Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Meraki の MS スイッチでは、クラウド管理型ダッシュボードから、ポート数が 1 つであっても数千であっても、あらゆることを設定できます。また一部の Meraki スイッチでは物理スタッキングも可能です。そのため、すべてのスイッチを容易に管理でき、物理的な冗長性を必要とする導入では物理的な冗長性を確保できます。

スタック方法の決定

実際のネットワークに合わせたスタック構成 

Meraki スイッチでは、様々なネットワーク導入の展開に対応できるよう、最適な複数のオプションが用意されています。この記事では、実際の導入に合わせるために活用できる MS スタッキング機能について説明します。特に、仮想スタッキング、物理スタッキング、およびフレキシブル スタッキングについて説明します。

仮想スタッキングについて 

MS 製品を使用すれば、1 つのネットワーク上の何百というポートを容易に管理・導入できます。これは仮想スタッキングにより実現しています。仮想スタッキングとは、スイッチの物理的な場所を問わず、ネットワーク内の何百というポートに設定を簡単にプッシュできる機能です。

単純なフィルタを入力することにより、ネットワーク管理者は、わずか数回のクリックで必要なポートの設定を変更できます。

virtual_stacking_!.png

物理スタッキングについて 

MS410 と MS350 では、物理スタッキングにより、簡単な管理機能と物理的な冗長性が提供されます。 各スイッチの背面にある 2 つの物理スタッキング ポートを活用することで、スタック構成では、レイヤ 3 におけるゲートウェイ冗長性およびレイヤ 2 におけるデュアルホーミング冗長性を確保できます。スタッキング ケーブルをすべて取り付けた後、接続を提供するために必要なアップリンクは 1 つだけです。

 

物理スイッチ スタックを設定するための手順の詳細については、本記事内の物理スイッチ スタックの設定セクションを参照してください。

フレキシブル スタッキングについて 

可用性と冗長性が最も有用なのは、ネットワークのディストリビューション レイヤにおいてです。MS420 および MS425 シリーズのスイッチでは、任意の 2 つのポートをスタック ポートとして設定できます。これにより、ゲートウェイの完全冗長性セットアップが可能になり、ネットワークで発生する障害の影響を最小限に抑えることができます。

フレキシブル スタッキングを実現するには、各スイッチの 2 つのポートを選択し、スタッキング オプションを有効にします。

flexible_stacking1.png

フレキシブル スイッチ スタックを設定するための手順の詳細については、本記事内のフレキシブル スイッチ スタックの設定セクションを参照してください。

スタッキングの可用性 

特に明記しない限り、スタッキング可能なのは類似モデルだけです。 たとえば、MS350-48 と MS350-24X はスタック構成できますが、MS250-48 と MS350-48 をスタック構成することはできません。

モデル 仮想スタッキング 物理スタッキング フレキシブル スタッキング
MS120    
MS220

 

 

MS320

 

 

MS210

MS225 と互換

 
MS225

MS210 と互換

 

MS250

 

MS350

 

MS410

 

MS420

 

MS425

 

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

物理スイッチ スタックの設定

デバイス間の高速通信を可能にするため、最大 8 個の Meraki MS スイッチを 1 つの物理スタックに構成できます。

スタック構成可能なのは類似モデルのみです。 たとえば、MS350-48 と MS350-24X はスタック構成できますが、MS250-48 と MS350-48 をスタック構成することはできません。MS210 シリーズと MS225 シリーズも、物理スタッキングで相互互換性があります。

物理スタッキングは、MS210、MS225、MS250、MS350、MS410 の各スイッチで利用可能です。これらのスイッチは専用スタッキング ポートを備えています。このセクションでは、物理スタッキングについて説明します。

フレキシブル スタッキングは、専用スタッキング ポートのない MS420 スイッチと MS425 スイッチで利用可能です。これらのスイッチの任意のポートはスタック ポートとして設定できます。フレキシブル スタッキングについては、本記事内のフレキシブル スイッチ スタックの設定 を参照してください。


物理スイッチ スタックの設定に関するビデオ

物理スイッチ スタックの設定手順 

次の手順では、物理スタッキングのためのスイッチ グループを準備する方法、それらをまとめてスタッキングする方法、およびダッシュボードでスタックを設定する方法について説明します。

