平均 191 日で
侵害を発見します。*

ステップ 1:可視性の確保

自己診断

ネットワーク上の脅威と攻撃に対する明確な可視性と知見は備わっていますか。

考慮すべきこと

詳細な調査だけではなく、既存のネットワーク インフラストラクチャからのテレメトリも使用して、ネットワーク内の新たな脅威の裏をかくことができます。

推奨ソリューション

メリット:脅威や攻撃に対し、ネットワーク全体をセンサーに変えます。誤検出や運用時間を削減しながら、ほぼリアルタイムで攻撃を特定できます。

ご存知でしたか。

データ漏洩によるコストは平均 362 万ドルです。

出典:2017 Cost of Data Breach Study、Ponemon Institute

詳細はこちら

Stealthwatch の詳細

ステップ 2:暗号化された脅威の検出

自己診断

キャンパスやブランチで増え続ける、暗号化された攻撃に対する可視性は備わっていますか。

考慮すべきこと

暗号化されたトラフィック内の脅威を複合化せずに特定できれば、プライバシーを損なうことなくビジネスを保護できます。

推奨ソリューション

メリット:暗号化されたトラフィック内の潜在的な脅威に関する可視性と知見を得ることができます。

ご存知でしたか。

トラフィックの 40 % が暗号化され、その数は増加しています。2019 年には、攻撃の 70% で暗号化が使用される見込みです。

出典:Gartner、Security Leaders Must Address Threats from Rising SSL Traffic、Jeremy D’Hoinne、Adam Hils、2013 年

ステップ 3:脅威の阻止

自己診断

ネットワーク上で脅威を特定した場合、すばやく阻止することは困難でしょうか。

考慮すべきこと

セキュリティ サービスとセキュリティ アーキテクチャを融合することで、潜在的な IoT 攻撃に対する保護が可能になります。お使いの IoT デバイスを保護し、ビジネスを継続します。

推奨ソリューション

メリット:Cisco ISE と Stealthwatch Enterprise は、膨大な修復時間とコストが発生し得るイベントになる前の、IT によるセキュリティ問題の軽減に役立ちます。

ご存知でしたか。

組織が直面するセキュリティ リスクのほぼ半数は、複数のセキュリティ ベンダーや製品を使用していることに起因します。

出典:2018 年シスコ年次サイバーセキュリティ レポート

詳細はこちら

Forrester researchを読む

ステップ4:境界の安全性を確保

自己診断

ネットワーク エッジでの高度な脅威を、どのように特定できますか。

考慮すべきこと

次世代ファイアウォールを導入すると、すべてのユーザとアプリケーションで、エッジでのコンテキスト ビューを得られます(インターネットおよび WAN)。

推奨ソリューション

メリット:優れた可視性、組み込みのセキュリティ インテリジェンス、自動化された分析、および業界をリードする脅威の検出が実現します。シスコの実装サービスにより、ダウンタイムを削減しながら、ソリューションの価値を向上します。

ご存知でしたか。

攻撃者は、24 時間以内に 10万もの IoT デバイスに影響を及ぼすことができます。

出典:シスコ 2017 年中期サイバーセキュリティ レポート

詳細はこちら

無料トライアルの請求