2014 年 5 月 27 日(月)〜 30 日(金)

シスコ製品およびソリューションの理解と顧客提案にお役立て頂ける 25 のセッションをご提供します。

Partner Solution Update (PSU) Week 2014 May

タイトル、概要 資料

[UA-1] 新しい働き方を支える企業ネットワーク - シスコ ユニファイド アクセス

シスコ ユニファイド アクセスは、One Policy (ポリシーの一元化)、One Management (管理の一元化)、One Network (ネットワークの一元化) の理念に基づいたネットワーク プラットフォームを提供し、ユーザやデバイスのエクスペリエンスとITの運用効率の向上を可能にします。本セッションでは、デモ等 (dCloud) を交えてユニファイドアクセスをご紹介致します。

PPT (0.0MB)
PDF (0.0MB)

[UA-2] Unified Access プロダクトご紹介

Unified Access を構成する各種プロダクトをご紹介致します。
各種プロダクトが単体として持つ機能と、Unified Access ソリューションの中で、どのような役割を果たすかを併せて解説致します。

PPT (0.0MB)
PDF (0.0MB)

[UA-3] Converged Access 概要と IOS ベースのポイント

ユニファイドアクセスの中で次世代無線LAN を支える Converged Access の概要と、シスコの優位性のひとつである IOS ベースのコントローラだからこそのメリットについて Converged Access と CUWN 構成との比較も交えながらご説明致します。

PPT (0.0MB)
PDF (0.0MB)

[UA-4] Cisco ISE と TrustSec で実現する統合ポリシー管理ソリューションのご紹介

モバイル端末の普及や無線LAN 展開を発端とするセキュリティ対策の一環で、社内外のネットワークアクセスポリシーを見直す必要性が高まっています。
シスコのポリシー管理ソリューションは、シスコ社製のスイッチや無線LANと組み合わせて使用することでより柔軟で高機能な制御を提供することができます。
本セッションでは、ベーシックな認証提案からさまざまな応用機能を活用した最新提案パターンまで、必要となる技術情報をふまえながら、まとめてご紹介致します。

PPT (0.0MB)
PDF (0.0MB)

[UA-5] ユーザエクスペリエンスと運用性の向上を支援する有線・無線LAN統合管理システム - Prime Infrastructure のご紹介

Prime Infrastructure は、有線・無線LAN を統合的に管理・運用するための多くの有用な機能を有します。本セッションでは、ユニファイド・アクセス環境において「ユーザに快適にネットワークを利用して頂くためには?」「ネットワーク管理の運用性を向上するためには?」に焦点をあてて、利用ケースや機能の概要をご説明致します。

PPT (0.0MB)
PDF (0.0MB)

[WLAN-1] 最新 AP と高密度環境対応 AP3700 の機能ご紹介

新しい AP のご紹介と既存 AP との比較、また、802.11ac 対応の AP の中でもシスコの Aironet 3700 の優れているポイントを High Density Experience (HDX) というキーワードと共にご説明致します。

PPT (0.0MB)
PDF (0.0MB)
タイトル、概要 資料

[NMS-1] Cisco Prime NAM 6.0 製品と機能のご紹介

Cisco Prime Network Analysis Module (NAM) は、ネットワークトラフィク分析を担う製品です。今回新たな機能拡張に加え、便利で使いやすくなりました。本セッションでは、ネットワークの見える化を検討されている方向けに Cisco Prime NAM の製品概要と、現場で使える機能、NAM を集中管理する用途としての Cisco Prime Infrastructure についてご紹介致します。

[NMS-2] IOS/IOS-XE 運用管理機能 テクニカルアップデート

Cisco IOS/IOS-XE には、運用コストの削減やアプリケーション可視化、音声やビデオ対応、クラウド基盤への適応など、さまざまな機能が開発・実装されています。本セッションでは、比較的新しくサポートされた機能を中心に、コンフィグレーション例を交えて解説致します。IOS/IOS-XE を用いた高度な運用管理に関心のある方を対象とします。

[RS-1] FlexVPN 再入門

ルータによるサイト間VPN の実現手法という観点からFlexVPNを解説致します。
また、DMVPN からの移行を見据え、IPv4/IPv6、VRF、各種ルーティングプロトコルを組みあわせた構成パターンについてご説明致します。
加えて、ISR 800 シリーズの新製品についても簡潔にご紹介致します。

[SEC-1] WSA 8.0 で実現する Sourcefire FireAMP (Advanced Malware Protection) 高度マルウェア対策のご紹介

Sourcefire の高度マルウェア検出エンジンを WSA に統合することで、シグネチャ型アンチウィルスやサンドボックス型を回避する昨今の最新マルウェアを検出可能にするソリューションをご紹介致します。
また WSA 8.0 の主な機能である、IPv6 Proxy、CWS (Cloud Web Connector) コネクターやパフォーマンス向上についてご紹介致します。

