Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

設定

Meraki MX アプライアンスと Z1 Teleworker Gateway は、どちらも全機能を備えた DHCP サービスを提供し ます。各 VLAN でそれぞれ個別に DHCP サービスを有効にして設定できます。VLAN が有効にされていない場合は、ネットワーク全体に 対してこれを行うこともできます。設定を行うには、[セキュリティ アプライアンス/テレワーカー ゲートウェイ(Security Appliance/Teleworker Gateway)] > [構成(Configure)] > [DHCP] ページに移動します。設定オ プションは以下のとおりです。

  • [クライアント アドレッシング(Client addressing)]:[DHCP サーバを実行(Run a DHCP server)] を選択すると 、その特定の VLAN 上で DHCP サービスが有効になります。
  • [リース時間(Lease time)]:DHCP リースの有効期限が切れるまでの時間の長さ。
  • [DNS ネームサーバ(DNS nameservers)]:DHCP サーバがクライアントに使用するよう指示する DNS サーバ。
  • [ブート オプション(Boot options)]:ネットワーク ブート(PXE ブート)に使用する DHCP オプションを有効ま たは無効にします。
  • [次のサーバをブート(Boot next-server)]:ネットワーク ブート クライアントがブート ファイルをダウンロード するサーバを指定します。これは、IP アドレスまたはホスト名になります。ホスト名を使用する場合、ネットワーク ブートを正常に 機能させるには、ネットワーク ブート クライアントが DNS を介してそのホスト名を解決できる必要があります。
  • [ブート ファイル名(Boot filename)]:ネットワーク ブート クライアントが使用するブート ファイルのフ ル パスと名前を指定します。
  • [DHCP オプション(DHCP options)]:カスタム DHCP オプションをここで追加できます。これらのオプションは通常 、VoIP フォンまたは他の特殊なネットワーク デバイスで必要になります。
  • [予約済み IP 範囲(Reserved IP ranges)]:予約済みであるためクライアントに割り当てることができない IP 範 囲。予約済み IP 範囲は CSV ファイルにより一括インポートできます。
  • [固定 IP 割り当て(Fixed IP assignments)]:MAC アドレスベースで特定のデバイスに割り当てられる IP アドレ ス。デバイスが DHCP 要求を行うときに、常に同じ IP アドレスをデバイスに付与します。固定 IP のリストは CSV ファイルに より一括インポートできます。

 

また MX では、静的にルーティングされるサブネットに DHCP サービスを提供することもできます。それには、MX と DHCP クライアントの間のレイヤ 3 スイッチまたはルータで、該当するサブネットの DHCP 要求を MX にリレーするように DHCP リ レー機能が設定されている必要があります。MX 自体での DHCP リレーと混同しないでください。これについては、このページの最後で 説明します。

 

スタティック ルートに対する DHCP は、VLAN に対する DHCP の場合と同じ方法で設定できます。ただし、スタティック ルートにはインターフェイスがないため、スイッチ上のリレー先 IP は、MX 上のインターフェイス IP になります。 上述の設定 オプションに加えて、該当するサブネット上のクライアントが使用するゲートウェイ IP も指定する必要があります。これは一般に、 MX と DHCP クライアントとの間のレイヤ 3 スイッチ/ルータに割り当てられているサブネット内の IP です。

DHCP リレー

設定したサブネットまたは VLAN に対する DHCP 要求を、Z1/MX アプライアンス上で DHCP を提供するサーバ以外の DHCP サーバに転送する必要がある場合は、[クライアント アドレッシング(Client addressing)] として [DHCP を別のサーバにリレ ー(Relay DHCP to another server)] オプションを選択し、要求の転送先となる DHCP サーバの IP アドレスを入力します。 DHCP リレー サーバは、次の 3 つの形のいずれかで到達可能である必要があります。

  • MX 上で設定されているローカル VLAN 内に DHCP サーバが位置している
  • Meraki AutoVPN を介して到達可能なサブネット内に DHCP サーバが位置している
  • MX 上でスタティック LAN ルートが設定されている対象のサブネット内に DHCP サーバが位置している

このオプションは、すでに VLAN を有効にした場合にのみ表示されます。


ライブ モニタリング

DHCP リース ライブ ツールには、MX/Z1 で現在アクティブになっているリースが表示されます。新しいデバイス が DHCP アドレスを要求すると、リースが作成されてテーブルに追加されます。ライブ ツールには、DHCP リースの有効期限が切れる までの残り時間も示されます。 

次のクライアントは、DHCP リース ツールに表示されません。

  • 静的にアドレスが割り当てられているクライアント
  • DHCP 割り当てが固定されているクライアント
  • 別の DHCP サーバからアドレスを受け取るクライアント
  • MX から正常にアドレスを受け取らなかったクライアント
  • クライアント VPN を介して接続されているクライアント

dhcp live tool.PNG