Cisco MDS 9000 ファミリ CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 3.x Cisco MDS SAN-OS for Release 3.0(1) ~ 3.3(3)
システム ハードウェアの管理
システム ハードウェアの管理
発行日;2013/09/03 | 英語版ドキュメント(2011/01/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 17MB) | フィードバック

目次

システム ハードウェアの管理

スイッチ ハードウェア インベントリの表示

Compact Flash テストの実行

CompactFlash CRC チェックサム テストのオンデマンド実行

自動 CompactFlash CRC チェックサム テストのイネーブル化およびディセーブル化

CompactFlash CRC チェックサム テスト間隔の設定

CompactFlash チェックサム テスト失敗時の障害処理のイネーブル化およびディセーブル化

CompactFlash CRC チェックサム テストの頻度および状態の表示

CompactFlash ファームウェアの更新

CompactFlash ファームウェアのオンデマンド更新

CompactFlash ファームウェア アップデートのイネーブル化およびディセーブル化

CompactFlash ファームウェア アップデート間隔の設定

CompactFlash ファームウェア アップデート失敗時の障害処理のイネーブル化およびディセーブル化

CompactFlash アップデートの頻度および状態の表示

CompactFlash CRC テストおよびファームウェア アップデートの統計情報の表示

スイッチのシリアル番号の表示

電力消費量情報の表示

電源コンフィギュレーション モード

電源設定時の注意事項

クロスバー管理の概要

クロスバーを取り外す際の操作上の考慮事項

クロスバーのグレースフル シャットダウン

Cisco MDS 9513 ディレクタ内の第 1 世代モジュールの下位互換性

モジュール温度について

モジュール温度の表示

ファンモジュールの概要

クロック モジュールについて

環境情報の表示

デフォルト設定

システム ハードウェアの管理

この章では、サービスおよびスイッチング モジュール以外のシステム ハードウェアの管理方法およびスイッチ状態のモニタリング方法について説明します。内容は次のとおりです。

「スイッチ ハードウェア インベントリの表示」

「Compact Flash テストの実行」

「CompactFlash ファームウェアの更新」

「スイッチのシリアル番号の表示」

「電力消費量情報の表示」

「電源コンフィギュレーション モード」

「クロスバー管理の概要」

「モジュール温度について」

「ファンモジュールの概要」

「クロック モジュールについて」

「環境情報の表示」

「デフォルト設定」

スイッチ ハードウェア インベントリの表示

show inventory コマンドを使用して、製品 ID、シリアル番号、バージョン ID などのスイッチの現場交換可能ユニット(FRU)情報を表示します。例 11-1を参照してください。

例 11-1 ハードウェア インベントリの表示

switch# show inventory
NAME: "Chassis", DESCR: "MDS 9506 chassis"
PID: DS-C9506 , VID: 0.104, SN: FOX0712S00T
 
NAME: "Slot 3", DESCR: "2x1GE IPS, 14x1/2Gbps FC Module"
PID: DS-X9302-14K9 , VID: 0.201, SN: JAB081405AF
 
NAME: "Slot 4", DESCR: "2x1GE IPS, 14x1/2Gbps FC Module"
PID: DS-X9302-14K9 , VID: 0.201, SN: JAB081605A5
 
NAME: "Slot 5", DESCR: "Supervisor/Fabric-1"
PID: DS-X9530-SF1-K9 , VID: 4.0, SN: JAB0747080H
 
NAME: "Slot 6", DESCR: "Supervisor/Fabric-1"
PID: DS-X9530-SF1-K9 , VID: 4.0, SN: JAB0746090H
 
NAME: "Slot 17", DESCR: "MDS 9506 Power Supply"
PID: DS-CAC-1900W , VID: 1.0, SN: DCA07216052
 
NAME: "Slot 19", DESCR: "MDS 9506 Fan Module"
PID: DS-6SLOT-FAN , VID: 0.0, SN: FOX0638S150
 

show hardware コマンドを使用して、スイッチ ハードウェア インベントリの詳細を表示します。例 11-2 を参照してください。


) モジュールを表示および設定するには、「モジュールの管理」を参照してください。


例 11-2 ハードウェア情報の表示

switch# show hardware
Cisco Storage Area Networking Operating System (SAN-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2003-2004 by Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyright for certain works contained herein are owned by
Cisco Systems, Inc. and/or other third parties and are used and
distributed under license.
 
 
Software
BIOS: version 1.0.8
loader: version 1.1(0.114)
kickstart: version 1.3(4a)
system: version 1.3(4a)
 
BIOS compile time: 08/07/03
kickstart image file is: bootflash:///boot-17r
kickstart compile time: 10/25/2010 12:00:00
system image file is: bootflash:///isan-17r
system compile time: 10/25/2020 12:00:00
 
 
Hardware
RAM 1024592 kB
 
bootflash: 1000944 blocks (block size 512b)
slot0: 0 blocks (block size 512b)
 
172.22.90.21 uptime is 7 days 4 hours 48 minute(s) 2 second(s)
 
Last reset at 272247 usecs after Thu Sep 11 21:47:05 1980
Reason: Reset Requested by CLI command reload
System version: 1.3(4a)
 
 
This supervisor carries Pentium processor with 1024592 kB of memory
Intel(R) Pentium(R) III CPU at family with 512 KB L2 Cache
Rev: Family 6, Model 11 stepping 1
 
512K bytes of non-volatile memory.
1000944 blocks of internal bootflash (block size 512b)
 
--------------------------------
Chassis has 9 slots for Modules
--------------------------------
 
