsum

(任意)未加工 IPv4 プロトコル ソケット統計情報のサマリーを表示します。

tcp

(任意)TCP IPv4 プロトコルに関するソケット統計情報を表示します。

tcpsum

(任意)TCP IPv4 プロトコルに関するソケット統計情報のサマリーを表示します。

udp

(任意)UDP IPv4 プロトコルに関するソケット統計情報を表示します。

udpsum

(任意)UDP IPv4 プロトコルに関するソケット統計情報のサマリーを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、TCP ソケット統計情報を表示する例を示します。

switch# show sockets statistics tcp
TCP v4 Received:
11622 packets total
0 checksum error, 0 bad offset, 0 too short, 0 MD5 error
8782 packets (33566 bytes) in sequence
0 duplicate packets (0 bytes)
0 partially dup packets (0 bytes)
0 out-of-order packets (0 bytes)
0 packets (0 bytes) with data after window
0 packets after close
0 window probe packets, 0 window update packets
2 duplicate ack packets, 0 ack packets with unsent data
9349 ack packets (890960 bytes)
TCP v4 Sent:
9543 total, 0 urgent packets
3 control packets
9492 data packets (890955 bytes)
0 data packets (0 bytes) retransmitted
48 ack only packets
0 window probe packets, 0 window update packets
TCP v4:
0 connections initiated, 6 connections accepted, 6 connections established
6 connections closed (including 2 dropped, 0 embryonic dropped)
0 total rxmt timeout, 0 connections dropped in rxmt timeout
0 keepalive timeout, 0 keepalive probe, 0 connections dropped in keepalive
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear sockets statistics

ソケット統計情報をクリアします。

show sockets client

ソケット クライアントに関する情報を表示します。

show sockets connection

ソケット接続に関する情報を表示します。

show startup-config arp

スタートアップ コンフィギュレーションのアドレス解決プロトコル(ARP)の設定を表示するには、 show startup-config arp コマンドを使用します。

show startup-config arp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)設定済みおよびデフォルトの情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP スタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config arp
 
!Command: show running-config arp
!Time: Mon Aug 23 07:33:15 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
ip arp timeout 2100
ip arp event-history errors size medium
 
interface Vlan10
ip arp 192.0.1.37 00C0.4F00.0000
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

ip arp timeout

ARP タイムアウトを設定します。

show running-config arp

ARP の実行コンフィギュレーションを表示します。

show track

オブジェクト トラッキングに関する情報を表示するには、 show track コマンドを使用します。

show track [ object-id ] [ interface | ip route ] [ brief ]

 
構文の説明

object-id

(任意)トラッキング ID。範囲は 1 ~ 500 です。

interface

(任意)追跡対象インターフェイスに関する情報を表示します。

ip route

(任意)追跡対象 IP ルートに関する情報を表示します。

brief

(任意)追跡対象オブジェクトに関する簡単な情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

すべての追跡対象オブジェクトに関する情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、追跡対象インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show track interface
 

次に、追跡対象 IP ルートに関する情報を表示する例を示します。

switch# show track ip route
 

次に、追跡対象オブジェクトに関する簡単な情報を表示する例を示します。

switch# show track brief
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

track interface

インターフェイスのステートを追跡します。

track ip route

IP ルートのステートを追跡します。

show vrrp

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)に関する情報を表示するには、 show vrrp コマンドを使用します。

show vrrp [ detail | statistics | summary ] [ interface if-number ] [ vr id ] [ backup | init | master ]

 
構文の説明

detail

(任意)VRRP に関する詳細情報を表示します。

statistics

(任意)VRRP 統計情報を表示します。

summary

(任意)VRRP サマリーを表示します。

interface if-number

(任意)インターフェイス上の VRRP に関する情報を表示します。 ? を使用してサポートされているインターフェイスのリストを表示します。

vr id

(任意)グループの VRRP に関する情報を表示します。 id の範囲は 1 ~ 255 です。

backup

(任意)バックアップ ステートの VRRP グループに関する情報を表示します。

init

(任意)初期ステートの VRRP グループに関する情報を表示します。

master

(任意)マスター ステートの VRRP グループに関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

すべての VRRP グループに関する情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、VRRP に関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show vrrp
Interface VR IpVersion Pri Time Pre State VR IP addr
---------------------------------------------------------------
Ethernet1/5 1 IPV4 200 200 s Y Init 192.0.1.10
 
switch(config)#
 

次に、VRRP に関する詳細な設定情報を表示する例を示します。

switch(config)# show vrrp detail
 
Ethernet1/5 - Group 1 (IPV4)
State is Init(Administratively down)
Virtual IP address is 192.0.1.10
Priority 200, Configured 200
Forwarding threshold(for VPC), lower: 1 upper: 200
Advertisement interval 200
Preemption enabled
Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
Master router is Unknown
 
switch(config)#
 

次に、特定の仮想ルータに関する情報を表示する例を示します。

switch# show vrrp vr 1
Interface VR IpVersion Pri Time Pre State VR IP addr
---------------------------------------------------------------
Ethernet1/5 1 IPV4 200 200 s Y Init 192.0.1.10
switch#
 

表 13-6 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 13-6 show vrrp フィールドの説明

フィールド
説明

Interface

VRRP が設定されるインターフェイス。

VR

仮想ルータの ID。

IPVersion

インターフェイスの IP アドレス。

Pri

仮想ルータのプライオリティの範囲。

Time

LSA の内容全体のチェックサム

Pre

仮想ルータのプリエンプションの状態。

State

VRRP グループの状態。State には、次のいずれかを指定できます。

Init

Backup

Master

VR IP addr

VRRP グループの仮想 IPv4 アドレス。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear vrrp

VRRP 統計情報をクリアします。

feature vrrp

VRRP 機能をイネーブルにします。