Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

WiFi の基礎とベスト プラクティス

 

  • 無線の基礎:信号対雑音比(SNR)と無線信号強度
  • SNR は実際には比率ではなく、受信信号と背景雑音のレベル(ノイズ フロア)の差(デシベル)です。たとえば、無線(クライアント デバイス)が受信する信号が -75 dBm で、ノイズ フロアの測定値が -90 dBm だとすると、SNR は 15 dB となります。受信信号がノイズ フロアにあまりにも近いとデータ破損が発生し、再送信につながります。802.11 ネットワークでは、再送信によってスループットとレイテンシが悪化します。

  • チャネル計画のベスト プラクティス
  • このドキュメントでは、802.11 ワイヤレス環境におけるチャネル計画のベスト プラクティスを紹介します。

  • 802.11 アソシエーション プロセスの説明
  • アクセス ポイントは、ネットワーク上のモバイル端末とその他のデバイス間のトラフィックをブリッジングする役割を果たします。モバイル端末は、適切な接続状態を確立するまで AP にトラフィックを送信できません。