Module in slot 1 is empty
 
Module in slot 2 is empty
 
Module in slot 3 is empty
 
Module in slot 4 is empty
 
Module in slot 5 is ok
Module type is "Supervisor/Fabric-1"
No submodules are present
Model number is DS-X9530-SF1-K9
H/W version is 1.0
Part Number is 73-7523-06
Part Revision is A0
Manufacture Date is Year 6 Week 47
Serial number is JAB064705E1
CLEI code is CNP6NT0AAA
 
Module in slot 6 is empty
 
Module in slot 7 is empty
 
Module in slot 8 is empty
 
Module in slot 9 is empty
 
---------------------------------------
Chassis has 2 Slots for Power Supplies
---------------------------------------
 
PS in slot A is ok
Power supply type is "1153.32W 110v AC"
Model number is WS-CAC-2500W
H/W version is 1.0
Part Number is 34-1535-01
Part Revision is A0
Manufacture Date is Year 6 Week 16
Serial number is ART061600US
CLEI code is
 
PS in slot B is ok
Power supply type is "1153.32W 110v AC"
Model number is WS-CAC-2500W
H/W version is 1.0
Part Number is 34-1535-01
Part Revision is A0
Manufacture Date is Year 5 Week 41
Serial number is ART0541003V
CLEI code is
 
----------------------------------
Chassis has one slot for Fan Module
----------------------------------
 
Fan module is ok
Model number is WS-9SLOT-FAN
H/W version is 0.0
Part Number is 800-22342-01
Part Revision is
Manufacture Date is Year 0 Week 0
Serial number is
CLEI code is
 

Compact Flash テストの実行

Cisco SAN-OS Release 3.1(3) では、CompactFlash ファームウェアが破損しているかどうか、および更新する必要があるかどうかを特定するために CompactFlash CRC チェックサム テストを実行できます。デフォルトでは、CompactFlash CRC チェックサム テストは、バックグラウンドで 7 日ごとに自動的に実行されるようにイネーブルになります(自動テストの間隔は、コンフィギュレーション モードで system health module cf-crc-check frequency コマンドを使用して変更できます)。EXEC モードで system health cf-crc-check module CLI コマンドを使用して、テストをオンデマンドで実行できます。自動テストをオフにするには、コンフィギュレーション モードで no system health module cf-crc-check コマンドを使用します。

CompactFlash CRC チェックサム テストでは、CompactFlash が次のモジュールで破損しているかどうか確認できます。

DS-X9016

DS-X9032

DS-X9302-14K9

DS-X9308-SMIP

DS-X9304-SMIP

DS-X9530-SF1-K9

ここでは、次の作業について説明します。

「CompactFlash CRC チェックサム テストのオンデマンド実行」

「自動 CompactFlash CRC チェックサム テストのイネーブル化およびディセーブル化」

「CompactFlash CRC チェックサム テスト間隔の設定」

「CompactFlash チェックサム テスト失敗時の障害処理のイネーブル化およびディセーブル化」

「CompactFlash CRC チェックサム テストの頻度および状態の表示」

CompactFlash CRC チェックサム テストのオンデマンド実行

CompactFlash CRC チェックサム テストを実行するには、EXEC モードで system health cf-crc-check module コマンドを使用します。

switch# system health cf-crc-check module number
 

number は、識別されたモジュールが存在するスロットを示します。次に例を示します。

switch# system health cf-crc-check module 4
 

自動 CompactFlash CRC チェックサム テストのイネーブル化およびディセーブル化

デフォルトでは、CompactFlash CRC チェックサム テストは、自動的にバックグラウンドで実行するようにイネーブルになります。自動テストをディセーブルにし、後でテストをイネーブルにできます。EXEC モードで system health cf-crc-check module コマンドを使用して、テストをいつでもオンデマンドで実行できます。

自動 CompactFlash CRC チェックサム テストをイネーブルにするには、コンフィギュレーション モードで system health module cf-crc-check コマンドを使用します。

switch# system health module number cf-crc-check
 

number は、識別されたモジュールが存在するスロットを示します。次に例を示します。

switch(config)# system health module 4 cf-crc-check
 

自動 CompactFlash CRC チェックサム テストをディセーブルにするには、EXEC モードで no system health module cf-crc-check コマンドを使用します。

switch(config)# no system health module number cf-crc-check
 

CompactFlash CRC チェックサム テスト間隔の設定

CompactFlash CRC チェックサム テスト間隔を設定するには、コンフィギュレーション モードで system health module cf-crc-check frequency コマンドを使用します。

CompactFlash CRC チェックサム テスト間隔を設定するには、次の手順を実行します。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

switch(config)# system health module number cf-crc-check frequency number

switch(config)#

CompactFlash CRC チェックサム テスト間隔を日単位で設定します。デフォルトの間隔は 7 日です。

CompactFlash チェックサム テスト失敗時の障害処理のイネーブル化およびディセーブル化

system health module cf-crc-check failure-action コマンドを使用して、CRC チェックサム テストの実行時に CompactFlash 障害が特定された場合に Cisco SAN-OS ソフトウェアが処理を実行しないようにし、障害が発生した CompactFlash をそれ以降のテストから隔離しないようにすることができます。デフォルトでは、この機能は Cisco MDS 9000 ファミリのすべてのスイッチでイネーブルになっています。障害処理はモジュール レベルで制御されます。

モジュールの CompactFlash CRC チェックサム テストの障害処理をイネーブルにするには、コンフィギュレーション モードで system health module cf-crc-check failure-action コマンドを使用します。

CompactFlash CRC チェックサム テストの障害処理をイネーブルにするには、次の手順を実行します。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

switch(config)# system health module number cf-crc-check failure-action

switch(config)#

指定されたモジュールの CompactFlash CRC チェックサム テストの障害処理をイネーブルにします。

CompactFlash CRC チェックサム テストの障害処理をディセーブルにするには、コンフィギュレーション モードで no system health module cf-crc-check failure-action コマンドを使用します。

CompactFlash CRC チェックサム テストの頻度および状態の表示

特定のモジュールの CompactFlash CRC チェックサム テストの頻度と状態を表示するには、EXEC モードで show system health module コマンドを使用します。

switch# show system health module 5
 
Current health information for module 5.
 
