アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成
サービスプロバイダー  /   ネットワーク インテリジェンス  /  

シスコのネットワーク自動化により電気通信サービスを刷新

ネットワーク移行には事前予防的な制御が必要
ネットワーク移行は大変な作業です。こういった大変な作業は通常、 レガシーソリューション固有のサービスやオペレーションの制約と関係しています。 大手サービスプロバイダーは、新たに大規模な 多層型のソリューションを大胆に展開する際、サービスとオペレーションの 目標のために事前予防的な制御による自動化を必要とします。
 

企業

  • 北米の 大手サービスプロバイダー
  • 従業員数178,500名
  • 本社所在地: ニューヨーク州ニューヨーク市
  • 産業分野:電気通信

課題の概要

  • 既存のテクノロジーでは ビジネスニーズに応じられるよう 拡大することができない
  • マネジメント ソリューションを統合するのではなく ハードウェアの更新に 依存しすぎている

ソリューションの概要

  • 旧式のテクノロジーを排除し、 負荷とコストを削減する 回線エミュレーション
  • レイヤー0~3を管理する 単一ツール、EPN Manager
  • お客様が運用コストの節約しつつ新しいネットワーク費用の支払いを可能にするCisco Capital®
  • ソリューションの設計と開発を支援するシスコ サービス


シスコの新型機器が10ラック分あれば、旧型の機器90ラック分の仕事をこなせます。

メリット


TDM回線は、IPパケットの 10分の1のコストで送信できます。

 


電気代および冷却にかかる費用を 90%削減できます。

Cisco EPN Manager
Cisco EPN-Mを利用し、大手プロバイダーがネットワークを 自動化する方法に関する詳細は、こちらのケーススタディを参照してください。
 
シスコのネットワーク自動化により電気通信サービスを刷新
コメント欄や当社のソーシャルチャンネルでご意見をお聞かせください.