アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成
第 8 号 - Cisco insight

第 8 号 - 特集記事 - 2

本格導入期を迎えた次世代ネットワーク SD-WAN とは?

「ネットワークの新潮流、SD-WAN セミナー」レポート

クラウドやモバイル、IoT の浸透などにより、企業のネットワークに求められる役割は変化している中、新時代の拠点間ネットワークの新しい基盤技術として注目されているのが SD-WAN(Software Defined WAN)です。
シスコ プレミア認定パートナーの日商エレクトロニクス様では、「ネットワークの新潮流、SD-WAN セミナー」と題したセミナーを開催しました。Cisco SD-WAN の特徴や導入事例、次世代の企業ネットワークのビジョンについて語られた本セミナーの概要をご紹介します。

企業 WAN の課題と SD-WAN 導入のメリット

最初に登壇した日商エレクトロニクス株式会社 ビジネス・プラットフォーム部門 プロダクトマーケティング部 部長 新田学氏は、現在 SD-WAN が多くの企業から求められている背景や SD-WAN 導入のメリットについて説明しました。

まず新田氏は、多くの企業ネットワークが抱えている課題として、「従来の WAN は拠点が増えるほどネットワーク構成が複雑化し、運用管理性やコスト、一貫したセキュリティの確保が課題となっていました。また、ワイヤレス、モバイル、IoT、ホーム オフィス、ブランチ オフィスなど企業 WAN に接続するデバイスの種類の増加、ネットワーク上を流れるデータ量増大など、今日の企業のネットワーク担当者を悩ませる課題は増えています。さらに近年、部署や部門ごとに生産性向上に取り組むため IaaS や SaaS サービスを導入するようになるに従い、データセンターを経由したインターネットへの接続は逼迫しつつあります。」と述べました。

そして、「企業ネットワークに求められる環境の変化を踏まえ、パフォーマンスや運用効率を高め、ネットワークの将来像を考えるうえで重要性が高まっているのが SD-WAN です。SD-WAN とは、SDN(Software Defined Network)の技術を WAN 環境に取り入れることで、優れた拡張性と高いオペレーションの柔軟性を兼ね備えた企業ネットワークを実現するソリューションです。SD-WAN は、エンタープライズ ネットワーク運用者の方にとって待ちに待ったソリューションではないでしょうか?」と紹介しました。

Cisco SD-WAN が提供する価値

新田氏は、Cisco SD-WAN が提供する主な価値について、『柔軟性』『俊敏性』『拡張性』といい、次のように説明しました。

「ウェブ ベースのコントローラーで直感的にネットワークを制御でき、『柔軟性』の高いネットワークを実現できます。たとえば、専用回線と安価なインターネット回線を、ビジネス要件によって求められる回線品質やアプリケーションによって使い分けることが簡単にできるので、クラウド アプリがよりストレスなく使えるようになります。また、『俊敏性』を象徴するのが、『ゼロタッチ プロビジョニング』です。電源と LAN ケーブルを挿すだけでセットアップが完了するため、新拠点のネットワーク開設や障害対応が迅速に行えます。最後に、Cisco SD-WAN ではグローバルで大規模な実績ができてきたように、『拡張性』にも優れた次世代のネットワーク技術といえます。」

働き方改革を推進する基盤としても期待。今後の展望は

新田氏は、「日商エレクトロニクスは、2013 年から Viptela と日本代理店契約をして市場調査を開始し導入を進めてきました。2015 年にアパレル メーカーの GAP が採用したことを契機として、以降毎年 3~5 倍の勢いで引き合いが増えています。グローバル企業の現地法人を含めた導入にもご安心してお勧めできるフェーズに入っています。」と経緯にも触れながら現状の市場動向を説明。
また、「2018 年夏以降、旧 Viptela 社の SD-WAN 機能がシスコ ISR へ拡張されることで、お客様にとってより利用しやすい環境が整い、本格導入期に入ると考えています。」と展望を語りました。

さらに、日本市場では、近年多様なクラウド サービスの導入が一気に進んでいることから、「従来の WAN の延長としてではなく、『ネットワークのボトルネックを解消するソリューションとして』SD-WAN に注目する動きもでてきています。」と現在の状況を説明。「部署や部門ごとに SaaS を活用した業務改革が進む中、SD-WAN を導入すれば、ネットワーク資源を有効に使用することが可能になり、情報システム部門が社内の要望に対してより柔軟に対応する、といったことが容易くなるでしょう。『働き方改革』によるクラウド サービスの導入がすすむ状況も追い風に、今後、SD-WAN の導入は加速していくと考えています。」として講演を終えました。