Test Frequency Status Action
-----------------------------------------------------------------
Bootflash 10 Sec Running Enabled
EOBC 5 Sec Running Enabled
Loopback 5 Sec Running Enabled
CF checksum 1 Day Running Enabled
CF re-flash 30 Days Running Enabled
-----------------------------------------------------------------

CompactFlash ファームウェアの更新

Cisco SAN-OS Release 3.1(3) では、選択したモジュールの CompactFlash ファームウェアを更新できます。デフォルトでは、ファームウェア アップデート機能は、30 日ごとにファームウェアを自動的に更新するようにイネーブルになります(ファームウェア アップデートの間隔は、コンフィギュレーション モードで system health module cf-re-flash frequency コマンドを使用して手動で設定できます)。EXEC モードで system health cf-re-flash module コマンドを使用して、ファームウェアをオンデマンドで更新することもできます。

ファームウェア アップデートは、次のモジュールでイネーブルにできます。

DS-X9016

DS-X9032

DS-X9302-14K9

DS-X9308-SMIP

DS-X9304-SMIP

DS-X9530-SF1-K9

ここでは、次の作業について説明します。

「CompactFlash ファームウェアのオンデマンド更新」

「CompactFlash ファームウェア アップデートのイネーブル化およびディセーブル化」

「CompactFlash ファームウェア アップデート間隔の設定」

「CompactFlash ファームウェア アップデート失敗時の障害処理のイネーブル化およびディセーブル化」

「CompactFlash アップデートの頻度および状態の表示」

CompactFlash ファームウェアのオンデマンド更新

CompactFlash ファームウェアをオンデマンドで更新するには、EXEC モードで system health cf-re-flash module コマンドを使用します。

switch# system health cf-re-flash module number
 

number は、識別されたモジュールが存在するスロットを示します。次に例を示します。

switch(config)# system health cf-re-flash module 4
 

CompactFlash ファームウェア アップデートのイネーブル化およびディセーブル化

デフォルトでは、CompactFlash ファームウェアは 30 日ごとに自動的に更新されます。自動アップデートをディセーブルにし、後でテストをイネーブルにできます。EXEC モードで system health cf-re-flash module コマンドを使用して、CompactFlash ファームウェアをいつでもオンデマンドで更新できます。

自動ファームウェア アップデートをイネーブルにするには、コンフィギュレーション モードで system health module cf-re-flash コマンドを使用します。

switch(config)# system health module number cf-re-flash
 

number は、識別されたモジュールが存在するスロットを示します。次に例を示します。

switch(config)# system health module 4 cf-re-flash
 

自動ファームウェア アップデートをディセーブルにするには、コンフィギュレーション モードで no system health module cf-re-flash コマンドを使用します。

switch(config)# no system health module number cf-re-flash
 

CompactFlash ファームウェア アップデート間隔の設定

ファームウェア アップデート間隔を設定するには、コンフィギュレーション モードで system health module cf-re-flash frequency コマンドを使用します。デフォルトの間隔は 30 日ごとです。

ファームウェア アップデート間隔を設定するには、次の手順を実行します。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

switch(config)# system health module number cf-re-flash frequency number

switch(config)#

ファームウェア アップデート間隔を日単位で設定します。デフォルトの間隔は 30 日です。

CompactFlash ファームウェア アップデート失敗時の障害処理のイネーブル化およびディセーブル化

system health module cf-re-flash failure-action コマンドを使用して、CompactFlash ファームウェア アップデート時に CompactFlash 障害が特定された場合に Cisco SAN-OS ソフトウェアが処理を実行しないようにすることができます。デフォルトでは、障害が特定されるとこの処理が実行され、障害が発生した CompactFlash はそれ以降のテストから隔離されます。障害処理はモジュール レベルで制御されます。

モジュールの CompactFlash ファームウェア アップデートの障害処理をイネーブルにするには、コンフィギュレーション モードで system health module cf-re-flash failure-action コマンドを使用します。

CompactFlash CRC チェックサム テストの障害処理をイネーブルにするには、次の手順を実行します。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

switch(config)# system health module number cf-re-flash failure-action

switch(config)#

指定されたモジュールの CompactFlash CRC ファームウェア アップデートの障害処理をイネーブルにします。

CompactFlash CRC ファームウェア アップデートの障害処理をディセーブルにするには、コンフィギュレーション モードで no system health module cf-re-flash failure-action コマンドを使用します。

CompactFlash アップデートの頻度および状態の表示

特定のモジュールのフラッシュ アップデートの頻度と状態を表示するには、EXEC モードで show system health module コマンドを使用します。

switch# show system health module 5
 
Current health information for module 5.
 