  1. スイッチをダッシュボード ネットワークに追加します。追加先のネットワークは、これらのスイッチ向けの新しいダッシュボード ネットワークだけでなく、他のスイッチが追加済みの既存ネットワークも選択できます。 ダッシュボード中のスタックは、まだ設定しないでください。
  2. 各スイッチを個々のアップリンクに接続してその両方をオンラインにし、それらを Meraki ダッシュボードから確認可能であることを確かめます。
  3. [オーガナイゼーション(Organization)] > [監視(Monitor)] > [ファームウェアアップグレード(Firmware Upgrades)] の下にあるファームウェア アップグレード マネージャを使用して、最新のファームウェアをダウンロードします(まだ設定されていない場合)。これにより、各スイッチで同じファームウェアが適用されます。
  4. すべてのスイッチの電源をオフにしリンクが切断された状態で、スタッキング ケーブルによりリング トポロジでスイッチを接続します(以下の画像を参照)。完全なリングを作成するには、スイッチ 1/スタック ポート 1 をスイッチ 2/スタック ポート 2 に接続した後、スイッチ 2/スタック ポート 1 をスイッチ 3/スタック ポート 2 に接続 ... の作業を繰り返します。最後のスイッチは最初のスイッチに接続してリンクを完成させます。

physical_cabling.png

  1. スイッチ スタック全体で、1 つのアップリンクを接続します。 
  2. すべてのスイッチの電源を入れ、ダッシュボードから最新のファームウェアがダウンロードされるまで数分待ちます。本プロセス中にスイッチが何度か再起動する場合があります。
    • このプロセス中、各スイッチの電源 LED が点滅します。
    • スイッチでファームウェアのダウンロードとインストールが終了すると、電源 LED は白色または緑色に常時点灯します。
  3. [スイッチ(Switch)] > [監視(Monitor)] > [スイッチ スタック(Switch stacks)] に移動します。
  4. ダッシュボード内でスイッチ スタックを設定します。ダッシュボードの [検出されたスタック可能なスイッチ(Detected potential stacks)]  の下にすでに正しいスタックが検出されている場合、[このスタックをプロビジョニング(Provision this stack)] をクリックします。スタックが自動的に設定されます。
    自動的に設定されない場合はスタックを手動で設定します。
    • [スイッチ(Switch)] > [監視(Monitor)] > [スイッチ スタック(Switch stacks)] に移動します。
    • [1 つ追加 / スタックを追加(add one / Add a stack)] をクリックします。

switch_stacks_overview.png

  • スタック構成するスイッチのチェックボックスをオンにし、スタックの名前を指定した後、[作成(Create)] をクリックします。

create_stack.jpg

  1. 設定が完了すれば、スタックは実行状態になります。

 

フレキシブル スイッチ スタックの設定

デバイス間の高速通信を可能にするため、最大 8 個の Meraki MS スイッチを 1 つの仮想スタックに構成できます。

スタック構成可能なのは類似モデルのみです。たとえば、MS350-48 と MS350-24X はスタック構成できますが、MS250-48 と MS350-48 をスタック構成することはできません。

フレキシブル スタッキングは MS420 スイッチと MS425 スイッチで利用可能です。専用スタッキング ポートはありません。これらのスイッチの任意の SFP+ インターフェイスはスタック ポートとして設定できます。この記事では、フレキシブル スタッキングについて説明します。

物理スタッキングは、MS225、MS250、MS350、および MS410 の各スイッチで利用可能であり、それらには専用スタッキング ポートがあります。  物理スタッキング については、この記事の物理スイッチ スタックの設定を参照してください。


MS420/MS425 シリーズのスイッチでは、前面ポートのいずれかをイーサネット(デフォルト)またはスタッキングとして使用できる柔軟性があります。このオプションはポート設定で利用可能であり、ドロップダウン メニューの [有効にする(enable)] を選択するだけで簡単に変更できます。

この設定を行いスイッチが新しい設定をダウンロードしたら、ポート全体のケーブル接続を、前述と同様のリング トポロジにすることをお勧めします。スタック ポートとして設定されているポートについては、ノード ステータスのページで、スタッキング用に設定されていることを示す新しい記号が表示されます。

フレキシブル スイッチ スタックの設定に関するビデオ

フレキシブル スイッチ スタックの設定手順 

次の手順では、フレキシブル スタッキングのためのスイッチ グループを準備する方法、それらをまとめてスタッキングする方法、およびダッシュボードでスタックを設定する方法について説明します。

