Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

デバイスで 802.11 ワイヤレス ネットワーキングを有効にするには、[セキュリティ アプライアンス/テレワーカー ゲートウェイ(Security Appliance/Teleworker Gateway)] > [設定(Configure)] > [ワイヤレス設定(Wireless settings)] をクリックし、SSID のステータスを [有効(Enabled)] に切り替えます。 各 SSID の名前、VLAN 割り当て(アプライアンスで VLAN が有効な場合)、およびワイヤレス認証方式を選択する必要があります。MX64/65W ワイヤレス設定に関する次の点に注意してください。

  • すべての SSID はブリッジ モードです。
  • トラフィック シェーピング、DHCP サービス、スプラッシュ ページ、またはコンテンツ フィルタリングなどの追加機能は、SSID が割り当てられている VLAN で設定する必要があります。
  • サポートされている認証方式は、Open、WEP、WPA2-PSK、および WPA2-Enterprise です。WPA2-Enterprise では、Meraki Cloud 認証または RADIUS サーバ認証を使用できます。RADIUS が選択されている場合、[サーバの追加(Add a server)] をクリックして RADIUS サーバ設定を設定します。
  • SSID を公開してアドバタイズするか、またはセキュリティ上の目的から非表示にすることができます。SSID の可視性の詳細については、こちらを参照してください。

802.11a/b/g/n ワイヤレス設定は、MX64W、MX65W、および Z1 でのみサポートされています。MX64W および MX65Wでは 802.11ac もサポートされています。

 

チャネル設定

MX64/65W と Z1 は 2.4GHz および 5GHz バンドで動作でき、また両方のバンドで同時に動作できます。ただし、MX60W は 2.4GHz バンドまたは 5GHz バンドのいずれかで動作できますが、両方で同時に動作することはできません。ワイヤレス チャネルを選択し、[チャネル設定(Channel Settings)] で送信電力を調整します。