Test Frequency Status Action
-----------------------------------------------------------------
Bootflash 10 Sec Running Enabled
EOBC 5 Sec Running Enabled
Loopback 5 Sec Running Enabled
CF checksum 1 Day Running Enabled
CF re-flash 30 Days Running Enabled
-----------------------------------------------------------------

CompactFlash CRC テストおよびファームウェア アップデートの統計情報の表示

CompactFlash CRC チェックサム テストおよびフラッシュ アップデートの統計情報を表示するには、EXEC モードで show system health statistics コマンドを使用します。

switch# show system health statistics
 
Test statistics for module 2
------------------------------------------------------------------------------
Test Name State Freqency Run Pass Fail CFail Errs
------------------------------------------------------------------------------
Bootflash Running 10s 28316 28316 0 0 0
EOBC Running 5s 56632 56632 0 0 0
Loopback Running 5s 56618 56618 0 0 0
CF checksum Running 2d 2 2 0 0 0
CF re-flash Running 30d 1 1 0 0 0
------------------------------------------------------------------------------
 
Test statistics for module 5
------------------------------------------------------------------------------
Test Name State Freqency Run Pass Fail CFail Errs
------------------------------------------------------------------------------
Bootflash Running 10s 28314 28314 0 0 0
EOBC Running 5s 56629 56629 0 0 0
Loopback Running 5s 56614 56614 0 0 0
CF checksum Running 1d 4 4 0 0 0
CF re-flash Running 30d 1 1 0 0 0
------------------------------------------------------------------------------
 
Test statistics for module 7
------------------------------------------------------------------------------
Test Name State Freqency Run Pass Fail CFail Errs
------------------------------------------------------------------------------
InBand Running 5s 56643 56643 0 0 0
Bootflash Running 10s 28323 28323 0 0 0
EOBC Running 5s 56643 56643 0 0 0
Management Port Running 5s 56643 56643 0 0 0
------------------------------------------------------------------------------
 
Test statistics for module 8
------------------------------------------------------------------------------
Test Name State Freqency Run Pass Fail CFail Errs
------------------------------------------------------------------------------
InBand Running 5s 56624 56624 0 0 0
Bootflash Running 10s 28317 28317 0 0 0
EOBC Running 5s 56624 56624 0 0 0
------------------------------------------------------------------------------
 
Test statistics for module 13
------------------------------------------------------------------------------
Test Name State Freqency Run Pass Fail CFail Errs
------------------------------------------------------------------------------
Bootflash Running 10s 28304 28304 0 0 0
EOBC Running 5s 56608 56608 0 0 0
Loopback Running 5s 56608 56608 0 0 0
-------------------------------------------------------------------------------
 

スイッチのシリアル番号の表示

Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチのシリアル番号は、スイッチ背面(電源の横)のシリアル番号ラベルを調べるか、オペレーティング システムの show sprom backplane 1 コマンドを実行して取得できます。

switch# show sprom backplane 1
DISPLAY backplane sprom contents:
Common block:
Block Signature : 0xabab
Block Version : 2
Block Length : 156
Block Checksum : 0x106f
EEPROM Size : 512
Block Count : 3
FRU Major Type : 0x6001
FRU Minor Type : 0x0
OEM String : Cisco Systems, Inc.
Product Number : DS-C9506
Serial Number : FOX0712S007
Part Number : 73-8697-01
Part Revision : 01
Mfg Deviation : 0
H/W Version : 0.1
Mfg Bits : 0
Engineer Use : 0
snmpOID : 9.12.3.1.4.26.0.0
Power Consump : 0
RMA Code : 0-0-0-0
Chassis specific block:
...

) 新しいライセンスをインストールする場合は、show license host-id コマンドを使用して、スイッチのシリアルを取得します。詳細については、「ライセンスの入手とインストール」を参照してください。


電力消費量情報の表示

スイッチ全体の実際の電力消費量情報を表示するには、 show environment power コマンドを使用します。このコマンドに対して、各モジュールの電源の容量と消費情報が表示されます。例 11-3を参照してください。


) Cisco MDS 9500 シリーズ スイッチでは、スーパーバイザ モジュールが 1 つだけでも両方あっても、電力消費量は両方のスーパーバイザ用に予約されています。


例 11-3 電源管理情報の表示

switch# show environment power
 
-----------------------------------------------------
PS Model Power Power Status
(Watts) (Amp @42V)
-----------------------------------------------------
1 DS-CAC-2500W 1153.32 27.46 ok
2 WS-CAC-2500W 1153.32 27.46 ok
 
 
Mod Model Power Power Power Power Status
Requested Requested Allocated Allocated
(Watts) (Amp @42V) (Watts) (Amp @42V)
--- ------------------- ------- ---------- --------- ---------- ----------
1 DS-X9032 199.92 4.76 199.92 4.76 powered-up
4 DS-X9032 199.92 4.76 199.92 4.76 powered-up
5 DS-X9530-SF1-K9 126.00 3.00 126.00 3.00 powered-up
6 DS-X9530-SF1-K9 126.00 3.00 126.00 3.00 powered-up
9 DS-X9016 220.08 5.24 220.08 5.24 powered-up
 
 
Power Usage Summary:
--------------------
Power Supply redundancy mode: redundant
 
Total Power Capacity 1153.32 W
 
Power reserved for Supervisor(s)[-] 252.00 W
Power reserved for Fan Module(s) [-] 0.00 W
Power currently used by Modules[-] 619.92 W
 