  1. スイッチをダッシュボード ネットワークに追加します。追加先のネットワークは、これらのスイッチ向けの新しいダッシュボード ネットワークだけでなく、他のスイッチが追加済みの既存ネットワークも選択できます。 ダッシュボード中のスタックは、まだ設定しないでください。
  2. アップリンクを各スイッチに接続します。 アップリンク ポートが、意図したスタッキング ポートとは異なっているかどうかを確認します。 
  1. すべてのスイッチの電源を入れ、ダッシュボードから最新のファームウェアがダウンロードされるまで数分待ちます。このプロセス中にスイッチが何度か再起動する場合があります。
    • このプロセス中、各スイッチの電源 LED が点滅します。
    • スイッチでファームウェアのダウンロードとインストールが終了すると、電源 LED は白色または緑色に常時点灯します。
  2. 専用スタッキング ポートとするポートを、スイッチごとに 2 つ選択します(ただし、まだ接続しないでください)。スイッチ スタックはリング トポロジで接続してください(次の画像を参照)。スタッキング ポートが、スイッチ アップリンク ポートと異なっているかどうかを確認します。まだ実際には接続しないでください。実際に接続するのは手順 6 です。

physical_cabling.png

フレキシブル スタッキング ポートとして接続できるのは、10 Gb/秒(SFP+)と 40 Gb/秒(QSFP)のインターフェイスのみです。


  1. ダッシュボードの [スイッチ(Switch)] > [設定(Configure)] > [スイッチ ポート(Switch ports)] の下で、スタッキングの対象となるポートを設定します。

switch_ports.png

  1. 手順 4 で示されている画像のように、意図したスタッキング ポートを使用してスイッチ スタックを接続します。
  2. [スイッチ(Switch)] > [監視(Monitor)] > [スイッチ スタック(Switch stacks)] に移動します。
  3. ダッシュボード内でスイッチ スタックを設定します。ダッシュボードの [検出されたスタック可能なスイッチ(Detected potential stacks)]  の下にすでに正しいスタックが検出されている場合、[このスタックをプロビジョニング(Provision this stack)] をクリックします。スタックが自動的に設定されます。
    自動的に設定されない場合はスタックを手動で設定します。
  • [スイッチ(Switch)] > [監視(Monitor)] > [スイッチ スタック(Switch stacks)] に移動します。
  • [1 つ追加 / スタックを追加(add one / Add a stack)] をクリックします。

switch_stacks_overview_flex.png

  • スタック構成するスイッチのチェックボックスをオンにし、スタックの名前を指定した後、[作成(Create)] をクリックします。

create_stack.jpg

  1. スイッチのアップリンクを、1 つを除いてすべて切断します。除外したものがスイッチ スタックのアップリンクとなります。

スタックの表示と作成

[スイッチ スタック(Switch Stacks)] ページでは、ネットワーク内で設定されているすべてのスタックにすばやくアクセスし、導入される新しいスタックの簡単な設定オプションを利用できます。[スタックを追加(Add a stack)] をクリックするか、または検出されたスタックがある場合、新しい物理スタックを簡単に構成できます。

スタックの正常性のチェック

スタックの表示

スタックのステータスは、スタック リストのいずれかの行をクリックするだけで簡単かつ視覚的に確認できます。選択されたスタックの概要が表示されます。ここでは、接続されているポートや、スタックに含まれているスイッチについての概要を簡単に確認できます。作業対象のスタックを現場で確認できるよう、スタック内のスイッチの LED を点滅させる機能が追加されています。

スタック メンバーの管理

スタック メンバーの追加や削除は、[メンバーの管理(Manage Membres)] タブをクリックし、スタックに追加または削除するスイッチを選択し、[スイッチの追加(Add Switches)] または [スイッチの削除(Remove Switches)] をクリックするだけで行えます。

Add_remove_stack_members.png

スタック メンバーの交換とクローン作成

次のユースケースでは、続く各手順を使用します。

  • スタック メンバーの交換
    • スタック スイッチが故障しており、交換する必要があります。
    • スイッチ 8 個のスタックの中で、1 つのスタック スイッチを置き換える必要があります。
  • スタック メンバーのクローン作成
    • 1 つのスタック スイッチを交換する必要がありますが、交換を実行する前に、新しいスイッチが実行状態になっている必要があります。
    • 新しいスイッチを追加する必要があり、別のスタック メンバーと同じポート設定が必要です。

注:次のすべての手順は、物理スイッチ スタックでもフレキシブル スイッチ スタックでも同じです。


スタック メンバーの交換とクローン作成に関するビデオ

スタック メンバーの交換 

以下の手順では、元のスタック メンバーのクローンを作成し、元のメンバーをスタックから削除します。

  1. 交換するスタック メンバーの電源をオフにします
  2. 新しい/交換するスイッチを インベントリで申請:
  • [オーガナイゼーション(Organization)] > [インベントリ(Inventory)] に移動します
  • [申請(Claim)] ボタンをクリックします
  • 新しいスイッチのシリアル番号を入力します。複数のメンバーを交換する場合は、すべてのシリアル番号を入力します

claim_by_serial.png

  • [申請(Claim)] をクリックします
  1. スタックを含むネットワークにスイッチを追加します
  • ネットワークに追加するスイッチを選択します
  • [追加先...(Add to...)] をクリックします。
  • ネットワークを選択し、[既存に追加(Add to existing)] を選択します

