Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

システム マネージャが管理対象デバイスの位置を近似する方法

システム マネージャは、デバイス位置の推測に最善を尽くしていますが、場合によっては、推測が外れることがあります。優先度の高い順に、次の 4 種類の方式を使ってデバイスを探索します。

  • 手動(ユーザ定義による) 
    これは、ダッシュボードで手動で設定される静的な位置情報です。Meraki の管理者は、クライアント リストのクライアントをクリックし、[設定を編集(Edit Details)] を選択し、所在地を手動で入力できます。
    注:ユーザ定義の位置情報は、その他のタイプの位置レポートに優先します。 
  • GPS 位置情報(GPS による)
    これはシステム マネージャで使用できる最も正確な位置データであり、Android デバイスでネイティブに使用できます。iOS デバイスにシステム マネージャ iOS アプリをインストールし、有効化してアクティブにすることで、GPS 位置情報のレポートが可能になります(以下を参照)。
  • Meraki 製品の位置情報(AP による)
    組織で Wi-Fi アクセス ポイントなどの他の Meraki 製品を使用している場合は、それらの位置情報を測位計算の一部として使用できます。
  • BSSID 地理位置情報(Wi-Fi による)
    BSSID(Wi-Fi ネットワークのアドレス)に基づく位置情報
  • IP 地理位置情報(IP による)
    デバイスの最新の IP アドレスに基づく位置情報。これは、弊社のフォールバック メカニズムであり、最も不正確な方式です。geoIP ルックアップの結果は、IP のオーナー(IP のユーザではない)が登録した位置、IP を管理する機関の位置、プロキシ、セルラー IP など、さまざまな要因に応じて異なります。

 

より正確な IP 地理位置情報を得るには、[システムマネージャ(Systems manager)] > [設定(Configure)] > [全般(General)] > [ネットワークロケーション(Network locations)] で、既知の IP アドレス範囲のマッピングをオーバーライドします。 ダッシュボードでレポートされたパブリック IP アドレスとデバイスの物理的な所在地をマッピングするネットワーク位置情報を追加します。それ以降、マップでは指定されたパブリック IP を使用して、指定されたマップ位置にデバイスを登録するようになります。

Administration_-_Meraki_Dashboard.png

 

デバイスの位置を近似する方法を決定するには、デバイスのクライアント詳細ページのマップ上でデバイスの位置を確認します。 

 

iOS の位置データの改善

iOS デバイスで位置情報追跡を有効にする方法の詳細については、こちらを参照してください。

 

追加機能として、Cisco Meraki システム マネージャ iOS アプリをダウンロードすることをお勧めします。これは、[MDM] > [アプリ(Apps)] > [新規追加(Add new)] から「Meraki」を検索することで、他の iOS アプリと同様にシステム マネージャ経由で導入できます。その他の利点として、Meraki システム マネージャ アプリには、クライアントの詳細ページからデバイスに直接通知を送信し、パーソナライズされたアプリ ストアにアクセスし、デジタル ファイル バックパックを使用できる機能があります。

GPS 位置情報をレポートするには、その前にシステム マネージャ アプリを実行している必要があります。iOS では、頻繁に使用されていないアプリは自動的にアンロードされます。デバイスをリブートすると、アプリは起動するまで実行されません。クライアントの詳細ページから「Request GPS location」コマンドを実行することで、ユーザにアプリの起動を要求することができます。ユーザがプロンプト通知を選択すると、アプリが起動し、GPS 位置が取得されます。その他の場合は、3 つのうちいずれかの方法で、近似する位置が計算されます。

GPS 位置の強制

Apple のエンドユーザ プライバシー制限により、ユーザへの通知なく、EMM ベンダーが iOS デバイスに GPS 位置情報の使用を強制することはできません。また、位置情報サービスを恒久的に有効にしておくこともできません。

例外の 1 つとして、[クライアントの詳細(Client Details)] ページの MDM コマンドから、「紛失モード」を使用できます。紛失モードでは、位置情報サービスが強制的にオンになり、デバイス上のその他すべての機能が無効になります。これは、非準拠のユーザがシステム マネージャからの位置情報サービス要求をブロックしている問題を修復するツールとして使用できます。