-------
Total Power Available 281.40 W
-------

電源コンフィギュレーション モード

MDS 9000 ファミリのスイッチには、2 つの冗長電源のスロットがあります。電源を redundant モードまたは combined モードのどちらかに設定できます。

redundant モード:1 つの電源の容量だけを使用します。これは、デフォルトのモードです。電源に障害が発生した場合に、システム内でスイッチ全体が十分な電力を使用できます。

combined モード:両方の電源の複合容量を使用します。電源に障害が発生した場合、消費される電力によっては、スイッチ全体がシャットダウンされ、トラフィックが中断する可能性があります。スイッチの 2 つの電源の容量が少なく、電力消費量が多い場合以外、このモードはほとんど使用されません。


) Cisco MDS 9000 ファミリのシャーシは、110 V の電圧で 1200 W を消費し、220 V の電圧で 2500 W を消費します。


電源モードを設定する手順は、次のとおりです。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

switch(config)# power redundancy-mode combined

switch(config)#

combined 電源モードを設定します。

switch(config)# power redundancy-mode redundant

switch(config)#

冗長(デフォルト)電源モードに戻ります。


) 現在の電源設定を表示するには、 show environment power コマンドを使用します。を参照してください。


電源設定時の注意事項

電源の設定時には、次の注意事項に従ってください。

1. 異なる容量の電源がスイッチに設置された場合は、供給できる総電力は設定されたモード(redundant または combined)によって異なります。

a. redundant モード:総電力は 2 つの電源の容量のうち少ない方となります。
たとえば、次のような消費量が設定されているとします。

電源 1 = 2500 W
追加の電源 2 = 使用されない
現在の消費量 = 2000 W
現在の容量 = 2500 W

このとき、次の 3 つの異なるシナリオが生じます( 表 11-1 を参照)。

シナリオ 1: 1800 W が電源 2 に追加された場合、電源 2 がシャットダウンされます。
理由: 1800 W が消費量 2000 W よりも少ないため。

シナリオ 2: 2200 W が電源 2 に追加された場合、現在の容量が 2200 W に減少します。
理由: 2 つの電源のうち 2200 W の値が低いため

シナリオ 3: 3000 W が電源 2 に追加された場合、現在の容量の値は 2500 W に留まります。
理由: 2 つの電源のうち 2500 W の値が低いため。

 

表 11-1 redundant モードの電源シナリオ

シナリオ
電源 1(W)1
現在の消費量
(W)
電源 2 の挿入(W)
新しい容量(W)
スイッチによるアクション

1

2500

2000

1800

2500

電源 2 がシャットダウンします。

2

2500

2000

2200

2200

容量が 2200 W になります。

3

2500

2000

3300

2500

容量は変更されません。

1.W = ワット

b. combined モード:総電力は 2 つの電源の容量のうち少ない方の 2 倍となります。

たとえば、次のような消費量が設定されているとします。

電源 1 = 2500 W
追加の電源 2 = 使用されない
現在の消費量 = 2000 W
現在の容量 = 2500 W

このとき、次の 3 つの異なるシナリオが生じます( 表 11-2 を参照)。

シナリオ 1: 1800 W が電源 2 に追加された場合、容量は 3600 W に増加します。
理由: 3600 W が最小値(1800 W)の 2 倍の値となるため。

シナリオ 2: 2200 W が電源 2 に追加された場合、現在の容量は 4400 W に増加します。
理由: 4400 W が最小値(2200 W)の 2 倍の値となるため。

シナリオ 3: 3000 W が電源 2 に追加された場合、現在の容量は 5000 W に増加します。
理由: 5000 W が最小値(2500 W)の 2 倍の値となるため。

 

表 11-2 combined モードの電源シナリオ

シナリオ
電源 1(W)2
現在の消費量
(W)
電源 2 の挿入(W)
新しい容量
(W)
スイッチによるアクション

1

2500

2000

1800

3600

電源がシャットダウンされることがありません。新しい容量に変更されます。

2

2500

2000

2200

4400

3

2500

2000

3300

5000

2.W = ワット

2. 設定を combined モードから redundant モードに変更したとき、現在の消費量よりも容量が少ない電源が検出されると、その電源がシャットダウンされます。両方の電源の容量が現在のシステム消費量よりも少ない場合、設定が許可されません。いくつかの設定シナリオを 表 11-3 に要約します。

シナリオ 1: 次のような消費量が設定されているとします。

電源 1 = 2500 W
追加の電源 2 = 1800 W
現在の消費量 = 2000 W
現在のモード = combined モード(したがって、現在の容量は 3600 W)

スイッチを redundant モードに変更します。その結果、電源 2 がシャットダウンします。

理由: 2 つの電源のうち 1800 W の値が低く、その値がシステム消費量よりも少ないため

シナリオ 2: 次のような消費量が設定されているとします。

電源 1 = 2500 W
追加の電源 2 = 2200 W
現在の消費量 = 2000 W
現在のモード = combined モード(したがって、現在の容量は 4400 W)

スイッチを redundant モードに変更します。その結果、現在の容量が 2200 W に減少します。

理由: 2 つの電源のうち 2200 W の値が低いため

シナリオ 3: 次のような消費量が設定されているとします。

電源 1 = 2500 W
追加の電源 2 = 1800 W
現在の消費量 = 3000 W
現在のモード = combined モード(したがって、現在の容量は 3600 W)

スイッチを redundant モードに変更します。その結果、現在の容量が 2500 W に減少し、設定が拒否されます。

理由: 2500 W がシステムの消費量(3000 W)よりも少ないため

 

