Cisco 2016 GCI Forecast

Cisco 2016 GCI 予測

世界のデータセンターのトラフィックは、2015 年の年間 4.7 ゼタバイト(ZB)から、2020 年には年間 15.3ZB になると予測されています。インターネット トラフィックのほとんどはデータセンター トラフィックが占めており、クラウド型のアプリケーション、サービス、インフラストラクチャの普及による変革が、データセンターにも大きな影響を及ぼしています。

サービス プロバイダーが注目すべき傾向とは何か?また量と成長に関して最も急速に増加している地域であるアジア太平洋地域や日本(APAC)へのインパクトとは?2016 年版の Cisco Global Cloud Index(2016 GCI)が提示する予測や考察をぜひご参照ください。

White Paper: Cisco GCI Forecast and Methodology, 2015 – 2020

ホワイト ペーパー:Cisco Global Cloud Index:予測と方法論、2015 ~ 2020 年

2020 年までには、データセンター トラフィックの 90% をクラウド トラフィックが占めると予測されています。したがって、グローバル クラウドの進化の重要性と関連性が重要視されるのは当然のことです。その詳細を記載しているシスコの GCI を読むことで、将来の需要やビジネス機会に備えることができます。

登録してレポートを読む
White Paper: Cloud Going Mainstream

ホワイト ペーパー:クラウドを主流に

クラウドの採用を主流とした企業は、その価値を最大限に活かすことができるのでしょうか? シスコと IDC は、31 か国の 6,000 社を超える企業を調査し、様々な種類のクラウドの導入が企業にどのようなビジネス成果をもたらしたかをホワイト ペーパーにまとめました。

登録してレポートを読む
Cisco GCI APAC Webinar

Cisco GCI APAC オンライン セミナー

シスコで SP ソート リーダーシップのディレクターを務める Thomas Barnett Jr. が、2016 GCI に記述されている APAC におけるトラフィックの状況を解説します。そのなかには、IoT の普及がどのようにストレージや世界規模あるいは地域ごとの分析といった新しいビッグデータの需要を生み出すかなどの話題も含まれています。

登録してセミナーを視聴

今すぐレポートをダウンロード