注:スイッチがネットワークに追加された後は、スタックで追加/交換される前に 1 台ずつオンラインにし、スタックの残りの部分と同じファームウェアに更新する必要があります。これをしないと、スイッチのスタッキングは正常に実行されない場合があります。[オーガナイゼーション(Organization)] > [ファームウェアのアップグレード(Firmware Upgrades)] の下で、ネットワークで設定されているファームウェアを確認することができます。スイッチのステータス ライトが白色または緑色の LED が点滅している場合、ファームウェア アップグレードが進行中であることを示しています。


  1. (オプション)新しいスイッチの名前を編集します
  • [スイッチ(Switch)] > [スイッチ(Switches)] に移動します
  • 新しいスイッチを選択します
  • タイトルの隣のedit.pngをクリックし、スイッチの名前を変更します
  1. スタック メンバーのクローンを作成し、交換する
  • [スイッチ(Switch)] > [スイッチ スタック(Switch stacks)] に移動します
  • 既存のスタックを選択します
  • [メンバーのクローンを作成して交換する(Clone and replace member)] タブに移動します
  • 交換するソース スイッチを選択します
  • ソース スイッチの交換相手となる宛先スイッチを選択します

clone_and_replace.png

  • [クローン スイッチ(Clone switch)] をクリックします
  1. スイッチを物理的に交換します

古いスイッチはスタンドアロン スイッチとして再利用するか、またはネットワークから削除することができます

スタック メンバーのクローン作成 

次の手順では、元のスタック メンバーのクローンを作成し、元のメンバーをスタックから削除しません。

  1. 新しい/交換するスイッチを、インベントリで申請します。
  • [オーガナイゼーション(Organization)] > [インベントリ(Inventory)] に移動します
  • [申請(Claim)] ボタンをクリックします
  • 新しいスイッチのシリアル番号を入力します。複数のメンバーを交換する場合は、すべてのシリアル番号を入力します

claim_by_serial2.png

  • [申請(Claim)] をクリックします
  1. スタックを含むネットワークにスイッチを追加します
  • ネットワークに追加するスイッチを選択します
  • [追加先...(Add to...)] をクリックします。
  • ネットワークを選択し、[既存に追加(Add to existing)] を選択します
  1. (オプション)新しいスイッチの名前を編集します

  • [スイッチ(Switch)] > [スイッチ(Switches)] に移動します
  • 新しいスイッチを選択します
  • タイトルの隣の edit.png をクリックし、スイッチの名前を変更します
  1. スタック メンバーのクローンを作成します
  • [スイッチ(Switch)] > [スイッチ(Switches)] に移動します
  • 交換するスイッチを選択します

replacement.png

  • [編集(Edit)] > [クローン(Clone)] をクリックします
  • 元のスタック メンバーを選択します

original_member.png

  • [クローン(Clone)] をクリックします。
  1. 新しいスイッチをスタックに追加します。
  • [スイッチ(Switch)] > [スイッチ スタック(Switch stacks)] に移動します
  • 既存のスタックを選択します
  • [メンバーの管理(Manage members)] タブに移動します。[メンバーの追加(Add members)] セクションで、追加するスイッチを選択します

add_members.png

  • [スイッチの追加(Add Switches)] をクリックします

一般的なアラート

ダッシュボードですべてのスタック メンバーが設定され、オンラインになっており、それぞれのスタッキング ポート経由で接続されていることを確認します。接続と設定が適切なら、20 〜 30 分以内にエラーは消えます。エラーが解決しない場合は、詳細なトラブルシューティングのため Cisco Meraki テクニカル サポートにお問い合わせください。

このスイッチの現在のスタック メンバーはダッシュボードの設定と異なります。(This switch's current stack members differ from the dashboard configuration.)

このエラーは、次のようなシナリオで発生する可能性があります。

  • ダッシュボードでスタック メンバーが設定されているが、スタッキング ポートを介して接続されていないメンバーがある。
  • スタック メンバーで障害が発生したか、または電源がオフになっている。

このスイッチはスタックに接続されていません。(This switch is not connected to a stack.)

このエラーは、次のようなシナリオで発生する可能性があります。

  • スイッチはダッシュボードでスタック メンバーとして設定されているが、スタックに接続されていない。

このスイッチにはスタック構成がありません。(This switch does not have a stack configuration.)

このエラーは、次のようなシナリオで発生する可能性があります。

  • スイッチは、スタックとして物理的に接続されているが、ダッシュボードでスタック メンバーとして構成されていない。