表 11-3 combined モードの電源シナリオ

シナリオ
電源 1(W)3
現在のモード
現在の消費量(W)
電源 2(W)
新しいモード
新しい容量(W)
スイッチによるアクション

1

2500

combined

2000

1800

該当なし

3600

既存の設定

2500

該当なし

2000

1800

冗長

2500

電源 2 がシャットダウンします。

2

2500

combined

2000

2200

該当なし

4400

既存の設定

2500

該当なし

2000

2200

冗長

2200

新しい容量に変更されます。

3

2500

combined

3000

1800

該当なし

3600

既存の設定

2500

該当なし

3000

1800

冗長

該当なし

拒否されるため、モードが combined モードに戻ります。

3.W = ワット

クロスバー管理の概要

Cisco MDS SAN OS Release 3.0(1) 以降では、2 つのタイプの Cisco MDS 9500 シリーズ ディレクタ用ハードウェア(第 1 世代第 2 世代)をサポートします。

第 1 世代は次のように Release 3.0(1) よりも前の Cisco SAN OS でサポートされるすべてのハードウェアで構成されます。

Cisco MDS 9506 および 9509 ディレクタ シャーシ

スーパーバイザ 1 モジュール

32 ポート、2 Gbps のファイバ チャネル スイッチング モジュール

16 ポート、2 Gbps のファイバ チャネル スイッチング モジュール

8 ポート IP ストレージ サービス(IPS-8)モジュール

4 ポート IP ストレージ サービス(IPS-4)モジュール

Storage Services Module(SSM)

14/2 ポート マルチプロトコル サービス(MPS-14/2)モジュール

第 2 世代は次のように Cisco SAN OS Release 3.0(1) 以降でサポートされるすべての新規のハードウェアで構成されます。

Cisco MDS 9513 ディレクタ シャーシ

スーパーバイザ 2 モジュール

48 ポート、4 Gbps のファイバ チャネル スイッチング モジュール

24 ポート、4 Gbps のファイバ チャネル スイッチング モジュール

12 ポート、4 Gbps のファイバ チャネル スイッチング モジュール

4 ポート、10 Gbps のファイバ チャネル スイッチング モジュール

Cisco MDS SAN OS 3.0(1) 以降が稼働している Cisco MDS 9500 シリーズ ディレクタは、次のタイプのクロスバーをサポートします。

一体型クロスバー:スーパーバイザ 1 およびスーパーバイザ 2 モジュールに取り付け。Cisco MDS 9506 および 9509 ディレクタには一体型クロスバーだけを使用します。

外部クロスバー:外部クロスバー スイッチング モジュールに取り付け。Cisco MDS 9513 ディレクタでは外部クロスバー モジュールが必要です。

クロスバーを取り外す際の操作上の考慮事項

Cisco MDS SAN OS 3.0(1) 以降が稼働している Cisco MDS 9500 シリーズ ディレクタでは、Cisco MDS 9500 シリーズ ディレクタをベースにした SAN の整合性およびアベイラビリティを損うことなく、第 1 世代および第 2 世代ハードウェアを組み合わせて使用できます。

これらの利点を実現させるには、メンテナンス作業のためクロスバーを取り外す場合に次の操作要件を考慮する必要があります。

「クロスバーのグレースフル シャットダウン」

「Cisco MDS 9513 ディレクタ内の第 1 世代モジュールの下位互換性」

クロスバーのグレースフル シャットダウン

MDS 9500 シリーズ ディレクタからクロスバー(一体型または外部)を取り外す前に、クロスバーの正常なシャットダウンを実行する必要があります。

Cisco MDS 9513 ディレクタで外部クロスバー モジュールのグレースフル シャットダウンを実行するには、EXEC モードの out-of-service xbar コマンドを入力する必要があります。

out-of-service xbar slot

slot は、外部クロスバー モジュールのスロット番号です。


) 外部クロスバー モジュールを再度アクティブにするには、クロスバー モジュールを取り外し、再挿入または交換する必要があります。


Cisco MDS 9506 または 9509 ディレクタのスーパーバイザ モジュールで一体型クロスバーのグレースフル シャットダウンを実行するには、EXEC モードの out-of-service module コマンドを入力する必要があります。

out-of-service module slot

slot は、一体型クロスバーが存在するスーパーバイザ 1 モジュールまたはスーパーバイザ 2 モジュールのシャーシ スロット番号です。


) 一体型クロスバーを再度アクティブにするには、スーパーバイザ 1 モジュールまたはスーパーバイザ 2 モジュールを取り外し、再挿入または交換する必要があります。



注意 クロスバーを非稼働にすると、スーパーバイザのスイッチオーバーが生じることがあります。

Cisco MDS 9513 ディレクタ内の第 1 世代モジュールの下位互換性

Cisco MDS 9513 シャーシ内の第 1 世代モジュールの下位互換性を提供するため、アクティブおよびバックアップ スーパーバイザ 2 モジュールは特定のクロスバー モジュールに関連付けられます。スロット 7 のスーパーバイザ 2 モジュールはクロスバー 1 モジュールに関連付けられ、スロット 8 のスーパーバイザ 2 モジュールはクロスバー モジュール 2 に関連付けられます。クロスバー モジュールを取り外す前に次の操作上の注意事項を考慮する必要があります。

アクティブなスーパーバイザ 2 モジュールに関連付けたクロスバー モジュールがオフラインになった場合、またはすでにオンラインのシステムでオンラインにした場合、ステートフル スーパーバイザ スイッチオーバーが発生します。このスイッチオーバーでトラフィックが中断することはありません。クロスバー モジュールがオフラインになるイベントには次のものがあります。

