アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

金融サービスの最適化

金融サービスの最適化

Cisco DNA によるリテール ブランチ用ネットワークの仮想化

リテール バンキングにおける仮想化は実績のある戦略であり、それによって、IT 部門をめぐる環境やブランチ環境の構築方法に根本的な変化が生じつつあります。物理インフラストラクチャがシンプルになり、一元管理や柔軟性が提供され、状況に応じた Cisco DNA™ の活用が実現します。

仮想化することで、動的なリソース管理、高速プロビジョニング、導入の改善による拡張性の向上が実現し、銀行の各店舗が市場の変化に対応できるようになります。銀行には、合理的な期間内でソフトウェアを変更し、新製品を追加できることが求められます。仮想インフラストラクチャにより、新しいハードウェアの購入、出荷、受領、設置の必要性がなくなり、俊敏性が向上します。

ボタンを押すだけでよくなり、2 ~ 4 週間程度の導入時間が
60 分に短縮されます。

(ENFV に関する ZK Research 社による調査)

デジタル変革の成熟を阻む最大の障害は、テクノロジーと組織の対応状況、中でもネットワークの対応状況です。

- IDC 社『Digital Network Readiness Survey,
2016–2054(デジタル ネットワーク対応に関する調査、2016 ~ 2054)』

デジタル ビジネスでは、企業にサービスをより迅速に提供する必要があります。そのため、最終的に企業にはネットワーク運用のプロセスとツールの変革が求められます。

- Gartner 社『Predicts 2017: Enterprise Networks and Network Services(2017 年の予測:企業のネットワークおよびネットワーク サービス)』、2016 年 11 月 18 日
ID:G0031642

組織の 44 % は今後 2 年間でデジタルに対応したいと考えており、デジタル化への移行を進めています。

- IDC 社『Digital Network Readiness Survey(デジタル ネットワーク対応に関する調査)』 - シスコからの委託により実施

インフラストラクチャの仮想化により、ブランチのコストと時間を大幅に節約できます。業務の運営とカスタマー エクスペリエンスを強化することで、ブランチにおける経費削減、ディザスタ リカバリの改善、プロセスの簡略化、革新的なカスタマー サービス プラットフォームの提供が可能となります。これらはすべて、拡張性の向上と同時に実現されます。

インフラストラクチャの仮想化により、ブランチのコストと時間を大幅に節約できます。業務の運営とカスタマー エクスペリエンスを強化することで、ブランチにおける経費削減、ディザスタ リカバリの改善、プロセスの簡略化、革新的なカスタマー サービス プラットフォームの提供が可能となります。これらはすべて、拡張性の向上と同時に実現されます。

Cisco DNA の機能を活用すれば、ゲストとやりとりするためのシンプルなインフラストラクチャから、場面に応じて従業員と顧客がやりとりできる環境へと移行できます。また、シンプルな管理を行った上で、世界有数のエクスペリエンスを実現させることもできます。