シスコの IoT 調査では、コネクテッド オペレーションを使用している企業の 67 % で効率性の改善が確認されています。*

ワイヤレスの可能性について学ぶ

Forrester TEI レポートを読む

ステップ 1:事業運営用の Wi-Fi

自己診断

Wi-Fi ネットワークにより、ワークフォース モビリティの強化に加えて、事業運営を向上できますか。

考慮すべきこと

最新のワイヤレス インフラストラクチャを活用することで、接続だけではない、斬新な新機能を事業運営に提供できます。

推奨ソリューション

メリット:シスコの Wave 2 およびアシュアランス ソリューションを使用すると、信頼性の高い Wi-Fi ネットワークを展開して、新しいビジネス サービスを実現できます。

ご存知でしたか。

基幹業務のリーダーの 31 % は、モビリティが事業運営とワークフローに最も大きな影響を及ぼしていると考えています。

出典:シスコ モビリティ調査、2015 年

ステップ 2:ロケーション技術

自己診断

インベントリ トラッキング、ワークフローの最適化、および安全性とコンプライアンスに関して、ネットワークを使用して ROI を計算したことがありますか。

考慮すべきこと

ロケーションベースのサービスは、従業員と施設の生産性を最適化するための重要なツールです。

推奨ソリューション

メリット:Cisco Connected Mobile Experiences を使用すると、屋内のロケーションを使用して顧客や従業員に対応し、ビジネス分析を提供できます。

ご存知でしたか。

90 % の組織は、ロケーションベースのサービスに Wi-Fi または Bluetooth を使用しているか、使用する予定です。

出典:シスコ モビリティ調査、2015 年

ステップ 3:エンドツーエンド ネットワークの可視性

自己診断

ロケーションベースのサービスを使用して、Wi-Fi や BLE のアセット タグとセンサーを追跡、監視、および管理することで業務の効率性を向上できますか。

考慮すべきこと

ネットワークは、サードパーティのタグとセンサーを追跡し、ビジネス ルールを適用して、操作がルールから逸脱したときにアラートを送信することでビジネス価値を提供できます。

推奨ソリューション

メリット:Cisco Operational Insights は、既存のシスコのワイヤレス インフラストラクチャとサードパーティのソリューションを活用できます。シスコ コネクテッド オペレーション サービスを使用して、ワイヤレス インフラストラクチャの機能を拡張できます。

ご存知でしたか。

スマートなコネクテッド オペレーションを使用している企業の 66 % が製品およびサービス品質の向上を確認しています。

出典:シスコ IoT 調査、2017 年

ステップ 4:実装の最適化

自己診断

Operational Insights の展開ロードマップを迅速かつ自信を持って作成して、実行することができますか。

考慮すべきこと

シスコ サービスは、ワイヤレス インフラストラクチャの機能を拡張することにより、ワイヤレス インフラストラクチャが進化してスマートに成長し、応答性が向上して、Operational Insights をサポートできるようにします。

推奨ソリューション

メリット:比類のないワイヤレス ネットワーキングの専門知識、革新的な自動化ツール、およびコンテクスチュアル データにより、お客様はコネクテッド オペレーションのメリットを得ることができます。シスコのエキスパートは、ワイヤレス インフラストラクチャと運用の設計、実装、および実行を、インテリジェントに、効率的かつ効果的に支援します。

ご存知でしたか。

コネクテッド スマート オペレーションを使用している企業の 67 % が業務の効率化を実現しています。

出典:シスコ IoT 調査、2017 年