アウトオブサービス要求

物理的な取り外し

エラー

バックアップ スーパーバイザ 2 モジュールに関連付けたクロスバー スイッチング モジュールがオフラインになった場合、スーパーバイザ 2 モジュールのスイッチオーバーは 起こりません


) 第 2 世代モジュールだけを取り付けた Cisco MDS 9513 のクロスバー スイッチング モジュールを取り外した場合は、スーパーバイザ 2 モジュールのスイッチオーバーは起こりません


モジュール温度について

Cisco MDS 9000 ファミリのすべてのスイッチには、常時スイッチをモニタできる自動センサーが組み込まれています。

各モジュール(スイッチングおよびスーパーバイザ)には 1(排気センサー)、2(吸気センサー)、3(オンボード センサー)、4(オンボード センサー)の 4 つのセンサーがあります。各センサーにはマイナーとメジャーの 2 つのしきい値(摂氏)があります。


) しきい値の -127 は、しきい値が設定または適用されていないことを示します。


マイナーしきい値:マイナーしきい値を超過すると、マイナー アラームが発生し、すべての 4 つのセンサーに対して次のアクションが行われます。

システム メッセージが表示されます。

Call Home アラートが送信されます(設定されている場合)。

SNMP 通知が送信されます(設定されている場合)。

メジャーしきい値:メジャーしきい値を超過すると、メジャー アラームが発生し、次のアクションが行われます。

センサー 1、3、4(排気およびオンボード センサー)の場合

システム メッセージが表示されます。

Call Home アラートが送信されます(設定されている場合)。

SNMP 通知が送信されます(設定されている場合)。

センサー 2(吸気センサー)の場合

スイッチング モジュールでしきい値を超えた場合は、そのモジュールだけがシャットダウンします。

HA-standby または standby が存在するアクティブなスーパーバイザ モジュールでしきい値を超えた場合は、そのスーパーバイザ モジュールだけがシャットダウンし、スタンバイ状態のスーパーバイザ モジュールが引き継ぎます。

スイッチにスタンバイ スーパーバイザ モジュールが搭載されていない場合は、温度を下げるために 2 分間のインターバルがおかれます。この 2 分間にソフトウェアは 5 秒ごとに温度をモニタリングし、設定どおりにシステム メッセージを継続して送信します。


ヒント Cisco MDS 9500 シリーズのスイッチでこのような組み込み型の自動センサーの利点を活かすには、デュアル スーパーバイザ モジュールを搭載することを強く推奨します。デュアル スーパーバイザ モジュールを搭載しないで Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチを使用する場合は、1 つのファンだけが作動していない場合でもすぐにファン モジュールを交換することを推奨します。


モジュール温度の表示

各モジュールの温度センサーを表示するには、 show environment temperature コマンドを使用します(例 11-4例 11-5 を参照)。

例 11-4 第 1 世代ハードウェアの温度情報の表示

switch# show environment temperature
---------------------------------------------------------------
Module Sensor MajorThresh MinorThres CurTemp Status
(Celsius) (Celsius) (Celsius)
---------------------------------------------------------------
2 Outlet 75 60 35 ok
2 Intake 65 50 33 ok
 
5 Outlet 75 60 44 ok
5 Intake 65 50 36 ok
 
6 Outlet 75 60 42 ok
6 Intake 65 50 35 ok
 
7 Outlet 75 60 33 ok
7 Intake 65 50 30 ok
 
9 Outlet 75 60 34 ok
9 Intake 65 50 39 ok
 

例 11-5 第 2 世代ハードウェアの温度情報の表示

switch# show environment temperature
---------------------------------------------------------------
Module Sensor MajorThresh MinorThres CurTemp Status
(Celsius) (Celsius) (Celsius)
---------------------------------------------------------------
1 Outlet1 75 60 33 ok
1 Outlet2 65 50 30 ok
1 Intake1 65 50 30 ok
1 LcFwdUp 65 50 35 ok
1 LcFwdDn 65 50 39 ok
1 FC-MAC 65 50 34 ok
 
6 Outlet1 75 60 33 ok
6 Outlet2 65 50 30 ok
6 Intake1 65 50 30 ok
6 Crosbar 65 50 35 ok
6 Arbiter 65 50 39 ok
6 CPU 65 50 34 ok
 

ファンモジュールの概要

ホットスワップ可能なファン モジュール(ファン トレイ)は、Cisco MDS 9000 ファミリのすべてのスイッチに搭載され、スイッチ全体のエアーフローと冷却を管理します。それぞれのファン モジュールには、冗長性を提供するために複数のファンが装備されています。スイッチは次の状況で機能を継続できます。

ファン モジュール内の 1 つまたは複数のファンに障害が発生した場合:複数のファンの障害であっても、Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチの機能は停止しません。モジュール内でファンに障害が発生すると、モジュール内の機能しているファンが加速し、障害が発生したファンを補います。

交換するためにファン モジュールが取り外された場合:ファン モジュールは、システムの稼働中に取り外しおよび交換を行っても電気的事故やシステムの故障を引き起こさない設計になっています。スイッチの稼働中に障害のあるファン モジュールを交換する場合、5 分以内に新しいファン モジュールに交換するようにしてください。


ヒント ファン モジュール内の 1 つまたは複数のファンに障害が発生すると、ファン ステータス LED が赤の状態になります。ファンが故障した場合、すぐに修正しないと、温度アラームが発生することがあります。