[WLAN-2] ファンの感動体験を変革するシスコスタジアムソリューション

グローバルで数多くのスタジアムに納入実績を持つシスコが、高密度 Wi-Fi やライブストリーミングなどのソリューションによってどのように新しい観戦エクスペリエンスの実現に寄与しているか、海外の最新事例も含めてご紹介致します。

[WLAN-3] Connected Mobile Experience (CMX) 事例紹介

さまざまな施設、場所において、Wi-Fi 環境は当然のように無償提供されるものと認識されるようになりました。さっぽろ雪まつり、ニセコスキー場での実証実験から、そのような Wi-Fi 設備を活用した新たな価値をご紹介致します。

タイトル、概要 資料

[EW-1] EnergyWise Suite を活用した電力消費量の可視化、制御/削減

2014年1月より Cisco EnergyWise Suite として販売開始された、ネットワーク上にあるIT機器の電力消費量を可視化し、制御/削減を実現するソリューションをご紹介致します。ソリューションの全体概要説明、および Cisco EnergyWise Management のデモを実施致します。

[NMS-3] Cisco Prime Collaboration 製品と機能のご紹介

Cisco Prime Collaboration は、コラボレーション環境のインストール、アップグレードを容易にするのみならず、日々の運用を自動化しコミュニケーション品質の見える化を実現します。本セッションでは Prime Collaboration の最新バージョン 10.5 について、製品構成および特徴的な機能をご説明致します。

[COL-1] Cisco Jabber 概要

コラボレーションシステムリリース 10.x にて更に拡充/強化された Jabber ソリューションの概要をご説明致します。Collaboration Edge や Jabber デスクトップ/モバイルなどのクライアント、各コラボレーションアプリサーバ、プラットフォームの概要や優位性についてご紹介致します。

[COL-2] Cisco TelePresence エンドポイントの概要

2014年3月の発表により、ますます拡充された Cisco TelePresence エンドポイントの概要をお伝え致します。製品のポジショニングや優位性などを利用シーンを交えてご紹介致します。また、この発表に合わせて更新されました「とくとくキャンペーン」についてもご紹介致します。

[COL-3] Cisco Jabber デザイン

コラボレーションシステムリリース 10.x の環境へ Jabber クライアントを導入するために必要なコラボレーションインフラ製品 (Cisco Unified Communications Manager や IM & Presence など) の、設計ポイントや留意事項などを解説致します。

[COL-4] Cisco TelePresence インフラのデザイン

シスコのビデオ会議を導入するために必要な各ビデオインフラ製品 (Cisco Unified Communications Manager や Video Communication Server、MCU など) に関する設計のポイントを解説致します。

タイトル、概要 資料

[DCV-1] UCSアップデート - 製品 (サーバ、フラッシュストレージ) とロードマップ

最新のUCS M4サーバ、ソリッドステートシステムUCS Invicta、管理ソフトウエア関連の製品紹介、および今後の販売予定の製品概要をご紹介致します。後半ではUCSIソリューションアップデートを最近の商談例と合わせてご紹介致します。

[DCV-2] UCS Invicta 製品紹介 - オールフラッシュとその効果

昨今、クラウドコンピューティングやビッグデータの普及に伴い、データの高速処理と効率的な管理を実現するオールフラッシュストレージへの関心が高まりつつあります。本セッションではCiscoのオールフラッシュストレージ製品であるUCS Invictaのアーキテクチャとその構成、Invicta OSの概要、他社ストレージとの違い等についてご説明致します。

[DCV-3] Nexus シリーズとファブリックソリューションの整理

Nexus シリーズのラインナップを整理するとともに、FabricPath や VXLAN に加え新たに登場する DFA や ACI のファブリック型ソリューションについて整理し、違いや特徴をご紹介致します。

[DCV-4a] How to Sell Cisco ACI

Cisco ACI の基本と、顧客にどのように紹介し訴求しているか、顧客のどのような課題に ACI が効果的かなどをご紹介致します。

[DCV-4b] How to Sell Cisco ACI + FlexPod

Cisco ACI が FlexPod にどのような機能強化とそれによる価値をもたらし、どう顧客へ訴求していくのかを解説致します。

[DCV-5] ACI (Application Centric Infrastructure) ことはじめ

ACIはインフラを実現する新たなアプローチであり、アプリケーションを中心にインフラ要件を捉えそのポリシーに基づいてのインフラ管理を実現します。
このセッションでは、ACI の機能概要とデモンストレーションを通して、ACI が何を提供できるのか解説致します。

[DCV-6] ACI の価値をさらに広げる Northbound API と UCS Director や OpenStack との連携

ACI はデータセンターにおけるネットワークの構成・管理を革新するソリューションですが、その価値はオープンな API 連携によってさらに広がります。本セッションでは、主に Northbound 側の API を活用したエコシステム連携にフォーカスし、UCS Director や OpenStack といったインフラ基盤の管理ソリューションとの統合、連携に関してご紹介致します (補足として UCS Director の最新アップデートもご紹介致します)。