ファン ステータスは、Cisco MDS SAN-OS ソフトウェアによって継続的にモニタされます。ファン障害が発生した場合は、次の処理が行われます。

システム メッセージが表示されます。

Call Home アラートが送信されます(設定されている場合)。

SNMP 通知が送信されます(設定されている場合)。

ファン モジュールのステータスを表示するには、 show environment fan コマンドを使用します(例 11-6 を参照)。

例 11-6 シャーシのファン情報の表示

switch# show environment fan
------------------------------------------------------
Fan Model Hw Status
------------------------------------------------------
Chassis DS-9SLOT-FAN 1.2 ok
PS-1 -- -- ok
PS-2 -- -- absent
 

Cisco MDS 9500 シリーズ スイッチのファン モジュールの有効なステータス フィールド値は次のとおりです。

ファン モジュールが正しく動作している場合、ステータスは ok です。

ファンが物理的に存在しない場合、ステータスは absent です。

ファンが物理的に存在するが、正しく動作していない場合、ステータスは failure です。

Cisco MDS 9513 ディレクタでは、前面ファン モジュールに 15 のファンがあります。 show environment fan コマンドの出力で前面ファン モジュール(DS-13SLT-FAN-F)の状態フィールドに「failure」が含まれている場合、障害が発生したファンの番号も表示されます(例 11-7 を参照)。

例 11-7 Cisco MDS 9513 前面ファン モジュールの障害の表示

switch# show environment fan
------------------------------------------------------
Fan Model Hw Status
------------------------------------------------------
Chassis DS-13SLT-FAN-F 0.3 failure 3 5 6 13
Chassis DS-13SLT-FAN-R 0.3 ok
PS-1 -- -- ok
PS-2 -- -- ok
 

図 11-1 に、Cisco MDS 9513 ディレクタの前面ファン モジュールのファン番号を示します。

図 11-1 Cisco MDS 9513 前面ファン モジュール番号

 

Cisco MDS 9513 ディレクタの背面ファン モジュール(DS-13SLT-FAN-R)のファンは 2 つだけです。背面ファン モジュールのファンに障害が発生した場合、 show environment fan コマンドの出力の状態フィールドに、障害が発生したファンの番号ではなく、「failure」だけが表示されます(例 11-8 を参照)。

例 11-8 Cisco MDS 9513 背面ファン モジュールの障害の表示

switch# show environment fan
------------------------------------------------------
Fan Model Hw Status
------------------------------------------------------
Chassis DS-13SLT-FAN-F 0.3 ok
Chassis DS-13SLT-FAN-R 0.3 failure
PS-1 -- -- ok
PS-2 -- -- ok
 

クロック モジュールについて

Cisco MDS 9000 ファミリのすべてのスイッチには、2 個のクロック モジュール(モジュール A(プライマリ)およびモジュール B(冗長))があります。クロック モジュールは、3,660,316 時間の平均故障間隔(MTBF)のミッション クリティカルな可用性を実現するために設計、テスト、認定されています。これは 365 年ごとに 1 回の潜在的な障害に換算されます。さらに、Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチは、アクティブ クロック モジュールに障害が発生した場合に自動的に冗長クロック モジュールに切り替えるように設計されています。


ヒント 障害が発生したクロック モジュールをメンテナンス時間帯に交換することを推奨します。

両方のクロック モジュールの状態を表示するには、 show environment clock コマンドを使用します(例 11-9 を参照)。

例 11-9 シャーシのクロック情報の表示

switch# show environment clock
----------------------------------------------------------
Clock Model Hw Status
----------------------------------------------------------
A DS-C9500-CL 0.0 ok/active
B DS-C9500-CL 0.0 ok/standby
 

環境情報の表示

すべての環境に関連するスイッチ情報を表示するには、 show environment コマンドを使用します。

例 11-10 すべての環境情報の表示

switch# show environment
Clock:
----------------------------------------------------------
Clock Model Hw Status
----------------------------------------------------------
A Clock Module 1.0 ok/active
B Clock Module 1.0 ok/standby
 
Fan:
------------------------------------------------------
FAN Model Hw Status
------------------------------------------------------
Chassis DS-2SLOT-FAN 0.0 ok
PS-1 -- -- ok
PS-2 -- -- absent
Temperature:
---------------------------------------------------------------
Module Sensor MajorThresh MinorThres CurTemp Status
(Celsius) (Celsius) (Celsius)
---------------------------------------------------------------
1 1 75 60 32 ok
1 2 65 50 32 ok
1 3 -127 -127 43 ok
1 4 -127 -127 39 ok
Power Supply:
-----------------------------------------------------
PS Model Power Power Status
(Watts) (Amp @42V)
-----------------------------------------------------
1 PWR-950-AC 919.38 21.89 ok
2 -- -- absent
Mod Model Power Power Power Power Status
Requested Requested Allocated Allocated
(Watts) (Amp @42V) (Watts) (Amp @42V)
--- ------------------- ------- ---------- --------- ---------- ----------
1 DS-X9216-K9-SUP 220.08 5.24 220.08 5.24 powered-up
Power Usage Summary:
--------------------
Power Supply redundancy mode: redundant
Total Power Capacity 919.38 W
Power reserved for Supervisor(s)[-] 220.08 W
Power reserved for Fan Module(s)[-] 0.00 W
Power currently used by Modules[-] 0.00 W
-------
Total Power Available 699.30 W
-------
 

デフォルト設定

表 11-4 に、デフォルトのハードウェア設定値を示します。

 

表 11-4 デフォルト ハードウェア パラメータ

パラメータ
デフォルト

電源モード

redundant モード